2015年04月03日

ラーメンの神さま・山岸一雄さん逝く。もう四半世紀も前の話だが、行列が出来る店あの東池袋・大勝軒の思い出



IMG_1561.JPG

かの有名なつけ麺・大勝軒社長の訃報を聞いた。


弊社がまだサンシャイン文化会館の上(8F)にあった頃。東池袋周辺は今とはぜんぜん違う。


いまは再開発がすすみ図書館、NTT、何何ビル・・・と高層建築がならぶ整然とした町並み。


だがその頃、平成が始まったばかりの頃かな。


サンシャイン文化会館から東池袋へ向かう道は、ごっちゃごっちゃ。


すぐ何かおまけしてくれる親切なおばちゃんの駄菓子屋さんがあったりなど昭和の名残がぷんぷん・・・その中にいつも長い長い行列を作る店があった。


店にはいるまで30分、1時間もかかる。


大勝軒だ。


「たかがラーメン屋さんごとき、並んでまで・・・」


といつも素通りしていたが、あるどしゃぶりの日にふと、「きょうならすぐはいれるかも」と思ったのがあさはか。


傘を差しても吹き込む雨にズボンの裾を濡らしながらも長蛇の列。


こうなるとますますマボロシの味にたどり着きたくなった。


ある夕、店が閉まる寸前、あと2,3人だ。シメシメと思い駆け込んだ。


そのとき「、お客さん、もう看板ですよ」と奥から男の声が聞こえてきた。


その時「すみません、遠くから来たんです」といった。


食い意地がはっていたぼくのことだ。


とっさの口から出まかせで「北海道からたべにきました」と絵に描いたようなウソをいったかも知れない。


どんぶりを受け渡す小さな窓口から、いまじゃトレードマーク?山岸一雄さんの、あの福顔が見えた。


「じゃあどうぞ、今度は早く来てくださいね」にこにこというより、ちょっぴりおっかない職人口調。


そういう客が多いんだよとはいわなかったがしょうがねえな、ま、はいれ・・・というおこったような顔だった。


そのころ並が380円?だっが、量が半端じゃない。量と安さ、そしてちょっと甘口のたれ。


ぎっしり入っても20人ぐらい?


店の面にある洗濯機。時々奥さん?がそこで店の布巾など洗い物をしている。


その上にどんぶりを置いて食べている人もいた。


旨ければ、恰好はどうでもいい。


外で立ったまま食べる中年のオッサンもいる、という賑わいだった。



弊社が平成5年に池袋駅の西側、現在地(池袋三丁目)に引っ越すまで、何度か難関≠フ店ののれんをくぐったが、いまでは山岸チルドレン≠ェ営むチェーン店があちこちに。


スーパーにはつけ麺の商品まである。


余談だが、家族連れでいったとき、家内も家内の姉も、幼い息子もみんな食べきれず、3人の残りまで平らげた思い出も。こうして大食漢の汚名を着せられることになった。


そういえば店主が身体をこわして長く店を閉めているときもあった。


ラーメンは鶏ガラ豚ガラ人ガラだそうだ。


一世を風靡した山岸さん、身体をはった美味しいラーメン有り難うございました。合掌。

山岸さんの訃報を伝える夕刊紙(フジ)
1FullSizeRender.jpg


posted by ラクーンドッグ at 15:16 | Comment(0) | ・池袋・要町昼めし晩めし

2015年04月02日

大人気の「神社仏閣パワースポットで神さまとコンタクトしてきました」発売3週間で早くも3刷り、本文とコラボの動画も続々出来ていますのでご覧ください。


IMG_1557.JPG



超人気ブログ「ひっそりとスピリチュアルしています」の桜井識子さんの第2弾「神社仏閣パワースポットで神さまとコンタクトしてきました」は、発売されてまだ3週間ですが、早くも第3刷です。


中でも、本文だけでなく、動画でフンイキがつかめるのもこの本の特徴です。


この動画とのコラボも最初から計画があったのではなく、識子さんが撮影してきた写真や動画を見ているウチに、当社スタッフがアイデアを出しアップロードしてみると、すこぶる評判がいいので次々と制作してしいます。


「何本出来るのですか?」聞いてみると、「まだ出来ますね」


つまり、いくつできるのか分からないようです。


まさに神さまのみぞ知る?


とにかく、ここまで出来ているものを、ここに収録してみました。


著者もオススメです。


まだ見ていないモノがあったらどうぞご覧ください。


















994.jpg




posted by ラクーンドッグ at 16:15 | Comment(3) | ・おすすめ精神世界

2015年03月30日

新刊の紹介です。女性の悩みに朗報です。テレ東京系「主治医が見つかる診療所」でお馴染みの奥井識仁著『女性泌尿器科へようこそ−マンガでわかる「頻尿」「骨盤臓器脱」』が3月28日発売になりました。



okui.jpg



最近テレビでは健康情報番組が大流行り。


その中の一つが「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)


そこへ登場する奥井識仁氏。


そうあのイケメン先生。


よこすか女性泌尿器 泌尿器科クリニックの院長先生だ。


本日新刊3月28日、「女性泌尿器科にようこそ」が発売になりました。


奥井医師は、東大医学部を卒業後、ハーバード大学に臨床留学。


ブリガム&ウイメンズ病院で女性手術を学ぶ。


米国時代はトップオピニオンリーダーにも選ばれ、帰国後「Medical tribune」誌では表紙の顔を飾ったことも。


日本では女性泌尿器科のトップリーダーの一人。開業以来、年間日帰り手術数をこなし国内最多だそうである。



前作の「はじめての女性泌尿器科」は、とくに女性特有の頻尿、骨盤臓器脱などについてかかれたものは当時ほとんどなかったので注目を集めました。


奥井氏は骨盤臓器脱の専門医。


それらへの治療法はさらに進歩を遂げているので、新たに書き加えていただきました。


ふつうの婦人科、泌尿器科では見逃してしまいがちな女性特有の「わかってもらえない悩み」について、さらにくわしくわかりやすく マンガを多用し解説しています。


マンガ、イラスト、写真、表の数は全体の6割を占めています。


ぜひお悩みの方はご一読を。


http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-89295-995-0.html
b995.jpg


okuimannga.jpg

okui2e.jpg



posted by ラクーンドッグ at 15:13 | Comment(0) | ・おすすめ健康書

2015年03月27日

「続・竹林はるか遠く」いよいよ発売、4/24予定。アマゾンで予約受付始まる。




isannkyoudai.jpg


戦後70周年―。


朝鮮半島引き揚げ者の戦後体験を綴った「続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語(仮題)」の発売が決定した。


この物語は、言うまでもなく2年前アマゾンで総合1位を記録するなど大きな話題になった「竹林はるか遠く」の続編。


1945年夏、朝鮮半島の北端の羅南に住んでいた当時12歳の少女ヨーコがソ連軍が侵入してくる直前、母と姉と女三人で祖国日本を目指し逃亡する。


死と隣り合わせの過酷な体験を少女の視線で綴った。全米で大ヒットし中学生の教科書に取り上げられるが、在米の韓国人が教科書から取り下げる運動を始めた。


名作であるが、様々な経緯で日本では出版されなかった。2年前ようやく弊社より刊行されさまざまな反響を呼んだ。


「これほどの貴重な話、なぜこれまで日本で出版されなかったのか」


「なぜ韓国人はこれを嫌がるのか。引揚者を襲った韓国人もいるが、助けた人のことも書いているではないか」


「日本人の戦争体験として貴重、今の平和な世の中の私たちもこれを知らせる必要がある」


「ヨーコ(擁子)のけしてくじけない生き方に感動、兄の淑世、姉の好はどうなったのか。お父さんは生きていたのか?」


その後の物語を期待する声が日増しに多くなった。


というわけで、すでに何年前に執筆、前作同様、全米で高い評価を受けた原題「マイ ブラザー・マイ シスター・アンド アイ(My brother,My sister,and I )」を翻訳、ただいま編集中で4月24日発売されることになった。


戦後間もない京都で、行方不明の父、母親も病死で無くし孤児同然になった引き揚げ者三人の兄妹。


極貧の生活を強いられながら、思いがけない災難、濡れ衣、虐め、差別…と戦いながら家族の絆を深めていく。


今の世の中からは想像できない苦難の生活、そしてそのようななかをたくましく生きぬく日本人少女ヨーコのその後の物語。


乞うご期待!!

原題「マイ・ブラザー・マイシスター・アンド・アイ(My brother,My sister,and I )」は、全米図書館協会のヤングアダルト優秀図書選定をはじめ140年の歴史を持つ書籍専門誌「パブリッシャーズウィクリー」世界的に著名な米国の育児雑誌「ペアレンティング」米紙「ニューヨークタイムズ」のベストブックに選ばれた。


My brother,My sister,and I
マイブラザー・シスター・アンド・アイ.jpg


アマゾン予約受付中!
「続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語(仮題)」
amazon.co.jp/dp/4892959960/
zokutakebayasi.jpg


「竹林はるか遠く−日本人少女ヨーコの戦後体験記」
posted by ラクーンドッグ at 16:59 | Comment(0) | ・おすすめ竹林はるか遠く

2015年03月16日

101年目の春・・・!?


sumoumizu.jpg
すもう見ず ネコはあっち向き 一人ズモゥ



ときどき紹介する親父の話。


今月中に101歳の誕生日を迎える。


100歳まではなんとか、さほどボケていなかったし、(ま、ここ1、2年で救急車を呼んだこと3回はあったが・・・)高年齢の割には、たいして手間のかかることは少なかった。



しかし、このところ、いっしょに住む姉からの電話が増えた。





「足が吊って苦しんでいる。どうしたらいい」


「おこして立ち上がらせれば」というと


「痛がって立ち上がれない」とか。





ネットを調べ「水分不足なので水またはスポーツドリンクがいい、とあるよ」と教える。


姉が急須で飲ませてみると父曰く「クスリを飲んだように効いた」そうな。


ネットってこんなとき便利ですね。


ぼくでもニセ医者になれそうw





この程度のことでは、


救急車を呼ぶわけにはいかないし、医者の往診は今時やっていないし・・・。


そう考えているとき、ケアマネージャをやっている友人に教えてもらった。


月に2回の定期訪問診療というのがある。


早速始めることに。






内科のお医者さんだが、内科系はほとんど元気だ。


「どこも悪いところないですね。しいていえば腎臓系ぐらい」


医者にとって、出すクスリもないので期待ハズレ?!





ところが悪いのは全部それ以外。


魚の目があるので皮膚科を予約。


入れ歯が壊れたので歯科を予約。


・・・次から次に・・・切れ目なく





このところ、週末はいっしょにサントリーでなく病院訪問がニッカです。





posted by ラクーンドッグ at 18:02 | Comment(0) | ◆◆わが家の日常◆◆