2015年01月30日

明星大学教授の高橋史朗氏は、「米映画『アンブロークン』の何が問題か」と題する文中に「日本軍は本当に『残虐』だったのか」の一読を強くすすめている。



IMG_1379.JPG

高橋史朗 明星大学教授
takahasi.JPG

takahasi_.JPG
(月刊誌『日本の息吹』平成27年2月号=日本会議発行より)


アンジェリーナ・ジョリー監督作「アンブロークン」をニューヨークの映画館で観た高橋教授は、


「(原作の資料)リストを読み、映画を観れば、誰でもすべてが歴史的事実と誤解し、その影響は計り知れない」


と、原作が300万部も売れたこの映画の問題の重要性を述べている。


「日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと」(致知出版社刊)の近刊がある高橋教授は、原作の資料リストに基づいて、アメリカの国立公文書館などに保存されている原資料の精査に着手したという。


そして高橋氏は、弊社刊の「日本軍は本当に「残虐」だったのか」について以下のように推奨している。


「原作の基本的な問題については、丸谷元人『日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行』(ハート出版)の第1章〈全米ベストセラー『アンブロークン』の何が問題なのか〉を是非一読してほしい。


同書において丸谷氏は「この著者は『アンブロークン』を書くにあたって、すべて電話によるインタビューでしか聞き取り調査をしておらず、出版して1年後までザンペリー氏とは面識さえなかった」ことを明らかにした上で、元日本軍関係者の証言に基づいて、誇張歪曲された部分に説得力のある反論をしている。


原作では主人公は最後に日本人を赦すが、なぜか映画ではその部分がカットされている」(月刊誌『日本の息吹』平成27年2月号=日本会議発行より)


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-991-2.html
991.jpg


posted by ラクーンドッグ at 17:49 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2015年01月09日

反論せず黙っていることは相手が正しいと認めること....日本を貶める反日プロパガンダの正体をウォッチ!…新刊「日本軍は本当に『残虐』だったのか」の紹介動画が話題ナウ→


IMG_1345.JPG


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-991-2.html
991.jpg


今年は戦後70年という節目。


厄介な隣国、中韓との歴史戦争という情報戦の真っ只中である。


昨年、慰安婦問題で朝日新聞が大誤報(捏造)であることをついに認めた。


しかし、強制性はなかったが人権問題としてスリかえ開き直っている。


そして 、懲りることなく中韓およびそれに呼応する在日勢力は、新たな反日プロパガンダを次から次へと仕掛けてくる。


その一つが日本軍の残虐性を訴えるキャンペーン。


アンジェリーナ・ジョリー作「アンブロークン」。


その内容がいかにデタラメか 、弊社刊の「日本軍は本当に残虐だったのか」は気鋭のジャーナリスト、丸谷元人氏が詳細に例をあげ反論している。


またその本の内容を紹介する動画がネットで話題である。まだまだ製作されるようであるが、これまでできているものをここに列挙する。


ご興味のある動画からどうぞ。


読者からの感想です。


日本軍は本当に残虐だったのか(大阪府 男性 54歳)
「久し振りに一気に読みました。こんなに夢中になって読むのは何十年振りのことでしょう。
この本はできるだけ多くの方、特に若者に読んで欲しいと思います。この本の事、テレビで取り上げて紹介してくれたら……」


読みやすく、読み応えあり、驚くようなデタラメ宣伝はこうして作られて行くがわかります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「日本軍は本当に『残虐』だったのか」紹介動画一覧
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※再生回数は2015年1月8日15時30分の時点


「アンブロークン」が触れない連合軍による強姦、捕虜殺害、死体損壊
https://www.youtube.com/watch?v=xHfi3odCiTA
再生回数 372

「アンブロークン」の主人公「目的は手段を正当化する」…原爆は「無罪」なのか
https://www.youtube.com/watch?v=e5HaXpD9cJA
再生回数 241

「アンブロークン」どころではない、言語に絶する連合軍による日本人戦犯への虐待
https://www.youtube.com/watch?v=WWYTvmrcCNI
再生回数 14,870

捕虜収容所関係者を絞首刑にする連合国の報復裁判【アンブロークン】
https://www.youtube.com/watch?v=B8FQPT0mTWk
再生回数 914

原爆投下を正当化する「アンブロークン」
https://www.youtube.com/watch?v=RLr0X4DsmjY
再生回数 1,200

「アンブロークン」のイメージとかけ離れた捕虜の食糧事情
https://www.youtube.com/watch?v=pDUzoFz8-Ik
再生回数 7,824

「アンブロークン」日本軍上層部の意思ではなかった日本人看守による捕虜虐待
https://www.youtube.com/watch?v=x0UDz8eHafw
再生回数 2,181

日本人の名誉を貶める杜撰で不正確な記述が多すぎる「アンブロークン」
https://www.youtube.com/watch?v=rvw75IwYRbo
再生回数 1,926

「アンブロークン」の内容を一蹴した日本海軍の歴戦の搭乗員たち
https://www.youtube.com/watch?v=9fcom989BpQ
再生回数 15,884

「アンブロークン」捕虜を使った日本軍「生物化学兵器人体実験」の正体
https://www.youtube.com/watch?v=ULh6TVZmPiw
再生回数 1,583

アンジェリーナ・ジョリー監督「アンブロークン」映画化で全世界に拡散される日本に対する負のイメージ
https://www.youtube.com/watch?v=AvW7W-xkQ6o
再生回数 4,275

日本軍は本当に「残虐」だったのか─反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行【アンブロークン】
https://www.youtube.com/watch?v=Kky6oVwBCRQ
再生回数  1,802








オレ川柳

捏造は ダメよダメダメ スリカエも





posted by ラクーンドッグ at 17:55 | Comment(2) | ・著者−丸谷元人さん

2013年11月18日

日本の安全保障のため日本人は官民一体でアフリカに出て行くべきだが、中国人、韓国人に間違われないことが大切とジャーナリスト丸谷元人氏がアドバイス―チャンネル桜で。



【丸谷元人】アフリカでの紛争が日本の安全保障に及ぼす影響[桜H25/11/12]



「日本の南洋戦略」「ココダ遙かなる戦いの道」(ともにハート出版刊)でお馴染みの丸谷元人氏がチャンネル桜に出演しました。

パプアニューギニアやオーストラリアの状況にくわしい丸谷氏は、南太平洋は日本の安全保障の死角、中国に狙われているとこれまでこの番組や著書で訴えてきました。

ところが、今回のテーマはアフリカ問題。約一ヶ月中東、アフリカを旅行されたようで、帰ってきたばかり。アフリカも南太平洋と同じで中国の餌食にされているという報告でした。

このままでは、膨大な資源が中国のものとなり、日本の安全保障は極めて厳しいものになる。

丸谷氏は日本人がもっと出ていくべき、と提言。かつてこの地を植民地化した欧米とちがって、日本のイメージは消して悪くない。

だがしかし、すでに中国人や一部韓国人が傍若無人な振るまいをしているのでアジア人のイメージは悪化している。

丸谷氏も「向こうの人に、あなたは中国人か?と聞かれ、違うというとじゃ韓国人か、マレーシア人かシンガポールかと続けて聞かれ、日本人かというのが最後に出てくる」日本の印象が薄いことを嘆く。

日本も、安全保障のためアフリカを軽視せず、官民一体でアフリカに出ていかないといけないが、けしてチャイナやコリアンに間違われないことが大切とのアドバイスでした。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html
927.jpg





弊社刊行の「日本南洋戦略」の紹介動画11、12が出来ましたので紹介します。こちらをご覧ください。

米豪軍に一度も敗北しなかった高砂族「特別遊撃隊」─日本の南洋戦略11
http://www.youtube.com/watch?v=q60si81Crjg
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22258277



台湾人にとってのお兄さんの国「日本」─日本の南洋戦略12
http://www.youtube.com/watch?v=aSKRYbbu9K4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22279457

posted by ラクーンドッグ at 11:47 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2013年09月17日

尖閣だけでない!日本の死角、南太平洋の島々が危ないと警鐘を鳴らす丸谷元人氏が著書「日本の南洋戦略」をチャンネル桜で紹介しました。



http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html

927.jpg

「日本の南洋戦略」の著者・丸谷元人氏からのお知らせです。


これまでの「南太平洋島嶼研究会」を発展的に解消し、「日本シーレーン問題研究会」を新説したようです。

同時にブログ名も「日本シーレーン問題研究会(英文名:Research Association of Sea Lines of Communication or RASLOC))」となりました。

 ↓新しいブログはこちら!
http://ameblo.jp/rasloc/

さっそく、上記ブログを開いてみると、新ブログに、先週木曜日のチャンネル桜の動画が アップされておりました。

著者の新刊「日本の南洋戦略」(弊社刊)について詳しく解説していました。

日本がノホホーンとしている間に、飽くなき中国の侵略の魔の手が南太平洋の最大の親日国家・パプアニューギニアに及んでいます。

海洋国家日本の生命線でもあるシーレーンが危ないという、いまのほとんどの日本人が見過ごしてしまっている重大な問題です。

関心のある方、ぜひ丸谷氏のブログまたは動画をのぞいてみてください。







posted by ラクーンドッグ at 19:24 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2013年08月06日

「日本の南洋戦略」を読んだ弊社スタッフが著者・丸谷元人氏の言動に感動して、本の紹介動画を作ってくれました。

  


「日本の南洋戦略」を読んだ弊社スタッフが著者・丸谷元人氏の言動に感動して、本の紹介動画を作ってくれました。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html

927.jpg



丸谷元人氏の「日本の南洋戦略」の紹介動画を作った弊社スタッフの弁。

「『日本の南洋戦略』の序文の部分を動画にしましたが、非常に感動的な内容でした。

トルコが教科書にエルトゥールル号の話を載せているように、日本人のためにつくしてくれたパプアニューギニアの人々の話は、教科書に載せるべきレベルの話だと思います。

 

しかし、エルトゥールル号の話にしても、パプアニューギニアの話に しても、戦前の日本は悪かったという価値観に反するものなので、 今の日本の教科書には載るはずもありませんが… 」

制作者は「永遠の0」くらい感動する内容だといっております。


この紹介動画は5本からなり、うちすでに2本は紹介済みです。では残り3本を紹介いたします。

南太平洋は米中覇権争いの新たな戦場になりつつある─日本の南洋戦略@
http://www.youtube.com/watch?v=GTk0vN1YzOo
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21521518
(↑は7/29当ブログに掲載)


異国の暗い土の下でずっと我々を待っていた戦没将兵─日本の南洋戦略A
http://www.youtube.com/watch?v=DfYxVi3yU8M
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21456714
(↑は7/29当ブログに掲載)


疑義を呈することが許されない「日本=悪」という歴史観─日本の南洋戦略B
http://www.youtube.com/watch?v=GjuDm3nR8w0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21521228 







心優しき現地人は傷ついた日本兵を助けたせいで連合軍に処刑された─日本の南洋戦略C
http://www.youtube.com/watch?v=ko2pWxkD_W8
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21521320 
  
              





中国の進出で日本の安全が南太平洋から静かに、しかし大きく損なわれつつある─日本の南洋戦略D
http://www.youtube.com/watch?v=_r6aJEq6Q9w
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21521518


   


posted by ラクーンドッグ at 15:50 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2013年07月29日

丸谷元人著「日本の南洋戦略」を紹介する動画が出来ました。



中国の魔手が及ぶのは尖閣や沖縄だけではない。日本の死角ともいうべき、日本列島の裏庭%太平洋の親日国家が危ない――と警告する「日本の南洋戦略」。


著者・丸谷元人氏が、なぜこの本を書いたのか明らかにする動画が出来ました。この動画は連続となっているようで、今回はそのうちの2回分です。

南太平洋は米中覇権争いの新たな戦場になりつつある─日本の南洋戦略@
http://www.youtube.com/watch?v=GTk0vN1YzOo


 







異国の暗い土の下でずっと我々を待っていた戦没将兵─日本の南洋戦略A
http://www.youtube.com/watch?v=DfYxVi3yU8M





http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html

927.jpg

posted by ラクーンドッグ at 14:58 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2013年07月16日

「日本の南洋戦略」がチャンネル桜で紹介されました。








丸谷元人氏の「日本の南洋戦略」今月発売されました。早速チャンネル桜でも取り上げられました。

なんと丸谷氏、これでこの番組に6回目の出演だそうです。

南太平洋はこれまでオーストラリアが旧宗主国でした。

しかし、この地域でのオーストラリアの影響力が後退する中、中国の影響が急速に強大になりつつある。

このまま進行すれば間違いなく、南太平洋は完全に中国の傘下に入ってしまうと、丸谷氏は、この書で警告しています。

日本はノンキに構えていますが、この地域には、日本にとっても大切な天然ガスや銅や金など豊富な資源が眠っています。

また、この地域は、地理的にも重要で日本の裏庭≠アこの地域が中国に牛耳られると、日本は挟み撃ちにあい、安全保障上、重大な危機に陥ってしまう。

丸谷氏の本を読んだ方、また読もうと考えている方、ぜひチャンネル桜の動画をご覧ください。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html
927.jpg


posted by ラクーンドッグ at 19:44 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2013年07月04日

新刊「日本の南洋戦略」(丸谷元人)・・・南太平洋の親日国家≠ェ中国の脅威にさらされている衝撃のレポートです。



南太平洋新規 - 1.jpg


いよいよ参院選始公示日。その日を狙ったわけではありませんが、新刊「日本の南洋戦略―南太平洋で始まった新たなる〈戦争〉の行方」が発売になりました。

きのうきょうの新聞にも、中国が日中中間線付近でまた新ガス田の開発を始めたようだ。日本が抗議しても、「中間線を中国が認めたわけではない」と容赦なく開発を進めるかまえだ。

日本が危ないのは尖閣列島など東シナ海だけではない。日本人がハネムーン旅行や海のレジャーぐらいしか関心がない南洋の海が中国の工作でとてつもなく脅威にさらされているというレポートだ。

著者は、「ココダ―遙かなる戦いの道」を書いた丸谷元人氏。オーストラリアの留学経験があり、またパプアニューギニアについて非常に詳しい新進気鋭のジャーナリストである。

この本、は表題の通り、日本の生命線ともいえる南洋に対して、中国が資源を狙い様々な工作が仕掛けられていることを詳述しているが、それだけでなく、彼の身を投じた体験談もなkなか読み応えがある。


丸谷氏のオーストラリアの学生生活、またニューギニアでの事業活動の中で、避けて通れないのが、従軍慰安婦の問題、侵略の問題、西欧諸国とわが国の間にある、いわゆる「歴史認識」の問題。また対オーストラリアでは捕鯨問題。

これらの問題に対して、丸谷氏は、ひるむことなく真っ向から論戦を挑んでいることだ。

韓国における従軍慰安婦の問題は、国際基督教大学教授の西岡力氏の「よくわかる慰安婦問題」(草思社刊)が詳しい。この本を読めば、ほぼ従軍慰安婦の問題がつかめのではないかと個人的には思っている。

韓国がいっていることがいかにもデタラメであるが、この問題に火を付け、さらに大きくしたのは朝日新聞等による誤報だということが西岡氏の書で十分理解できる。

そして、ニューギニア戦でも、従軍慰安婦や人肉を食べたなど日本軍の「悪行」問題がある。これについては「週刊朝日」(1997年10/17)の悪意に充ちた驚天動地のデタラメレポートが原因であることを、丸谷氏は指摘している。

挙げればきりがないが、中韓だけでなくこの南洋問題においても、戦勝国が振りまいた日本=悪のプロパガンダが横行している。正しい「歴史認識」が必要なことを痛感させられる。それを身をもって挑みレポートしているのがこの本だ。

首相だけが野党や中韓諸国から論戦に立ち向かえばいい問題ではない。個人個人が勇気を持って立ち向かわないと、取り返しがつかなくなる。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-927-1.html
927.jpg

posted by ラクーンドッグ at 18:05 | Comment(2) | ・著者−丸谷元人さん

2013年06月05日

尖閣だけじゃない!南太平洋が危ない!!・・・と警鐘をならす気鋭のジャーナリスト丸谷元人氏、チャンネル桜に出演し、7月初め刊行の「日本の南洋戦略」について語る


minaminosima - 1.jpg


「オレのモノはオレのモノ。お前のモノもオレのモノ」・・・


中国の尖閣取りの話はあきれるばかりだが、最近は沖縄も・・・というばかげて話が出てきた。


あるチベットの方がモノの本で言っていたが、中国は本州もそうだとまで言っているそうだ。


なぜなら弥生人は中国人だからそうだ。

最近出てきた尖閣棚上げ論、中国人が言うならまだしも、日本人まで言っている。


棚上げ論に対して石平氏がテレビで言っていた。

安倍さんの腕時計を中国がそれはオレのモノだといって、安倍さんが反論してラチがあかなくなったら、今度はそれを棚上げしようというようなもの。人の腕にあるモノまで欲しいという、とても飲める話ではないが、そういうことを言い出す日本人もけっこういるのは驚きである。

で、前のフリが長くなってしまった。いま日本は尖閣や竹島の危機が目立っているが、それだけでなく思わぬところ、日本の奥座敷・・・南太平洋があぶないというお話。

前回「ココダ」という日本とオーストラリアの戦いについて書いた丸谷元人氏が、このたび五度目となるがチャンネル桜に出演。日本人にはダイビングや新婚旅行先ぐらいにしか考えられていない、南の島に中国の魔の手が伸びているというレポートだ。

これらの島は美しい観光の島だけではない。石油、天然ガス、金、銅、レアメタルの宝庫である。政治、軍事、金、人材、さらには色仕掛けも含め言葉巧みに忍び寄ってくる。

やっかいな敵にどうたちむかうべきか。アメリカ、オーストラリアが懸命にそれを防ごうとしているが、それだけでは対処し切れていない。けして対岸の火事ではない。日本の奥座敷だ。

ここを潜水艦を含め中国の艦船が我が物顔にふるまうようになれば、日本のシーレーンや防衛はどうなるのか、と丸谷氏は警鐘を鳴らしている。
以上のような内容の新刊「日本の南洋戦略」(丸谷元人著)が近々弊社より刊行されることも同番組で紹介された。ご興味ある方は是非↓


http://blog.livedoor.jp/raspi2012/archives/27802389.html








posted by ラクーンドッグ at 17:51 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん

2012年11月28日

「ココダ−遙かなる戦いの道」が読書コミュニティーサイト「本が好き!」で、 「今日日本人が勇気を得る為にもお薦めの一冊! 」と 五つ星で絶賛されました。




枯れ葉.jpg
(秋冬 3・・・家の近くの公園に落ちていた枯れ葉)


こんばんは。ハート出版の日高です。今日からコートを着けて出社しています。

読書コミュニティーサイト「本が好き!」に「ココダ−遙かなる戦いの道−ニューギニア南海支隊・世界最強の抵抗」のレビューが載り始めました。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-907-3.html
ココダ - 1.jpg

この504頁の大作をわずか5日間で読破した「源さん」・・・といえば「大工の源さん」を思い出しますが、自己紹介によると「能登をこよなく愛する好奇心旺盛な50歳のブルーカラーのオヤジ(源さん)」だそうです。

趣味の一つが読書で、本の紹介・書評中心のブログを続けて、1年に大体150冊前後読んでいるそうです。


源さんのブログ: http://unegen.exblog.jp/

源さんは、「WWUの日本の陸戦は硫黄島等の一部の戦いを除き評価されること稀だが、これを読むと圧倒的物量で迫る連合軍に、個々の日本兵は驚異的な力を発揮し奮戦した事が分かる」とし、 「今日日本人が勇気を得る為にもお薦めの一冊! 」と 五つ星をつけ絶賛していただいております。

長文ですが読み応えがあります。まだこの大作読んでいらっしゃらない方はぜひ。丁寧なあらすじもあります↓
http://www.honzuki.jp/user/homepage/no1483/index.html

労作のレビューありがとうございます。


このほか、


レビュアの「デナーダ」さんから


「若い頃に「菊と刀」を読んだ記憶があります。日本の精神論に対して、アメリカの物量だけでなく情報に対する姿勢に妙に納得しました。ところが真実はそれほどではなく、勝者は虚像を創造する。」



また「大雪丸」さんからは


「選挙へ行く前までに読むべし」


といういづれも四つ星の、とても個性的なレビューをいただきました。感謝です。


「本が好き!」の以上3つのレビューはこちらからも読めます↓
http://www.honzuki.jp/book/book/no200833/index.html



posted by ラクーンドッグ at 15:38 | Comment(0) | ・著者−丸谷元人さん