2010年11月11日

ハート出版社長絵日記258−天晴れ!海猿

海保職員、天晴れ!.jpg


月曜日、参加した「WEBマーケティング」(講師 中小企業診断士 竹内幸次)で学んだことを、ちょっとづつ試してみようと思うがなかなかうまくいかないですね。やっと一つ、このブログにQRコードを付けることが出来た。右下を見てください。

出来てしまうと、わりと簡単でした。これは超便利です。http://qr.quel.jp/にアクセスすれば、簡単につくれ、パソコンに保存できまる。それを、このブログに貼り付けるのは、ちょっと、当社のSE(別称・ネコ博士)に聴きましたが。ただこれをメールで送ったりするのは、簡単、便利です。

QRコードは無料でつくれるんですね。今までは、頭のいい若い社員にお願いしていましたが、これから自力でつくれるようになりました。よかったです。老骨≠ネがらアッパレ!・・・というと、プロ野球(元日ハム)の、あの大沢監督を思い出します。


ビデオ流出事件で、仙石さんや菅さんはおかしいですよねえ。国民の知る権利に応えようとした勇気ある海保職員に、なんとか重い刑を架そうとしてますが、本末転倒もいいところだと思います。

公務員として守秘義務はあると思いますが、こんなに国民のためにあることをやってくれたんですから、これはもう、大沢監督じゃないが、アッパレ!どころの騒ぎじゃないと思います。
ついで、酷いことをやった中国政府、中国漁船、それにこの大犯罪にフタをした仙石さん、菅さんにはカツ!を上げたいと思います。
あ、またまたビジネスブログのマナー≠越えそうです。じゃ、ここら辺で終わり!
posted by ラクーンドッグ at 20:01 | Comment(1) | ・内外政治のお勉強

2010年10月26日

ハート出版社長絵日記249−センカクモグラがあSOS!?

センカクモグラ.jpg


尖閣問題、中国のやり方に、日本中が太平の眠りから目が覚めつつあるのに、菅−仙石政権は、いまだ眠りこけている。

中国の態度に激怒した大阪の橋下知事につづいて、こんどは、東京の石原都知事がTV番組でこんなことを言っていた。

数人から聞いた話らしい。聞き伝えだが・・・と前置きし、衝突事件の際、海上保安庁の巡視船乗組員がなにかの弾みで海に転落した。その際、中国側の乗組員が、銛(モリ)で突いていたという。

石原氏は、マグロじゃあるまいし、そんなウワサが広まるのは両国にとってよいことではない、早くビデオを公開すべきだと主張していた。

ありえない話ではない。前に書いたが、韓国でも中国漁船の国境侵犯を頻繁に摘発している。そのビデオでも、臨検のため中国漁船に乗り込もうとする韓国側の警備員を棒で激しく叩いていた。
尖閣諸島には、日本政府の「政治的配慮」で人は住んでいないが、「センカクモグラ」とい絶滅危惧種のモグラが住んでいるそうな、これをアルピニストの野口建さんらが、上陸して調査をすべきだと訴えている。

尖閣には、モグラを始め11の固有種が生息しているらしい。ところが大繁殖した山羊が食物を食べあらし、モグラに必要な栄養分が土壌から失われつつあるそうな。ぜひ、政府は許可を出してもらいたいものだ。

また全国の地方議会でも、日本政府に、ビデオを公開し、毅然たる態度を取るべきだという決議が相次いでいる。先週末でにすでに40議会以上で議決されているという報道を見た。

ビートたけしも言っていた。TV番組で尖閣事件に関して「だから中国になめられるんだ」としつこくギャグ?を連発していたら、番組終了後、電話が殺到、たけしさんはまたまた抗議の電話かと思ったら「よく言ってくれた」というエールばかりだったという。

国民の声を無視しているのは誰だろう。いま日本中に菅、仙石氏ラインの「中国寄り」の「政治配慮」に、ノーの声が盛り上がっている。

posted by ラクーンドッグ at 19:29 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2010年10月22日

ハート出版社長絵日記247−よく言った橋下はん!

橋下知事.jpg


昨日の子猫フーの写真いかがでしたか?このブログのメンテナンスで、ちょっと設定の方法が変わり、かなりとまどいました。お陰で、幅を調整したため、ちょっと縦長、スリムな猫になりました。育ち盛りで、運動量が多いせいか、実際にもスリムですが。

この猫の生写真のせいか、中国問題のせいか、なにかわかりませんが、昨日、普段よりアクセスが増えていました。で、またその続き。日本の首脳陣の中国への態度がおかしい、または間違っていることがはっきりしました。

昨日、TVのニュースを見ていると、大阪の橋下知事が、中国が、上海万博の招待を突如中止してきたことに激怒、「これで中国への信頼度はマイナス2万点」と述べる。(この方も、そういえば行列が出来る法律事務所≠フ弁護士だった)すると、中国はまずい≠ニ思ったのか、態度急変「手違い」でしたと言ってきたそうな。

もう一つ。これは韓国の話だが、韓国は李政権になってから態度がはっきりしてきた。中国の漁船が国境を越えて、闇夜や、雨天にまみれて国境侵犯してくるが、徹底的に摘発、捕まえた船員は1000万円で保釈している。このビデオが昨夜TBSのニュースで独占公開された。

正々堂々、はっきり抗議する。摘発すれば、中国はなすすべがないのではないか。態度が甘いので図に乗ってくる。「中国寄り」の菅-仙石政権、この二人で日本が機能不全に陥っているのでは・・・。谷垣自民党総裁はいった。菅さんがひ弱なので、仙石さんが牛若丸の前に立ちはだかる弁慶役を演じているそうな。そうか、官房長官とは菅防長官といった冗談を言っている場合ではないが・・・。

昨夜、久しぶりにオーストラリア人の友人にあった。前に2050年の中国戦略地図を見せたとき、日本が東海省、日本自治区に色分けされるのは気の毒だが、オーストラリアは大丈夫といっていたが、その後、オーストラリアまで入った中国戦略地図を発見↓。

http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1G1GGLQ_JAJP264&q=2050%E5%B9%B4%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%9C%B0%E5%9B%B3&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1023&bih=1054

それによると、オーストラリアもりっぱな£国の「特別行政区」になっていた。そのことを彼に指摘すると、確かに将来はそうなる可能性もありうるといっていた。政府が発行する債券、国債のたぐいだと思うが、「ガバメントボンド≠ェ中国に買われているから」という。

彼は言う。「メイドインジャパンのイメージはとてもすばらしい。トヨタもホンダも、またパナソニックもソニーも、日本の企業イメージは非常に信頼性がある。みんな中国から引き揚げて来てメイドインジャパンをつくって欲しい。同じトヨタでもメイドインチャイナよりメイドインジャパンがいいよ

彼は続ける。「カミさん(日本人)と一緒にスーパーに行くが、カミさんは商品の裏側を必ずチェック。中国産は絶対買わない」と。ぼくも同じだ、と一緒に笑った。巨大だが矛盾がいっぱいの隣国、人はそれをチャイナリスクというが、どんな世界戦略を持っていようが、怯える必要はない。しっかり、ちゃんとした外交をやって欲しいものだ。寄らば大樹の陰のような態度が日本をどんどんダメにする。


posted by ラクーンドッグ at 17:51 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2010年10月21日

ハート出版社長絵日記246−センゴクノー!?

フー写真24bit.jpg

(昨日、ブログにアップしようとしたら、メンテナンス中で出来なかった。以下は、昨日書いたものです。)


当社の猫大好き人間が、わが家のフーを写真で取った。ぜひブログに載せてくださいと言うので、今回ヘタな絵をやめて、絵日記を書き始めて、はじめてですが写真にしました。子猫の動きが速いのでぼけていますが・・・。

とても人なつこくて、かわいいんですが、早くもわが家は壁は傷だらけ、わが手や背中にもひっかき傷が・・・。小天使、時には小悪魔といった存在ですね。一番心配だった、ひとりのこされた老犬シーサーとも相性がいいようです。ホットしました。
シーサーといえば、オジサン犬トラと血みどろの決闘をくり返していたものですが、このフーには、ほっぺたを猫パンチされても、ニコニコ付いていく変わりようです。シーサーは年を取りすぎたせい?か、犬格円満になり、ぜんぜん怒らなくなりましたし、かわいい相棒が出来たようで、(今年の4月2日母親チロの死以来)ひとりでいたときよりうれしそうです。
犬と猫にはいいですが、朝晩、家の中で運動会,ぼくはあまりやりませんが、掃除する人は大変ですよ。まったく。フーッ。


※  ※   ※ 


「特攻」ようやく4刷りが出来てきた。にもかかわらず書店の品切れ状態がたいして解消していない。読者の皆様には本当にご迷惑を書けています。

ある読者は、新聞で知って是非買いたいと書店にいったが品切れ、取り寄せをお願いしたが、入手できたのは10月の半ば。4ヵ月かかったとかある方のブログに書かれていたようですが、初版が出て3ヵ月目なのでそんなにかかっていないと思いますが、待つ身はつらいということ。まことにもうしわけない。

増刷が出来たのが昨日(19日)で在庫もまだありますが、本日(20日)5刷り目を決めました。10月29日出来です。

「特攻」↓
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-651-5.html

命がけで我が国のために戦った若き彼らのことを考えると、今の日本はこれでいいのか、と思ってしまいます。
※  ※   ※


新聞で政府の発言を聞いて驚いてしまった。

あの24時間マラソン?や行列の出来る法律事務所で有名な自民党の丸山和也参院議員が、仙石官房長官に電話したそうな。中国漁船衝突事件について、丸山氏が起訴見送りしたら「近い将来、日本は中国の属国化してしまうじゃないか」というと、仙石氏は、日本の「属国化は今に始まったことじゃないよ」開き直ったそうな。

トンデモない見識の人物が国家の中枢にいる。逮捕した船長はすぐ返すわ、謝罪も賠償も求めない、証拠ビデオも公開しない。菅総理は「戦略的互恵関係のため」と、わかったようなわからないようなことを繰り返すばかり。やっていることは表面的、その場しのぎの「政治的配慮」ばかり。

大挙して国会議員を連れ中国詣りし、記念写真を撮ったり、中国の要人のため、まったく異例のスケジュール変更を宮内庁に迫ったり・・・今の政権は冒頭から「政治的配慮」が目立つ。一体どうなっているのか。

仙石氏は学生運動の闘士だったようだ。あのころ街を歩くとヘルメットをかぶった学生が鉄パイプを持って集団で行動。機動隊とぶつかると火焔ビンを投げる。すると機動隊は催涙弾で応戦。催涙ガスで目を開けておれないそんな光景に出くわしたものだ。70年代のころ。
ハンドマイクを持ってがなりたてる。「米帝・日帝打倒」「安保反対」「造反有理」「批林批孔」といった言葉が浮かんでくる。そういえば毛沢東の「毛語録」なるものも流行っていた。

彼らは学生時代は、「文化大革命」よろしく大学教授をつるし上げたり、火焔ビン闘争をやったが、卒業すると大半はロン毛を短く切り、普通のサラリーマンとして、高度成長期の日本を支えてきた。

今の無気力な若者よりいいじゃないかという意見もあるが、その一部は過激な闘争を発展させ、あさま山荘事件、赤軍リンチ殺人、ハイジャックよど号事件、テルアビブ空港乱射事件などなど数え切れないほどの陰惨な事件を引き起こしてきた。

また大学卒業後、国鉄や教員、公務員などになり、激しい組合運動を展開してきたものもいる。そういう中から政治家に転身したものもいる。どうやら仙石氏もそういった連中とにたよったりということか?中国に気兼ねする発言ばかり、「柳腰」とかなんとかうそぶいているが、もともと毛派の運動をやって来た手先?
 

ひょっとしたら「仕訳」は文化大革命流人民裁判?「中国寄り」は筋金入り・本望(毛)ということになる。こんなことを許していると、なにも言えない国になってしまう。言論ばかりか完全に政治的社会的自由も失ってしまう「チベット」や「ウイグル」「内モンゴル」のような状態になってしまわないか。
せんごく昔イエスとかいう人がいたが(まったく関係ないが)、こちらは仙石ノーですな。
posted by ラクーンドッグ at 18:03 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2010年10月19日

ハート出版社長絵日記245♪よさこい よさこい!?

C.jpg 
 
ようやく、自分の風邪が治ったと思ったら、今度は家内が風邪に・・・。また当社営業マンも風邪で本日お休み。あすから北海道出張なので、大事を取って休養を取った模様です。いやあ、申し訳ないですなあ。
 
わが家で元気なのは猫のフー(いつの間にかこんななまえが付いたようです)。家に帰ってくると、大喜びと、柱をトトトトあっという間に天井に。「ワタチはこんなに上れるよ」自慢げな目でぼくを見下します。
 
あ、そうそうもう1人元気な人がいます。わがオヤジです。今年96歳。近くに姉と住んでいますが、「今日は風邪でいけない」というと、「俺は風邪を引かない。風邪を引きたいぐらいだあ」という。確かに風邪を引いたのを最近見たことがない。その間、こちらは年に1回はひいているなあ。
 
「じゃあ、うつしてあげようか」というと「そげんしてまで、もらわんでいいけども・・・」と笑う。ぼけているようでぼけていない。ぼけていないと思うと「(機嫌が悪いときか)おたくさんはどちらさんですか」と姉に言うそうな。どうもトボケているふしがあるが・・・。ぼくにはいまだ言われたことがない。
 
最近、住民票があっても存在しない高齢者がいるそうだが、何年ぶりか民生委員さんがたずねてきたそうな。たまたま姉が留守で、本人が出たという。姉がいて、昼寝中で玄関先まで出てこないと怪しまれることになるわけだが、よかったですね。
 
※   ※   ※
 
と、またしてもとりとめのないことを書きました。で、本日のお知らせを一つ、先日紹介した新刊「アレルギーは自分で治す!健康レシピ」は以下をクリック。当社サイトにアップできたようです。今週末から書店に並び始めます。笑っちゃうけど役に立ちます。↓
 
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-676-8.html
 


※   ※   ※

 
で、これはおまけ。昨日のブログで龍馬伝、いろは丸事件の戯れ歌(よさこい節)の尖閣中国漁船衝突事件編をつくってみました。かの有名な土佐の高知の播磨屋橋で坊さんかんざし買うをみた よさこいよさこい にあわせてください。
 

♪シナの東の日本の海で
漁船に扮してなにをする 

よさこいよさこい
サカナ取らずに国をとる

 
でも、やっぱり、いろは丸で歌われたよさこい節↓の方がうまいなあ。


♪船を沈めた その償いは

金をとらずに 国をとる  
 よさこいよさこい 
国をとったらみかん食う
 
 
 
posted by ラクーンドッグ at 20:00 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2010年10月18日

ハート出版社長絵日記244−尖閣衝突事件と「いろは丸」

tAnEEE.jpg 
 
昨晩「龍馬伝」を見て考えた。
 
海援隊の事業のため、大洲藩からから借りた虎の子の蒸気船いろは丸を紀州藩の蒸気船に追突され沈没、大損害を受け大ピンチに陥るが、懸命の交渉で、賠償金を勝ちとった。しかも、それは徳川藩御三家を打ち負かしたことになり、出遅れた勤皇藩の中で土佐藩の存在感を増すことにつながる。
 
このために龍馬は「万国公法」という国際ルールを持ち出す。御三家という名にひるむことなく、この大ピンチを大政奉還を成し遂げるための大チャンスととらえた。また世論を盛り上げるため相手を暗に批判する「よさこい節」を流行らせる。
 
はたと思った。尖閣列島の漁船衝突事件。わが国の領海で、意図的に衝突事件を起こされ、証拠となるビデオも公開せず、抗議の一つもせず、あげくは船長を釈放してしまう。
 
一方、中国の方は、日本大使を何度も呼びつけ抗議、対抗措置としてはフジタ社員を逮捕、対日輸出制限、さらには最近では商店を壊すなど反日デモも行っている(チベット人や劉氏ら民主化のデモは弾圧されるが反日デモは許される)。
 
日本の立場は、ひたすら穏便に、「中国さん大人の対応を」と政治的配慮ばかりに終始、一方、中国は意図的に中国の漁船を送りこみ衝突、船長を返しても賠償と謝罪を求め、一歩の引かぬふるまい。中国の狙いは、尖閣どころか日本を属国化≠オようという政治的意図が見え隠れしている。
 
一方は政治的意図(国家戦略)があり、一方は政治的配慮ばかり、国家戦略なし。外国人参政権の法制化、朝鮮学校授業料無料化などといっていることをみると、今の政治中枢にひょっとしたら日本を大中華帝国≠フ一省≠ノしようという戦略があるのかも。
 
龍馬の次なるドラマは「船中八策」。単に幕府を倒すだけでなく、大政奉還後の日本をどうするのか構想を持っていた。そろそろ長期展望持った政治家出てこないと日本は危ういなあ。


その頃の落首
太平の眠りをさます上喜撰(蒸気船)たった四はい(四隻)で夜もねむれず

 

そして今日、こんなのをつくってみた。
太平の眠りの中の眠主の国 紹興秘酒(証拠ビデオ秘守)で 眠り深まる?

 
やはり当時の庶民のほうが駄洒落もうまいなあ・・・。
posted by ラクーンドッグ at 18:58 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2009年08月31日

社長の絵日記15−ぼくは蕎麦屋で考えた

?lI.jpg 

 昨夜、政界は大嵐。
 きょう東京は台風。 
 朝から大雨、気温が低い。
 こういうときは余り濡れないで行ける近くの蕎麦屋で昼食。

 先客が女性客2名、鍋焼きうどんと温かい蕎麦を注文。
 肌寒い、たまには鍋焼きうどんにしようかと、迷いに迷ったが、結局、温かいきつねそばに。
 浮気せずなんとか蕎麦に踏みとどまった。

 あとから入ってきた老夫婦、同じように迷っている。
 「天ぷらと・・・」と言いかけたが、鍋焼き2つになった。
 人間の心理とは不思議なもので。
 店にはいるまでは違うものを注文しようと考えているが、入店して、先客が頼んだカレーのいい匂いがしていると、こっちもカレー南蛮にしてしまう。

 政界は民主党が圧勝。
 わが社の近くの蕎麦屋では、たちまち鍋焼きの圧勝になった。
 民主党のマニフェストは選挙に勝つためのばらまきとは思っても、あまりに自民のやることが情けない。自民さんはしっかり出直ししてよと、民主民主という大きな流れにのって民主にくらがえした人も多いだろう。
 
 しかし、マニフェストもそば屋のお品書きとあんまり変わらないかも。
 胸先三寸で、どちらにでも転ぶ。
 自民党も民主党も見た目、たいした差はないように感じてしまう。
 詳細に見ると違うのだが、小選挙区制の恐ろしいほどの醍醐味を感じる一夜だった。
 
 蕎麦党のぼくは、何の義理もないが、やっぱり蕎麦を選択してしまった。
 タヌキがきつねそばとは、ますますおかしな日記ではあるが・・・。
 駄洒落句2つ


 アソノヤマ ジバクシツギハ ハトノヤマ

 行く夏や ミンミンミンは 天の声?
posted by ラクーンドッグ at 16:55 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強