2011年12月22日

こんな顔で、今年ももうすぐおわりですね。

santa.jpg
12月



usagi2011.jpg
1月


oni1.jpg
2月


ohinasama.jpg
3月


pikapikano.jpg
4月


kabuto.jpg
5月





hotaru.jpg
6月


daibinnguadApp.jpg
7月


himawari-1.jpg
8月


dozyou - 1.jpg
9月


kakikueba - 1.jpg
10月


momizi 1.jpg
11月



こんばんは。ハート出版の日高です。

明日から3連休。休み明けも3日目が大掃除・納会となり、弊社は一週間の冬休み、5日が仕事始めとなります。今年1年間の自画像。ツイッターのフェイス用に書いたものですが、並べてみました。

昨年の12月からスタート11月までのものです。

いずれもiPadで無料アプリのお絵描きセットで描いたものです。クレパスで描いたようなタッチでした。

いまはibisPaintというアプリを使って描いています。こちらは有料ですが、確か何百円しかも一度の支払いでOK。ほとんど無料のようなソフトです。まだ機能の半分も使い切れていませんが、あ、こんなことができる、おもしろい、と童心にかえって描いております。

そこで描いた絵をアップロードすると、閲覧された回数でランキングが発表されます。アニメ風の絵が主流で、ボクのような古くさいレトロ風?は少数派です。プロ級腕前のかたがいっぱいです。、我が輩にはとてもとても描けません。さすがクールジャパン。この人たちが世界でモテはやされるアニメ日本を支えているんですかね。

話はそれましたが、今年もこれらのアツクルシイ顔で絵日記を1年を過ごしてきました。おつきあいいただきまして、ありがとうございます。

童話作家の井上夕香先生が、「社長が描くとみんな犬顔≠ナすね」とおっしゃってました。今後は犬を卒業≠オて、猫顔になるかも・・・。社員から誤字を指摘され、恥をかいております。と無駄口をたたいていると、もうすぐ5時≠ィ時間がよろしいようです。


続きを読む
posted by ラクーンドッグ at 16:24 | Comment(0) | ・自分のこと

2011年06月15日

96歳の歯科治療はハードルが高い!?

haisya-1.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。


6月11日土曜日、親父を歯医者に連れていきました。


治療の途中、先生に呼ばれました。


「歯茎が化膿しています。歯を抜けばいいんですが、高齢ですから、うちではできません。設備のある大きな病院の紹介状を書きます」と。


96歳だと、血圧や心電図など、いろいろなデータを見ながらしないとできないそうな。


大学病院のような施設は大変です。長い間待たされちょこっと診察。それから検査・・・。


そう言えば、前もそんなことがあり、「もう、おれは行かん}とやめてしまいました。


ま、しばらく化膿止めを飲んで様子を見ることにします。


年を取っても自分の歯を残しておこうと思いますが、歯があるのも大変なことなんですね。


はあ〜。はあ〜どるがたかい。


posted by ラクーンドッグ at 18:22 | Comment(0) | ・自分のこと

2011年05月10日

遅ればせながら、五月のフェイスにチェンジしました。

kabuto.jpg



こんばんは。ハート出版の日高です。


きょうは編集会議でした。でもいつもと違い早く終わりました。


その理由は・・・???


時間は、短かったけど決まりそうな企画出ました。

 
絵日記を付けるヒマがなく、今日はなし、と思っていましたが。毎月ツイッターのほうで、フェイスを変えていないのに気がつきました。


そんなわけで、今描きました。


5月5日の端午の節句には、新聞紙のカブトをかぶって遊んだのを思い出しました。


そして、手には・・・こちらも遅ればせながら、5月8日のカーネーション。



「かあちゃん、ありがとう」

posted by ラクーンドッグ at 20:16 | Comment(0) | ・自分のこと

2011年03月30日

「日高康志 洋画展〜うつろいゆく時の中で〜」が大丸東京店で4月6日〜12日まで開かれます。

yasusi1.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。


ぼくの弟の嫁さんからハガキが来ました。


「地震は大丈夫でしたか。宮城の実家はいちおう、皆元気でした。後片付けや、余震が大変です」と。

弟夫婦はともに画家です。ハガキには、ご覧のような個展の案内がありました。

この場をかりて、ちょっとご紹介させていただきます。

弟は、二紀会の故宮永武彦画伯に師事、15年間内弟子をやっていました。宮永氏同様、洋装の女性を描いた、いわゆる美人画が特徴です。

新作を中心に25点展示されるそうです。

大丸東京店 10階美術画廊。 本人来場美日は9日、10日だそうです。


ぼくも絵がうまかったら、画家をやっていたかも。ヘタなので版元をやっています。時々、こうしてこのブログに落書きし、ハジを描いています。

弟は、ときどき当社の童話の挿絵なども描いてもらっています。
春日部で絵画教室も開いていますのでお近くの方はどうぞ

http://hidaka556.exblog.jp/

http://www.k2.dion.ne.jp/~a-kokoro/


東京駅に出かけることがありましたら、ぜひのぞいてみたください。

ぼくの紹介ですと言えば、「あ、そうですか」というぐらいで、負けてはくれないと思いますが・・・。
posted by ラクーンドッグ at 18:38 | Comment(0) | ・自分のこと

2011年02月24日

歯医者さんにいきました。

haa-to.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。

火曜日と水曜日と2日続けて、ブログお休みしました。火曜日は当社のミニ文庫企画会議が長引きました。水曜日は、前歯の一部がかけて、急きょ歯医者さんに行ったりなどと時間を取られ、きょうはやっと書けます。
歯医者さんのソファーで待っているとき、目の前の観葉植物を描いてみました。歯医者さんだけあって、は(葉)がおおいなあ・・・。3つの鉢とも葉ものでした。

その一つがポトス、よく考えるとハート型の葉っぱをしているし、そうか、ハートとはハ・アート。葉の芸術なのか、と、親父ギャグを思いついたところで、「日高さん」とよばれました。お時間がよろしいようで。


posted by ラクーンドッグ at 21:53 | Comment(0) | ・自分のこと

2010年12月27日

来年はよい年でありますように


Xmas.jpg








お元気ですか?ハート出版社長の日高です。いよいよ本日で通常業務終了。明日はスス払い(?それはまったくやりませんが、ちょこちょこっと)大そうじ、いよいよ仕事納め。


いちおう今年最後のご挨拶。今年も大変お世話になりました。25日、お陰様で62才の誕生日を迎えました。26日は息子の誕生日ですが、いつものことながらどこか過ごしたようです。


したがって、クリスマスのようなムードも、ケーキもなく普通の夜を過ごしました。で、きょうの絵は昼間の喫茶店で、壁に向かってコーヒーを飲んでいる人たちですが、バックを黒くしたらジングルベルが聞こえてきそうな夜景になりました(笑い)。


休み中、iPadでもすこしまともな絵が描けるよ稽古しておきます。

来年も、よかったら、このロートル社長の、ノンキで、いい加減なブログにお付き合いください。


では、みなさま、来年はますます健康で、よき年でありますように――。

仕事始めは5日です


今年大晦日、NHK紅白で、クミコさんが「INORI−いのり−」を歌います。これだけは、ぜひ見なくっちゃ。お忘れなく――



※   ※   ※ 



あ、それから、SEが、いつでも当社の動画が見れるように、右側下方の欄に、ムービーコーナーをつくってくれました。時間ある時にぜひご覧ください。

posted by ラクーンドッグ at 18:27 | Comment(4) | ・自分のこと

2010年11月22日

ハート出版社長絵日記264−学ぶ意欲を妨げるもの?!

「おはよう」気持ちのいい挨拶で一日が始ま.jpg

こんばんわ。ハート出版社長の日高裕明です。本日は、土日見たTVの話題です。


最初に挨拶と自己紹介まだ忘れず、まだつづいています。毎朝、シーサーとの散歩中に、同じく犬と散歩中の方や、ウォーキング中の人とすれ違います。初対面でも大きい声で挨拶する人、よく会うのに、声も出さず、ニコリともしないで、ほんのちょっとだけ「ん」といったかどうかわからない人。

きっと、一生懸命リハビリ中≠ニいった事情があるのかもしれない。と、思い直して雑木林に目をやると、紅葉した木の葉にうっとりします。森林浴は気持ちいいですよ。

「たけしの新教育白書」を見た。学ぶというのがテーマで、ノーベル賞受賞の鈴木章氏、学べるニュースのあの人等も登場、面白かったので、つい最後まで見てしまった。苦手科目ができてしまうのは、どうも親や先生が、すぐ助け船を出すなど子どもにサービス過剰となり、それが子どもの学ぼうと意欲をさまたげるかららしい。

無試験先着順ながら卒業生の8割以上を首都圏難関中学に合格させるという超人気の「宮本算数教室」宮本哲也氏の授業風景が照会された。先生はドリルを配って、始め、合格、ボツ、終わり・・・タダそれだけの声しかださない。ぜんぜん手助けしない。

でも、みんな一生懸命数字を埋めるだけのドリルに熱心に取り組んでいる。子どもたちはこれでみんな算数が好きになるという。なるほどわかるような気がする。ぼくも、こんな授業を受けていれば。もうすこし賢くなったのに・・・。ああ、残念。

「龍馬伝」も大詰め。昨夜のテレビは大政奉還が成就した。となると、次のテレビが最終回、龍馬暗殺ということか?1年を通して見た。1回だけ龍馬の新婚旅行だけ見落とした。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を歳がばれるが40年ぐらい前に読んだ。わるくはないが「いい男過ぎる」甘いマスクの福山龍馬は、ちょっとぼくの中の龍馬とイメージが違うし、その他ドラマ風に脚色され、とまどうところも多い。でも、大河ドラマをこんなに続けてみたのは久しぶり。ぼくは流行の歴女≠ネらぬ歴ジジィ次は年末放映の「坂の上の雲」も楽しみだ。

余談だが、「社長、バシャールの本出すんですか。絵日記見ましたよ。なつかしいですね。昔、講演会にも聴きに行ったことがありますよう〜。ぼく買います!」という電話。その声は、意外にも長いおつきあいの自動車販売会社の店長さんだ。そういわれると、相手は名うての営業マン。代わりに一台、馬車ールならぬ車をすすめられることになりそうだ。やばい!
posted by ラクーンドッグ at 17:57 | Comment(10) | ・自分のこと

2010年08月24日

ハート出版社長絵日記213−あるワカモノ

obNgDgDUt[`[.jpg 

「絵日記書く時間があったら、散髪してきて」と、最近家内に言われています。 「バック・トゥ・ザ・フューチャーの博士みたいよ」とか。
 
確かに、朝出かけるときはちょっと整髪して出てくるんですが、お昼とか出かけて、風がちょっとあると、まさにあのいかれた博士のようにバクハツしてしまいます。散髪に行くべきですかねえ。
 
散髪屋さんといえば、美容師さんも同様ですが、世間話がうまいんですねえ。けして気分が悪くなることは言いません。友達の中で、彼ら/彼女らの顔を思い浮かべると、みんなそうですね。専門学校で接客の特別な訓練を受けているから?
 
そういう性格の人がそういう業種を選ぶのでしょうか?うらやましいですねえ。そう言う性格。ぼくの姪にも美容師のタマゴがいますが、確かにおしゃべりがすきですね。肩のこらない話を連発します。
 
最近、朝の出勤時、駅まで歩いていると凄い勢いで若者に追い越されます。あるときその若者が立ち止まり「○○くんのお父さんでしょう、ぼくですよ」とぼくに声をかけてきたた。よく見ると、息子の同級生だ。聞くところによると、仲間と共同経営で美容室を開いているようだ。そう言えばおしゃれなヘアスタイルで服装も決まっている。
 
小学生のころは少年野球のエース、中学は足が速くて陸上部の選手。推薦入学で陸上の強い高校に入った。その後どうしたかなあ、と思っていたら、立派な美容師さんになっていた。ぼくより遅く家を出て、ぼくを追い抜いて駅についている。またそこでも世間話。
 
なかなかぼくのような年寄りのオッさんなどに、若いモンが積極的に話しかけないものだが、やはり職業柄だろうか、時折、彼とのおしゃべりで、1日が楽しくなる。

posted by ラクーンドッグ at 20:34 | Comment(0) | ・自分のこと

2010年08月02日

ハート出版社長絵日記201−夏の苦い思い出

?.jpg
 
毎朝一汗、一匹だけ残ったやんちゃなシーサーと散歩するのが日課です。そして、最近の楽しみは森の中の散歩を終えて、わが家の裏木戸にたどり着いたとき。森と木戸の周辺に生えているみょうがを見つけることです
 
このみょうが、22年前この地に引っ越したとき、長野の義父が庭に植えたらともってきてくれたものです。このほかジャガイモの種芋もいただきましたが、土地の養生が悪いのか、収穫は種芋の数より少なくなっていました。なまけもんですから百姓は苦手ですね。
 
しかし、このみょうがだけは何の手入れもしませんが、、毎年忘れずに新芽を出してくれます。雑草のように強い植物です。みょうがの味は、子どもは嫌がります。ぼくも最初はとても苦手でしたが、今はソーメンなどの薬味として夏はかかせませんね。
 
ふっくらとした、みょうがです。みればみるほどいい形。しかし、雑草の中見つけるのは大変です。だが、白い花を見つけるのは簡単。本当は花が咲く前の方が美味しいといいます。花に養分を採られるんですかね。白い花を目印に手を伸ばし、引き抜きます。たまに気をつけないと、地バチにさされたことがありました。
 
ま、毎日、2.3個採ってきて冷や奴の上にのせたりして、いただいております。あの特有の苦みを噛みしめるとき、義父のことを思い出します。竹を割ったような、男気の強い義父でした。なにも恩返ししてやれなかったなあ・・・。
 
(ヘミシンクをやっていたせいか)ある時、夢の中で、日当たりのいい庭で、友達と二人、長いすに座ってこちらをみて微笑んでいました。もう少し上達して、まるの日さんたちのように、お話ができるといいんですがねえ。
 
今日は朝、ウエーブXフリーフローやりましたが、なにも異状なし。一日も早い脱ヘボシンクが望まれております。みょうがからふとこんなお話に。ほろ苦い夏の思い出でした。
posted by ラクーンドッグ at 18:09 | Comment(4) | ・自分のこと

2010年01月14日

ハート出版社長絵日記90−ゴールド免許証

CP.jpg
 
今朝、運転免許の更新に行ってきました。


運転歴約30年、はじめてゴールドをいただきました。


いただいた運転免許証の写真にびっくり!


歳をとったなあ・・・
人相悪いなあ・・・


どうしてなんですかね。元も悪いのは承知しているんですが、こんなに酷いとは!

 

三年前の免許証もイヤだったが、今回もらったものと比べると、まだずいぶんマシに見えてしまう。
もっとよく写るようにしてほしいですね。ゴールドとっったら、見せびらかしたりしたくなるような写真にしてほしいですね?


今は携帯のカメラでも「笑顔」というボタンを押すと表情が良くなるようにできているのに・・・

 
いつも鏡で見ている顔(自分が認識している自分の顔)と、免許証の写真こんなにちがうものか?


自分で自分の顔は、それなりに、まんざらでもないように都合よく見ているのかも。
そうでないと生きていけませんよねえ。
これも人間の知覚の特性か。

 
 
ゴールドの 免許証写真 髪シルバー
 


と、ジギャク川柳を一つ。


ま、無事無違反でゴールドをいただいたわけですから、おおいに喜ばなくっちゃいいけませんよね。

今日の絵日記は夢のゴールド・ライセンスを描いてみました。
posted by ラクーンドッグ at 18:19 | Comment(0) | ・自分のこと