2016年01月06日

​​感動しました!ぜひ、新春、多くの日本人に観ていただきたい映画はこれ、「海難1890」



年末、年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

小さいお子さんのいる家庭はスターウォーズに行ったそうだが、子供より本人が行きたかったのかも?

ところで、僕は「ぜひ、観たい。行かねば・・・」と行っていた「海難1890」トルコ・日本の合作映画に出かけました。

120年以上前、和歌山沖で遭難したトルコ船を村民が救出した史実に基づいた映画。

詳しく話すとネタバレするのでここまで。

その恩を忘れないで、今度は日本を救出するというお話。

今、忘れかけている日本人の誇りを思い出させてくれる感動物語。新春にふさわしい映画。

去年公開された台湾映画「KANO1931海の向こうの甲子園」同様、ぜひ日本人に観ていただきたい映画でした。
posted by ラクーンドッグ at 17:48 | Comment(0) | ・映画・TV・劇場・博物館

2016年01月05日

一年のご多幸をお祈りいたします。




IMG_3173.JPG





明けましておめでとうございます。

今日から平成28年の仕事が始まりました。家から見えた今年の富士です。今年もいろいろな出会いがありそうです。悠然と構え、新しい物語を紡いでいきたいと思います。本年もよろしくお願いたします。


   平成28年

     ハート出版 日裕明
posted by ラクーンドッグ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2015年12月07日

三省堂書店池袋店グランドオープン、できたてホヤホヤの次世代型書店≠ニやらを、ちょこっと見学してきました。


sannseidou.jpg



池袋といえども、最近は書店難民▼・・駅を離れると西側には書店さんがない。


かつては芳林堂本店などあったのに・・・


業界の一員としては南米の大きな河や織田信長の市場だけにはたよりたくない。


そんな中、


12/6三省堂書店池袋本店が、あのリブロさんのあとにグランドオープン。


さっそく本日7日昼前、御挨拶に出かけた。




sannsei2mage1.JPG


sannsei3FullSizeRender.jpg


4階のコーナーで亀井社長さんをはじめ店員さんに


「地元(池袋3丁目)ですので、直納できますよ」などと


われながらトンチンカンな


ご挨拶をしたあと


ピカピカの各階を駆け足で見学。


「次世代型書店」とはどんなものか?


各階にミュージアムショップのような関連グッズが展示されている。


「ここが本屋さん?」と思うような


ちょっとおしゃれな小物、日用品が陳列。


なるほど・・・これが次世代か???


折しも出版大不況の中の船出、


日に吾が身を三たび反省する


という由来の社名だそうだ。


真面目な社名。


そういえば、


その昔、参考書でお世話になった・・・


池袋になじむリアル書店として末永いご発展を祈る。


sannsei4jpg.jpg




posted by ラクーンドッグ at 16:08 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2015年11月04日

覚醒をめざす者が避けて通れない関門=E・・不思議な不思議な体験を描いた「坂本政道 はるかなる旅−ダークサイドとの遭遇」が11/10発売です。







kage2FullSizeRender.jpg


最近、陽が落ちるのが早いですね。


休日、所沢に住む僕は、昼下がりぶらぶらと散歩。


すると頭上に爆音が響く。


そうかきょうは入間航空祭。


澄み渡る青空に飛行機雲のお絵描きショー≠ェ始まる


ハートや星の形・・・


あっという間の出来事、


hosiFullSizeRender.jpg

hikouFullSizeRender.jpg


あわててスマホを取り出すが、後で視ると肝腎なナイスショットはナシ。


冒頭のような変な物体の影が、


僕の影の部分・・・ダークサイドが


すみません、タイトルがでてくるまでに、全く関係ない昨日の航空ショーのミスショット持ち出しました。


でも、長い何か怪しいシルエットをみて、ダークサイドという言葉が浮かんでしまいました。


(影で見ると僕もまんざらでもないスタイルですね)


坂本政道氏の新刊のタイトルは「覚醒の旅路U 坂本政道 はるかなる旅−ダークサイドとの遭遇」(11/10発売)です。


本の中味は−


ダークサイドとの出会いは、覚醒の旅をたどる者が必ずといってもいいほど通過せざるを得ない関門のようなものだと坂本さんは言っています。


自分の中にあるダークな側面ですが、坂本さん自身の体験を元に書いています。


ヘミシンクを使って自在に異次元や遠い過去世に思いのまま意識を飛ばせる坂本さんならではですが・・・・。


坂本さんの場合、死後の世界を遙かに超えて、何○○年前の宇宙の時代。まさにスターウォーズのさながらの体験をしました。


映画は全く空想の世界でなく、人類の遠い魂の記憶の中にそういう世界があるから見たくなるのかもしれません。


期せずしてスピルバーグの映画も12/18から始まるようです。


坂本さんのじつに不思議な体験を読んで、久しぶり映画館に行ってみたくなりました。

b0005.jpg


映画スターウォーズの予告編↓



posted by ラクーンドッグ at 19:10 | Comment(0) | ・著者ー坂本政道さん

2015年10月31日

有隣堂チェーン「読書の秋・厳選本」で「政府も学者もぶった斬り!倉山満の憲法九条」10/31から展開中



image.jpeg

写真は東京・有隣堂目黒店



0002.jpg
詳しくは

アマゾン
posted by ラクーンドッグ at 20:32 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強