2014年08月30日

「もう、泣きそう、悲しい犬やネコが一匹でも減ることを祈って」・・・ 横浜市のアシーネ金沢八景店で見つけた新刊「いのちの花−ペットの殺処分0を願う女子高生たち」の手書きPOP



アシーネ - 1.jpg


土曜日ですが、出社。


このところ涼しくて快適。


私の部屋の温度も30度を切っている。


これが1,2週間前は連日40度。


クーラーを入れても30以下にさがらない。


南向きで東にも西にも窓がある部屋なので仕方がない。


というか慣れているが、ここ1週間は、すずしくてほんとにありがたい。


気持ちよく、いちだんとゆったり、パソコンで社内掲示板を見る。


弊社は、報・連・相の一環としてサイボウズというグループウエアを長年採用しているがこれが結構楽しいんですよ。


ま、社内用ブログ・ツイッターみたいなモンですかね。



いのちの花2.jpg





で、弊社書店営業スタッフの報告。



昨日、横浜市のアシーネ金沢八景店を訪問した。



児童書コーナーにいくと弊社新刊「いのちの花−ペットの殺処分0を願う女子高生たち」(綾野まさる作 水沢そら画)が目立つところに並べてある。


pop - 2.jpg

手書きのポップもついている。読んでみると、


「もう 泣きそう。


出版社の担当さんが、この本を持ってきた時、


「青森の高校の話なんですが・・・」


と言っていて、内容をよく聞かず、


「あ、私、青森に住んでました」


なんて返事したのですが・・・。


あらすじを聞いていて もう泣きそう。


担当、動物の犬好きです。


イヌもネコもハリネズミも大好きです。


悲しい犬とネコが一匹でも減ることを


祈って」



弊社スタッフは喜んだ顔が浮かびますね。


――まさか、そんないいところに並べてくれているなんて思いもしなかったので感動しました!


弊社スタッフは書店の担当者に感謝の気持ちを伝える。


「広告も出しているので引き続きお願いします。」


と伝えると「頑張ります!」と言ってくれました。


弊社の犬猫本をたくさん並べていただいている。


弊社スタッフは用意してきたカバーや帯をだして、


店の本棚に入っている色あせているカバーや帯を交換。



(なんか富山の配置薬みたいだが・・・)


――帯の在庫が無く、巻いているものと巻いていないものがあり、若干アンバランスですが前よりは良くなりました


動物好きの書店員さんと動物好きの出版社、意気投合、うれしいですね。


ぼくも嬉しくて、もう、泣きそう です。




http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-981-3.html
981.jpg



<あらすじ>
東北の青森。三本木農業高校の女子生徒が主人公。
授業の一環で、あるとき動物愛護センターを訪問した。
そこでは捨てられたペットが殺処分される。
そこまでは女子高生たちは知っていたが、
焼かれて骨になった犬たちは産業廃棄物として捨てられる−。
センターの係員の説明に女子高生たちは驚いた。
「どうして!人間の骨は大切にされるのに、ペットの骨はゴミなの―?!」
優しい乙女たちは考え、悩み、そして立ち上がった。
「無念の思いを美しい花に咲かせたい!」
ペットの骨を譲り受け、煉瓦で砕き、土に混ぜ鉢植えにした。
「命のプロジェクト」と名付け、見事に咲いた鉢植えをいろいろな会場で配布「殺処分ゼロ」を呼びかける。
この思いは全国に広がり、これらの活動が「農業高校の甲子園」で最優秀賞(2013年)を受賞した。


アシーネ金沢八景店 - 2.jpg



posted by ラクーンドッグ at 14:43 | Comment(2) | ・スタッフのこと

2014年08月08日

都市伝説ではない。なんと池袋三丁目にタヌキが出現。弊社社員の目撃情報は本当だった。


nekototanuki - 1.jpg



池袋といえば最近、脱法ハーブ改め危険ドラッグ事件や中国夫婦の銃殺事件と物騒なイメージもあるが、弊社のある池袋も三丁目あたりとなると閑静な住宅街。

 
のどかでもある。

 
ついに狸の親子があらわれた、という目撃情報が飛び込んだ。

 
弊社の編集スタッフの我が社内の電子掲示板によるとこんな書き込みが。

 
「昨夜20:30頃、会社の玄関鍵を閉めて(道路に)降りたら、女性2人の驚く声。

 
(当社の)花壇があるT路交差点を、茶色い猫が猛スピードで逃げていく姿が見えた。
 

追い掛けてたのは黒い猫。I さん宅の塀の前に止まった。

 
と思ったが、よく見ると猫ではない。なんとタヌキだった。

 
人が3人もいるのに、逃げる素振りは全く見せない。

 
『スクープだ!』

 
と思い、これ幸いと携帯のカメラで撮るも、真っ暗闇しか映っていない。

 
ズームで撮り直そうと焦ってモタモタしているうちに、足元を悠々と坂下の方へ歩いていき、今は更地で草ぼうぼうの辺りから姿が消えてしまった。

 
『残念無念・・・』

 
というわけで、

 
先ほどネット検索した。すると、(便利な世の中である)ちゃんと、2、3年前からこの池袋3丁目で目撃情報いっぱいあり、動画も写真も撮影されてアップされているではないか。

 
(へー知らなかった)

 
下のアドレス3本目の写真は明らかに「谷端川緑道」じゃないかな。

 
祥雲寺の周囲に棲息していて、坂下の大ケヤキがある辺りの家に出没してるのかも知れない。

 
何でも「動画アップ」の時代であると実感。


池袋三丁目の狸についてのブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/townguide-ikebukuro/e/d142e7dcfb2c4fc0a707398ecb48ee3b
 





狸と言えば、ぼくも家では古狸と呼ばれて久しいが、所沢の前に住んでいた家の庭にも、狸の親子がよく現れたものだが。


それがなんと、池袋の三丁目にも・・・驚きである。


池袋の街にドラッグや銃はお断りだが・・・ぼくと同族≠セし、狸はしょうがないか?!




posted by ラクーンドッグ at 10:09 | Comment(4) | ・スタッフのこと

2012年05月18日

「星守る犬」を読みました。

星守る犬 - 1.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。

 

「星を守る犬」(村上たかし作=双葉社)の漫画ありがとう。

漫画の構成もおもしろいね。二つの話をうまくつないでいる。



ぼくは先週の日曜日なにげにやっていたTVで観たわけだが、映画のほうの構成もよかったよ。

DVDあったら、みたほうがいいよ。漫画だけでなく、構成を考える上で、映画も参考になるかもよ。


映画も漫画も、素材があって、それを読者の食指がのびるよう、また最後まで読んで貰うように構成されています。

そして最後に著者が言いたい(編集者が言いたい)メッセージを感じられるようになっていました。

 
構成の工夫の大切さを感じます。

 
本は、説教でなく教科書でなくエンターテーメントの要素もありますね。


悪人がでてこない。少しなにかが足りない不器用な人が登場します、おおかたの人間はそうだと思います。

しいていえば悪役は、このマンガではさらりと、小泉改革!?が作った世の中になっていますが・・・

でも全て社会に責任転嫁しているわけではない。

普通のおとうさんが一匹の犬と一緒に行き倒れになるという暗い話からスタートする。


作者の、あまり犬を大切にしなかったという悔恨から話がむすびつき一つの物語として完成する。

今を生きる人たちが心のどこかにかかえている望みや不安、優しさを描いているように思います。

生きることは、お金やものだけでなく、何か大切なものを忘れてませんか・・・

ハッピーという名の天使のような秋田犬・・・

心にしみる物語でした。

 

以上、けさぼくの机の上に一冊の本を置いてくれたわが社のスタッフへ。

 
こういうメール式の構成のブログで本の紹介、わかりにくかったかも?!、スミマセン。


みなさんも機会があったら、ぜひ、本(漫画)かDVDで見てください。


posted by ラクーンドッグ at 15:58 | Comment(0) | ・スタッフのこと

2011年04月06日

ピカピカの1年生−いいですね。

pikapikano.jpg




こんばんは。ハート出版の日高です。

きょうは入学式。当社も二人、子ぼんのうアラフォー男性社員が休暇をとって式に参加しました。


おめでとう!


希望がいっぱい。


いいですね。

春ですな。
ぼくも、ピカピカの一年生を思い出しました。
というか、ツイッターのフェイス、毎月変えているのに4月は忘れていました。
で、こんなんつくってしまいました。

2月はウメでしたので4月はサクラを題材に。


昭和30年頃は、詰め襟じゃなかったけど、小学生も学生服を着ていましたね。

 
posted by ラクーンドッグ at 19:00 | Comment(0) | ・スタッフのこと

2011年02月18日

出張中の若き営業社員から「福島の風は冷たいと」メールあり。



所要を果たして、家までの途中、中華屋さんで食事をしている時(すみません、某社員がドクターストップで食べられない美味しいラーメン食べていました)携帯にメールが入っているのに気づく。

福島、茨城方面に出張中の営業部員からだ。雪もなく、すいすいと書店から書店を回っているそうですが、風がこころなしか冷たいそうです。その理由は・・・。
  あっそうそう、こちらの若き社員も花嫁募集中です。まじめです。

一昨日このブログで紹介の車大好き社員とちがって、電車好き。でも電車男じゃありません。経理の資格もあり、計画性はばっちりの堅実タイプ。こんどの木曜日デートどうでしょう?(またまた同じネタか。社員をネタにブログを書くな!)

posted by ラクーンドッグ at 22:51 | Comment(0) | ・スタッフのこと

2010年06月30日

ハート出版社社長絵日記181−万馬券

I.jpg
 勝利の女神は、迷って迷った末、パラグアイにほほえんだ。よく頑張ったと思う。眠たい目をこすりながら、最後まで見届けました。勝負はつかず引き分け、PK戦はくじ引きのようなモノと思っています。
 
前々回の日韓大会より一歩前進、あとは4年後に取っておきましょう。予選で終わりという大方の予想を裏切って、よくここまで勇気ある闘いを見せ、元気をいただきました。監督、そして青いサムライたち、おつかれさまでした。
 
ブブセラの夏が過ぎると、次にウルサイのは参院選宣伝カーの夏ですかね。サミットで、日の丸が世界に存在感を示すには、小泉さんや、中曽根さんのように首相が長くやっていただかないと無理ですね。あれだけ高支持率でスタートした菅政権も、すでにぐらぐら期待できそうもないですね。
 
存在感を示すと言えば、当社を86歳で完全退職した営業マンIさんが久々ぶりに存在感を示しました。当社の(電子)掲示板に、「お見事」と、Iさんの近況がのっていた。ナヌナヌ・・・?しかし、掲示板の文句は、お見事、その後、「的中」「ワイドだから」と訳の分からないことを書いてある。
 
その下に「2010年3回4日 阪神10レース」という紙切れが添付してある。この掲示板を書き込んだスタッフは、当社の馬好き・・・、あそうかIさんが万馬券≠当てたようだ。ワイドとは「拡大馬連」のこと。100円が5150円に大化けしたようだ。ただ懸けたのは100円のみ。もしこれが1000円とか10000円だったら凄いことになっていた。
 
この馬好きのスタッフ自身はどうだったのか?何も書いていない。おそらく大外れ、それともたかられないように黙っているのかも?(笑い)とまれIさんはいつも明るく、みんなに好かれるおじいさん。グルメであり、みんなにおみやげを買ってくることをわすれなかった。こういう明るい賭博ならいいですよね。
 
Iさんのこと、みんなの心の中に生きています。存在感からこんな話に。Iさんみたいに年を取りたいものです。Iさんいつまでも長生きを。
 
posted by ラクーンドッグ at 18:06 | Comment(2) | ・スタッフのこと

2010年06月22日

ハート出版社長絵日記175−野良猫が残した靴

cC.jpg 
当社の分室にかわいい子猫が数週間前から現れる。どうやら3匹。このベランダでお産したらしい。ときどき親猫がやってきて乳を与えているという。
 
さて、どうしたものか。前回の時を思い出す。やはり子猫をここで産んだ。そのときの親猫は交通事故にあったようで、ある日ベランダで死んでいた。最後の力を振り絞って子猫たちの姿を見定めて息絶えたのではないかという。
 
その猫の亡骸を家で引き取って、息子が裏庭に埋めた。猫の子どもたちは、この絵日記にもときどき登場するわが社の動物博士≠ェ、引き取った。
 
カラダはデカイが頭脳はクリアでコンピューターのことは何でも分かる。しかし小さな動物を見捨てておけない。優しい人である。もう何匹分からないほど野良猫をレスキュー、猫を飼っている。
 
今回は、ベランダの子猫たちをどうしようか?里親を捜さなくっちゃあ、家内も毎日あれこれ気を揉んでいた。一匹はわが家に、と息子は考えていた。ただシーサーというやんちゃな犬がいるからむつかしいなあ、とアタマを悩ましていた。家内は毎週、里親候補を連れてベランダを見学させていた。
 
ところが、どうしたものか。子猫がいなくなって、子どもの靴が残っていたという。なぜ?近所のおばちゃんの話だと、昨日親猫が子猫をくわえて移動しているのを見たと。靴は親猫の気持ちらしい。餌をくれたり、場所をかりたりした、そのお礼だとか。前にもそういうことがあったらしいが・・・。


なんで靴なのか、ほんとうかどうか分からないが、ベランダ見学会などやったので、ここは危ないと察知場所を変えたのか。お世話になりましたと、これはほんの気持ちとお足≠置いていったつもりか。猫のだじゃれか。でも、駄洒落を言ってる場合か、4匹の野良猫家族どこに行ったのか心配である。

posted by ラクーンドッグ at 20:43 | Comment(2) | ・スタッフのこと

2010年06月14日

ハート出版社長絵日記−がんばれ!カメに勝て!

EZ[p.jpg 
 
先週、ヘミシンクでなく経営のセミナーに参加しました。昼食等でいろいろな参加者と雑談するなか、「ハートさん広告出してますね。精神世界の本がおおいですね」とか。いまどきそんなに宣伝出していないんですが、知っている人は知っているんですね。ひょっとしたらヘミシンクに興味があるのかも。
 
週末、家内の知り合いの学生が大阪から上京、わが家に一泊して、今朝、昼からの授業に間に合うよう帰りました。出勤するぼくと、池袋まで電車がいっしょだったので、時間つぶしにアイパッドで盛り上がりました。ぼくが5月末に購入してから2週間が過ぎましたが、この間、電車の中などで2人ぐらいは見たかなあ。これを持っているぼくみたいな見せびらかし人間。まだまだ普及はこれからですかね。
 
大阪の出張から帰ってきた営業スタッフと久しぶり会いました。10日から紀伊国屋梅田本店で、「ヘミシンクCD全点フェア」始まりましたが、商品展示を手伝ったようですが、スペースも「ごっつ」広くかなり目立ち、人気も上々のようです。強行軍で忙しかったようでが、関西地区の現地の当社営業のスタッフ(上品で元気のいい大阪のおばちゃま)から、「ええやん、ええやん」と美味しいたこ焼きの店などに連れていってもらったりとなかなか楽しかったようですなあ。
 
先々週の日曜日だったか、六本木の新国立博物館でやっていた「オルセー美術館展」、そこで見たアンリ・ルソーの「蛇使い」の図、とても印象の残りましたので、気分転換に会社のPCの壁紙にしました。じめじめと梅雨入りですが、気分は南国気分ですね。
 
と、オムニバスに書いてみましたが、きょうは、早よ、帰らんと、カメレオンじゃなかったカメルーン戦じゃきに。サッカーそんな好きじゃないけど見るかなあ、当社の作家ー≠フ先生も見てることだし、やっぱ見るか。
posted by ラクーンドッグ at 20:45 | Comment(7) | ・スタッフのこと

2009年11月11日

ハート出版社長絵日記57−悩み・問題未解決はとにかくエネルギー変換BOXに

GlM[?anw.jpg


本日、事情があってへこんでいる社員がおり、そのお話を聞いたあと、できれば今日中にという仕事をやっていたら、なかなかかたずかない。

わあ−、もうこんな時間に・・・これ以上やると、収集がつかなくなり、またまたネットカフェ難民になりかねない。というわけで、きょうはここらへんで、かってにおしまい。

何か元気の出る絵を描かなくっちゃあ・・・
posted by ラクーンドッグ at 20:30 | Comment(0) | ・スタッフのこと

2009年10月02日

「婚勝アドバイス」紹介動画できました。



それから、当社のアラフォーが編集した前に紹介しました「婚勝アドバイス−離婚相談3800件に見る『ダメ男』47タイプ」(Re婚カウンセラー鈴木あけみ著)の本、当社のウエブにアップしましたので見てください。

この著者の鈴木さん、人気あるんですね。同時に産経新聞社出版局からも「良妻力」という本を出します。そして、それを記念して渋谷の大盛堂さんで出版記念トーク&サイン会が10/10行われます。

婚活に関心ある女性の方はどうぞ。きっとうちのアラフォー(独身男性の編集者)にも会えると思います。オススメです。


福島出身、172p、すばらしい人間です。欠点は落語が大好きだけど、洒落がへた・・・という欠点を探すのが早いくらい長所いっぱいの人間です。

※あらたに「婚勝アドバイス」紹介の動画もできました!見てください→http://www.youtube.com/watch?v=y30FMH9_btA



ヘミシンク。睡眠不足だとダメですね。それに昨晩は家内から、エネルギー変換ボックスに入りきらないほど、ぼくへの要望をのたまわれたので気が滅入ったのかな。婚勝じゃなく婚負けか!(笑)ま、あす、あさっての週末、挽回したいですね。じゃあ Have a fan!
posted by ラクーンドッグ at 00:00 | Comment(0) | ・スタッフのこと