2011年07月26日

7月のわが社の節電目標達成!ナント33.6%減でした。パチパチ!



こんばんは。ハート出版の日高です。


当社のエネルギー庁長官≠ェ、6月23日から7月25日まで33日間の節電結果を発表。


当社は地下1階地上3階の小さなビル。当社を訪れたある人がアリさんの家みたい≠ニいい、ナルホドと苦笑いしたことがある。縦に長く小部屋がたくさん別れているから、らしい。スミマセン話が横道に。


で、その小社≠フ今月の使用量は1316kwh。昨年が1982kwh。同時期比−33.6%の達成。パチパチ。ヤッター!


台風接近で思わぬ冷房効果があったお陰で、「エアコンOFFで3日間も過ごせた」・・・と謙虚な当社の長官の弁。


熱くて頭が回らず、仕事の能率落ちてなければいいが・・・。国会答弁中、誰かサンの迷采配ぶりにはトサカにくるのか、○○大臣は手のひらに、「刃」の下に「心」と書いて怒りを抑えているそうだが、みんな忍耐してますよ。


日本が大切なときだから。がんばろう日本!


引きつづき長官、社員のみなさんよろしく!

posted by ラクーンドッグ at 19:11 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年07月21日

行方不明になっていたわが社の近くの外猫クーちゃんが生きていた。意外なところで見つかった。

kuutyann-1.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。

わが家の猫はフーであるが、わが社の周りには外猫のクーちゃんがいる。というか「いた」。が最近、まったく姿を見せない。「クーちゃんどうしたんだろう」「交通事故に遭ってなければいいが・・・」近所の人との会話にものぼるほど。みんなで心配していた。

前足が交通事故か何かでくの字にまがっている。で、クーちゃんとみんな呼ぶようになった野良猫だが、付近のみんなの人気者だった。

そのクーちゃんが見つかった。理由はわからないが、引っ越して別なところに住んでいた。そこは「鳩寺」とよばれる功雲寺。わが社と100メートルぐらい離れてる?その墓地の入り口で見つけたとわが社のスタッフが当社の電子掲示板に写真付きで掲載してくれた。

そこが静かで安全でいいのかも。墓番してるの?スピリチュアルな世界の入り口がいいのかな。 猫の気持ちはわからないが、よりによってハート出版からハト寺、クーちゃんはやっぱりハートが好きなんだ・・・。

生きててよかった。

posted by ラクーンドッグ at 18:10 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年06月24日

熱いとき、ペットボトルのお茶をカチンカチンに凍らせて冷房しました。

katinnkatinn1.jpg



こんばんは。ハート出版の日高です。

きょうも室温36度。3日連続の真夏日ですね。

来客ある時は、エアコン付けますが、設定温度が低くないので、お気の毒です。

「やせ我慢やめなさい、ノウリツ悪いわ。熱中症になるのがオチよ」

という山の神のお告げが。

たしかに、小さい子どもやお年寄りはまなしちゃいけません。

九州出張中の当社営業部員から4時頃電話が。

「こちらはめっぽう熱いですが、営業に行く書店は東京みたいに節電していないので涼しいです。そちらは大変ですね」

と同情された。

一ついいこと(生活の知恵)見つけました。

コンビニでカチンカチンに冷えた伊藤園のお茶157円だったので朝かって出社。机の横に置いて、時々さわったり、とけた冷水をちびりちびりいただく・・・。

これ結構、いけます。

これだけ熱いと、きょうは給料日、今夜の生ビールも最高にうまいぞ。


これが、災い転じて福となす、という日本人の再生力!


ということで今週もおしまい。

posted by ラクーンドッグ at 19:51 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年06月22日

室内温度34度を超す猛暑日、もうツユはおわったの?!わが社のアナログ式クールビズは!?

utiwa.jpg

こんばんは。ハート出版の日高です。


いよいよ、真夏日の到来か?それともツユの合間?


「梅雨が明けるのは7月になってからですよ、社長」


ううーむ、わからない。天気予報は当たらないからね。いま室温は34度。


昨年ならクーラーをつけてがんがん冷やしている温度。だが今年は計画ケチ電。


窓を開けて、扇風機で冷房。



当社にやってくる営業マンはみんなノーネクタイ。中には「うちの会社ではUSBポートのついた小型扇風機が全社員に支給されました」というものがありました。


当社の会議でも、ウチワや扇子が目立つっています。


いま、九州方面を出張中の当社営業マンがいるが、いやあ大変だろうな。


アロハ、短パンOKといっているのだが、シャイなA君、黒のストライブの背広でかっこよくやっているんだろうなあ。


「おやじギャグ 部長自慢 部下我慢」(第一生命サラリーマン川柳)というのがきょうの日刊帝国ニュースに載っていた。


こういうサブイ冷房*@もありかも・・・。



 

posted by ラクーンドッグ at 16:57 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年02月16日

まぼろしのタイガーマスク現る!?

taiga-masuku.jpg

ところで、タイガーマスク、伊達直人の活躍、テレビで話題になりましたねえ。

先々週辺りでしたか、当社、会議の最中に電話が鳴りました。全員出席の会議なので、電話を部屋の片隅で営業担当が取りました。
どうやら注文のための電話のようです(ウレピー)しかし、ご注文の品は、あいにく在庫僅少。つまり、「帰ってきたはやぶさ」。ちょうど増刷が決まる前なので、お客さんの要望通り数がそろわない(うーむ残念)
50冊前後の注文ですが、電話を受けた営業担当の話では「なにやらランドセルを送る代わりに、当社の童話とはやぶさのフィギアをおくりたい」ということらしい。
スワーッ「タイガーマスクだ!」
タイガーさんもいろいろ考えるんですね。ランドセルばかりじゃおもしろくない?子どもたちにためになる本、「はやぶさがいい」とか。さすがタイガーさんお目が高い!
しかし残念、急いでいたようで、ほかのものにしたのかも知れない。あとでまた電話しますということになったが、それっきり電話かかってこない。


「電話番号聞かなかったの?」女の子の電話番号すぐ聞くのに?

いやあタイガーさんいるんですねえ。こんな身近に・・・。その日の会議の2次会は、若いモンがみたことがない、生のタイガーマスクの話で盛り上がりました。
おじさんたちは試合も見ました。タイガーマスクとダイナマイトキッドの試合とか。空中殺法かっこよかったねえ、と(そんな自慢話を誰が?)ハイぼくです。
ちょっと残念でしたが、まぼろしのタイガーマスク現る?!というお話でした。あきらめてません。タイガーさん待ってますよ。

(待ってないで、自分であげれば・・・ケチ!)ハ、ハイケチです。

posted by ラクーンドッグ at 17:33 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年02月04日

旧正月、も一度 今年もよい年でありますように

DrawingPadApp.jpg


春は名のみの・・・という言い方をされるが、今年は、暦通り?!東京は「立春」という春の初日にふさわしくおだやかな天候だ。雪国の人には申しわけないが・・・。

また、別の暦でいうと、昨日、節分の日は、旧正月の元旦ということになりますね。ひょんなところから気がつきました。
オバマ大統領のツイッター。Lunar New Yearのフレーズをみて、、あっそうかと。オバマさんは旧正月のお祝いを以下のように述べています。
I send my best wishes for peace, prosperity, and good health to all who celebrate the Lunar New Year across the U.S. and around the world.
いい年にしたいですよねえ。今年2度目の新年ですから、と思っているときょうとどいた日刊帝国ニュース。いつも倒産情報が盛りだくさんの・・・その1頁目の「情報スクランブル」(覆面記者座談会)の冒頭。

A記者が発言「「なんとなく、景気が上向いてきたかも知れない。何となくだけど・・・」

B記者が答える。「経済は生き物とはよくいったもので、確かにお客さんと話していてもそう感じている人が多いよ・・・」とつづく。
実感はあまりないなあ、と思っていると、突然、当社の営業からこんな注文が入りました。と大口のお話が立て続けに・・・こいっあ、春から縁起がいいやあ・・・。世の中変わり目がやって来たのか?

みなさん、ポジティブシンキングがたいせつですよねえ。

みなさまもよい年でありますように・・・。

posted by ラクーンドッグ at 21:46 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年02月01日

オニですが、逃げないでください!

oni1.jpg

会社の近くにセブンイレブンがオープンした。

まえも同じコンビニだったが、アネックスという名前で、普通のコンビにと違い、惣菜なども売っていた。焼き魚やカレーなど家庭的なにおいのするお店だった。

新しい店は、新規オープンのときだけかもしれないが、やけにスタッフが多く、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」とあいさつされ、気恥ずかしい感じ。「なにも買わないのにー」という感じ。

素通りしてでてきた。どんなみせなのか、何回いってみないとなれないなあ。店の人は意気込んでいるのがわかるが・・・、

で、今年も1月が終わり、2月。こちとらも意気込んでいるわけではないが、ツイッターのフェイスをウサギからオニにチェンジした。1ヵ月この顔で行くのもうっとうしい感じもするが・・・。

逃げないで、お付き合いください。
posted by ラクーンドッグ at 19:17 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年01月31日

寒さ対策の敵は、駄洒落まみれの絵日記か?!



こんばんは。

東京にはまだ雪は降りませんが、月曜日会社に一番早くやってくるものには寒さ厳しいようです。

土日、休みだと当社のような一棟立てのコンクリートのオフィスは、柱が氷柱の役目を果たし、会社に来て数十分、冷蔵庫に入ったような感じになるときがあります。
社員の中には、ぼくがこの絵日記につられて炎のラーメン、蒙古タンメン中本にチャレンジした猛者≠烽「るようだ。今まで食べたラーメンの中で一番辛かったと「感動?」していたようです(ほんとうは、こんな辛いもの紹介して、と思っているかも)。

このブログは拙文ですが、季節はもうすぐ節分。その次の日が立春、今が一番寒いとき。(なに、このブログの駄洒落が一番寒いってか)

恐縮です。

posted by ラクーンドッグ at 20:08 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年01月20日

SEがスマートフォン買いました

gyarakusi.jpg



本日は大福、じゃなかった大寒。のっけからサブ〜イですね。

風邪はやってますが、大丈夫ですか?


ハート出版の日高裕明です。

わが社のSE(システムエンジニア)が新しいスマートフォンを買いました。「ギャラクシーですか、すげえー、かっこいい。じゃあ、メルアド教えてください」とお願いした。

「いやあ、買ったばかりで使いかたがわからなくて」と。まだ設定していないという。

パソコンのことなら何でもわかる当社の最先端頭脳≠ナも、「えっ、そんなことがあるのか?

パソコンはダメだが、我が輩はスマートフォンで一日の長?(ナヌ?ただ新しもの好きに過ぎない、そうか)

ここだけの話ですが、このぼくにも優越感にひたれることことがあるもんですなあ。

ははははは。

posted by ラクーンドッグ at 19:09 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆

2011年01月06日

えっ 新春プレゼント!!

present.jpg

こんばんは。ハート出版の日高裕明です。 

仕事が始まって2日目、昨夜は月例会兼新年会で帰りも遅くなりました。ブログもアップしたのが10時前だったでしょうか?
きょうはといえば、次から次と、毎年のことですが新年のご挨拶が引きも切らない。銀行、広告、印刷、紙卸商社・・・。やっと最後のお客さんが帰って行かれましたので、これからブログを始めます。
年末年始にかけ、当社刊行の本について、いろいろと反響がありました。
読売新聞元旦のプレミア対談に立川談志師匠とシンガーソングライター松任谷由実の対談。当社きっての落語通Sが見つけました。それによると、対談の冒頭、「あなたアニメ映画の『PiPiとべないホタル』の歌を歌ってたろ。あれよかったなあ・・・かわいい漫画なんだ」と談志師匠が松任谷さんに話しかけています。

へ〜、あの師匠がとべないホタルのファンだったとは。驚きです。でも、意外なところでは元阪神の川東幸三さん(現プロ野球解説者)もとべないホタルのお話は泣かせる、いいよ、といった言葉を述べていたことを思い出します。とべないホタル、いがいとオジサンにもうけるんですねえ。

それから、あの原口一博元総務大臣、本当に感動されたんですね、あちこちで「特攻−空母バンカ−ヒルと二人のカミカゼ」の話をしているようです。12月28日放送の朝日ニュースター「ニュースの深層」で キャスター上杉隆氏と本の内容を語ったようです。ありがたいですねえ。

このほか読者カードが寄せられ、感想を述べています。

◆あなたもバシャールと交信できる

あまりに簡単そうなので、アクアヴィジョン主催の「ダリル・アンカ公開チャネリング」を、関西でもやってほしい。やはり、本物と直に会うのが一番早い方法だと思います。 (大阪府 男性 49歳)

◆介助犬 武蔵と学校へ行こう
わたしは、この本を見て夢を見つけました。この本のなかの木村さんのような、介助犬をそだてる人になりたいとおもいました。 (宮城県 小学女子 9歳)

◆空から降ってきた猫のソラ
「そらからふってきたねこのソラ」クリスマスにかってもらいました。悲しくなってしまいました。家でも犬1匹、猫1匹かっています。そこで、ぎもんがあります。ソラのお母さんはどうなったんですか? これから一生、動物を大切にしたいと思いました。(茨城県 小学女子 10歳)

◆精神病は病気ではない
本を読んで、なんとなく悩みが減りました。以前、上毛新聞の広告に載る本はいいと聞いていたので、納得しました。少しでも先祖を大事にしてみたいです。 (群馬県 女性 29歳)

◆五つの傷
今まで悩んできて、どうすることもできなかったことの答えが書いてあり、あっという間に読ませていただきました。とても分かりやすく具体的で、頭がスッキリしました。自分自身をゆっくり見つめて、1つ1つ行動していきます。(長野県 女性 38歳) 

◆〈からだ〉の声を聞きなさい
この本に出合って体がほぐれました。大切に読んでいます。ありがとうございました。(北海道 女性 58歳) 

こういう便りを読むとき、
出してよかった、出版人としてそう思うひとときです。ほんとうに有難うございます。

うれしくなってきたついでに、ところで、

新春プレゼント!!

ちょっと、きょうはちょっと宣伝ばかりになり申し訳ありません。最後にこのブログを読んでらっしゃる方々に、新年プレゼントをしたいと思います。絵にあるように、4点の品々を差し上げたいと思います。

@坂本龍馬万年カレンダー 4名様
 うち製作ではありませんが、龍馬のおもしろい言葉が載ってるぜよ。

A全国共通図書カード(1000円)  8名様
 ヘミシンク完全ガイドCDBOX6巻刊行記念に創ったものです。

B日本占術協会編「平成23年九星開運暦」 12名様
 日本トップの占術士があなたの今年の運勢を占います。

C2011Art Calendar 16名様
気に入ったものがおありでしたら以下の住所に希望の品番号(第2志望も)を書いて、ま、このブログのどの記事がよかったとか、感想をチョコと書かれて、お送りください。〆切1月15日。多数の場合は抽選で選ばせていただきます。今月中に発送します。当選は発送をもって代えさせていただきます。ハワイ旅行はありませんが、ご遠慮なく!!

〒171−0014東京都豊島区池袋3−9−23
ハート出版 社長絵日記新春プレゼント係

posted by ラクーンドッグ at 19:32 | Comment(2) | ◆◆出版社の日常◆◆