2014年03月07日

「永遠の0」の中にウソはない!」・・・もと特攻生き残り戦士・粕井貫次さん(90歳)が大阪大学で壮絶な体験を講演。



kasuisannkei - 1.jpg


百田尚樹 さんがツイイタでこうつぶやいた。


「『永遠の0』の中に嘘は見つからなかった。


ああ、すごく嬉しい言葉。これまでエセ戦記オタクから、さんざんなことを言われてきたから、溜飲の下がる記事だ」


どんな記事か、というと産経WEB記事でした。

大阪大学で特攻の元兵士・粕井貫次さん(90歳)がその体験を講演した。


その中で、粕井さんは、ロングランヒットを続ける 『永遠の0(ゼロ)』(山崎貴監督)を観た感想について、


「正直、これまで小説や映画で描かれる戦記物には嘘が少なくなかった。

でも、『永遠の0』の中に嘘は見つからなかった。作者の百田尚樹さんは本当によく戦史を調べて書いています。映画をまだ見ていない人は、ぜひ見てほしい」


と高く評価したそうです。

 粕井さんは大正12(1923)年、大阪生まれ。昭和18(1943)年、飛行専修予備学生として三重海軍航空隊に入隊。その後、出水航空隊・国分分遣隊に赴任し、九三式中間練習機「赤トンボ」の教官となる。まだ20歳だった。


詳しくは↓
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140228/wlf14022814410023-n1.htm … ?

そしてもっと詳しくは、「特攻−最後のインタビュー」をご覧ください。粕井さんをはじめ11人の生き残りの特攻隊員の証言が掲載されています。
原作の小説もこのような特攻隊員を百田氏が丹念に取材して書かれたわけです。


映画とはまたひと味ちがう生の声を味わってください。


あと10年もすればほとんどいなくなってしまうご高齢の元隊員の貴重な声、まさに今を生きる日本人が受け継いでいかなければならない遺言のようなものです。


kasui  - 1.jpg


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-969-1.html
969.jpg






posted by ラクーンドッグ at 16:19 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2014年03月06日

<編集部からのお知らせ> 「新 引きこもりからの旅立ち」(ハート出版)の著者・富田富士也氏が講演します。3/8秋葉原コンベンションホールで。テーマは「新たな学びを考える〜不登校・引きこもりの現場から学ぶ子供への接し方〜」


詳しくは↓
tomita - 1.jpg



http://www.810.co.jp/book/ISBN4-89295-163-3.html
b4892951633.jpg


posted by ラクーンドッグ at 16:29 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

<編集部からの知らせ> 2月22日「竹島の日」地元の「山陰中央新報」の企画広告欄に弊社の出版物が、「竹島問題100問100答」(WAC出版局)「メチのいた島」(山陰中央新報社)といっしょに弊社の「尖閣・竹島・北方領土 どうなるの日本の領土−ゆかちゃんの学習ノート−」(ハート出版)が掲載されました。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-922-6.html
922.jpg




posted by ラクーンドッグ at 16:26 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2013年12月13日

「吸収のいいハンドタオル」持参し、百田尚樹の「永遠の0」試写会参加。オススメの映画です。さらに深く特攻を知りたい向きに、弊社から、生き残り隊員の生の証言を集めた「特攻−最後のインタビュー」が本日発売になりました。



特攻 - 1.jpg


tokkou 2 - 1.jpg


きょうはタイムリーな話題。

450万のミリオンセラー百田尚樹の「永遠の0」試写会に行ってきた。

小説を読んでいたのでネタバレで大して感動しないのではと思っていたが、最初の火葬場で亡き妻に夏八木勲が泣き崩れるシーンから目頭が熱くなった。


もしや必要になるのではと、事前にコンビニに寄り買ってきた「吸収のいいハンドタオル」が役立った(笑)。


戦闘シーンも迫力あり、いまの若い人たちに是非見て欲しい映画だ。


映画の構成は、司法試験を失敗し続け方向性見失っている青年が、亡くなった祖母の前夫が特攻隊員だったということを知り、祖父の生き様を、生き残り隊員から次々と聞き出し回想していくというもの。


そこで冒頭タイムリーな話題といったのは、まさにそういった構成の本が弊社から本日発売になった。


その本のタイトルは「特攻−最後のインタビュー」


戦後教育のおかげで大東亜戦争、とりわけ特攻は、その真の姿がねじ曲げられて伝わっている。


同書を制作した委員のひとり長尾栄治氏は編集後記で


「昔のことと、過去に目を瞑れば、また同じ悲劇が目の前にやってくるのではないか。


『平和を欲するなら、戦争に学べ』という言葉がある。体験者たちの声から我々が学ぶべきことは、まだまだ多い」


と述べている。


映画もそうだったが、この中に登場する元特攻隊員は戦後を生き抜き、いまの日本に、これだけは伝えたいというメッセージをもっている。


そして彼らもあと10年もすればほとんどいなくなる。


まさに最後の証言。


当事者しか分からない、絶対埋もれさせてはいけない日本への遺言だ。映画を観て、もっと特攻について知りたい向きには格好の書。


余談だが、くしくも試写会の会場は戦後教育の担い手の本丸%結栫E神田の日本教育会館だった。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-969-1.html
969.jpg




posted by ラクーンドッグ at 15:25 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2013年10月01日

見てください!家族の目線で日本の領土問題を考える新刊「尖閣・竹島・北方領土 どうなるの?日本の領土-ゆかちゃんの学習ノート」の紹介動画(中国尖閣編と韓国竹島編の2本立て)が出来ました。



猫の争い.jpg
本日のテーマと無関係ですがわが家では猫のテリトリーあらそいが大変です(笑)



領土問題の動画が出来ました。

前に紹介した新刊「尖閣・竹島・北方領土 どうなるの?日本の領土問題−ゆかちゃんの学習ノート−」の内容紹介です。


http://heartshuppan.sblo.jp/article/76542110.html
b922.jpg


マンガや図表がたくさんはいってわかりやすくなっています。


大切な問題、家族みんなで考えるのに役立つと思います。

お隣の国では、国家を挙げ教科書で幼い子供の頃から、「わが国の領土」と刷り込んでいるのですから・・・。

日本の学校ではなにもやってくれません。


将来を背負う日本の子供たちにもしっかり正しい知識を持たせないと、なにかいいテキストはないかと考えているご親御さんに最適です。

 

どうして韓国人は大人げない主張をするの?
http://www.youtube.com/watch?v=SyHQArqC4_o
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21942926






どうして中国は日本の店や車を壊すの?
http://www.youtube.com/watch?v=noVlIQznE8k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21924740









posted by ラクーンドッグ at 16:49 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2013年09月25日

どうして中国は日本のお店や車をこわすの? どうして韓国は大人げない主張をするの?・・・親子で読む本「尖閣・竹島・北方領土 どうなるの?日本の領土問題」がハート出版から9月末発売になります。






どんぐり - 2.jpg
秋の訪れ・・・ドングリや椎の実



昨日に続いて、画期的な新刊の紹介です。子供や若者向けの、今の日本の問題を知る手頃な本が出ました。


親子で読む領土問題です。

タイトルは、ちょっと長いが『尖閣・ 竹島・北方領土 どうなるの? 日本の領土問題ーゆかちゃんの学習ノートです』(武内 胡桃・作   かなき詩織・画)


いま、日増しにエスカレート騒がしくなっている日本の領土問題。これからの日本を担う子どもたちにも、しっかりと正しい理解をしてもらうための本です。


ある日のテレビで中国の人たちが日本の車やお店を壊しているのを見た小学5年生のゆかちゃんが、お父さん


「どうして中国はこんなことをするの?」

というところから始まります。そして


「どうして韓国は大人気ない主張をするの?」


「どうしてロシアは領土をかえさないの?」


と展開していきます。


将来は、なでしこジャパンに選ばれるのが夢のゆかちゃんの質問に、真面目で物知りのお父さん、やさしくてしっかりもののお母さんが
「大事なことだからいっしょ考えよう」


というわかりやすい構成になっています。マンガ学習ノートもついており小学5年生ぐらいから読める内容になっております。


mannga  - 1.jpg


くわしくは↓
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-922-6.html

b922.jpg




どうして中国は日本の店や車を壊すの?─尖閣・竹島・北方領土 どうなるの?日本の領土 紹介動画↓




posted by ラクーンドッグ at 15:43 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2012年11月08日

「創作漢字」も「デザイン書道」も楽しいですね。新刊「SHO−文字は踊る」の動画ができました。



柿の葉- 1.jpg
(秋深し・・・柿の落ち葉を描いてみました)



こんばんは。ハート出版の日高です。



今朝、電車の中で産経新聞を見ていると、「第3回創作漢字コンテスト」の作品が載っていました。

「100年後まで残る漢字を作ってみませんか?」と募集、したそうだが実に面白いですね。


詳しくは↓のアドレスをクリック観ていただくとして、今年最優秀賞に輝いたのは「じゅろう」と読ませる漢字=u寿」と「老」を合体しています。お見事!


http://www.sankeisquare.com/event/kanjicontest_3rd/index.html


創作漢字新規 - 1.jpg


このほか「先」と「走」を合体した「さきばしる」と読ませるものや、「裏」と「表」を合わせて「表裏一体」と読ませる文字。なかなかのユーモアあふれる作品。

ぼくもダジャレで作ってみたいが、またの機会に・・・。

それとちょっと似ているが、弊社の動画制作部門がまたおもしろい動画を作ってくれました。


「SHO−文字は踊る−デザイン書道のすすめ」の動画が出来ましたので見てください。

まさに文字が踊るので、なかなか楽しいですね。来年の年賀状にも使えますよ。

youtube動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=mBEsFEbQxsU

ニコ動画↓
http://live.nicovideo.jp/watch/lv114136886#29:23


こちらからもごらんになれます↓




posted by ラクーンドッグ at 16:22 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2012年11月02日

「SHO−文字は踊る」著者・末廣博子さん、神奈川県全域・町田市配布の情報誌タウンニュースで紹介されました。



末廣タウンニュースdownload.jpg

10月23日に「SHO−文字は踊る−」を出版した書家 末廣 博子さん 能見台在住 63歳 2012年11月 1日号↓
http://www.townnews.co.jp/0110/2012/11/01/163481.html



当社から新刊を出した書家の末廣博子さんがまた紹介されました。タウンニュースという媒体に。神奈川全域と東京都町田市に配布される地域情報紙です。歴史も古く(77年創業)上場(06年ナスダック)もしている人気の新聞なんですね。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-914-1.html
b914.jpg




posted by ラクーンドッグ at 15:40 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2012年10月31日

「龍」の字を書く。「SHO−文字は踊る−デザイン書道のすすめ」出版記念パーティより

hana3.jpg
(上野の森で見かけた秋の草花3・・・何の花?かわかりませんが、描いてみました)



こんばんは。ハート出版の日高です。



朝晩、足下にストーブがないと、ちょっとさびしい季節になりました。



本日はひさびさムービーメーカーで動画を作ってみました。題材は・・・。




先日開かれた末廣博子さんの「SHO−文字は踊る−デザイン書道のすすめ」出版記念パーティでのパフォーマンス。



龍という文字は、日本人なら読めて、意味もわかりますが、このデザイン書道なら外国人でも、文字が読めなくても意味はわかると思います。






以上のように、スタッフがとった動画をぼくがムービーに仕立ててみました。こちらのほうはで素人作りですね。監督の才能ないですね。こういうのを「我流天性を欠く」というんでしょうか。時間がよろしいようで。ハイw






http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-914-1.html
b914.jpg


posted by ラクーンドッグ at 16:54 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2012年10月26日

今月発売され話題を呼んでいる末廣博子氏の「SHO−文字は踊る デザイン書道のすすめ」の出版パーティーが出版業界紙「新文化」10月25日号に掲載されました。



新文化 - 1.jpg



http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-914-1.html
b914.jpg

posted by ラクーンドッグ at 15:38 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆