2010年11月30日

ハート出版社長絵日記269−夢駆さん大活躍!

スピリチュアルテレビ出演の夢駆さん.jpg

こんばんわハート出版の日高裕明です。本日はアマゾンで好調の本の話題。

最近、アマゾンで当社比、上位にランキングされている本に、とみなが夢駆(ムンク)さんの「体外離脱するサラリーマン」↓があります。某大手出版社の編集者なんですが、ヘミシンク普及に大変活躍されています。

「体外離脱するサラリーマン」↓
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-666-9.html

サンマーク出版さんから「あの世界に聞いた、この世の仕組み」という本も出している、人気ブローガー雲黒斉さんとのコラボとかで静かに話題を呼んでいるようです。この方の名前ちょっとよびにくいですよねえ。会議で、若い社員には抵抗内容ですが、オジサンにはちょっと、全部名前まで呼ばないでウンさんは、というのがやっとですが・・・。ひょっとしたら、その弟で、漆黒斉という人もいるんですかねえ。
すみません、話がずれました。とにかくお陰様で、夢駆さんの本売れています。その夢駆さんのブログに行ったときスピリチュアルテレビに出演されたことが書いてありましたので、ちょっとのぞきました。顔がバレてしまうので、どうするんだろうと、思いながら・・・
大丈夫でした。ごらんのような得体の知れない格好で登場していました。本も紹介していただいて有難うございます。ついで、そこで紹介されていた講演会(トークショー?)を紹介します。夢駆さん、なかなかイケメンですよ。ぜひ会いに行ってみてください。話を聞いていると、難しそうな「体外離脱」が明日にでもできそうな感じになります。わかりやすいお話です。

◆名古屋 12/18(土)13時〜
 連絡先→hemi.nagoya@gmail.com

◆仙台 1/9(日)14:30〜
 連絡→rubin.sendai@gmail.com

◆青森・八戸 2/11(金・祝)
 連絡先などちょっとわからないので、夢駆さんのブログでチェックしてみてくだい。わが社の編集長が雲さんの本を読んでこれは面白い、ウンウンとうなっていましたよ。

体外離脱サラリーマン・とみなが夢駆のヘミシンク体験日記↓
http://ameblo.jp/femiohji/entry-10720939119.html

※  ※  ※

「対外離脱するサラリーマン」とならんで、最近、アマゾンで上位に顔を出すのが、先日紹介しました「Dearこげんた」です。すごいロングランの本です。そのこげんたをよんだ読者(福岡県 女性 38歳)からこんなお便りがきていました。
 
「昔から知っていた事件でしたが、猫好きの自分は、詳しく知ることが怖くて避けていました。しかし、(著者の)mimi様のホームページにたどりついて、勇気を出して事実を知り、読み、大変感動しました。

何も出来ないと思いこむのではなく、一人ひとりが「何かしたい」と思わせられ、大きな結果を生み出した歩みを、この本で感じ、涙が止まらず、私も募金や署名、小さなことから始めるようになりました。

mimiさんとスタッフのみな様、そして、こげんたちゃんを愛する人々の想いに胸打たれる一冊でした。すばらしかったです」

「Dearこげんた」↓
http://www.810.co.jp/book/ISBN4-89295-459-4.html


◆関連記事 右の検索ボックスに 夢駆 または こげんた をいれてクリック!

posted by ラクーンドッグ at 19:23 | Comment(2) | ・著者ー富永夢駆さん

2010年10月15日

ハート出版社長絵日記243−サラリーマンも大変だ

T[}?.jpg 
 
昼休み、某社の営業マンがやってきた。開口一番、「あれ、また痩せましたね」
 
そうなんだ。本日の朝の体重計は74.8`。目標の75は達成。言うことなしであるが、風邪が治りきっていないのか、本日は頭痛で出勤遅れてしまった。でも、もうヤマは越しているので後は良くなるだけだと思うが。
 
で、営業マンと一緒に昼食のため中華店へ。いつものタンメンにラー油で真っ赤にして、汗をかきながらいただいた。営業マンは言う。「最近ね、尖閣列島の中国戦衝突事件のお陰で、まだ20%ぐらい輸入が制限されており、品揃えが出来ず販売活動できないで困っている会社があるんですよ」という話を聞いた。
 
中国はフジタの社員を返した。すると日本政府は「中国は普通に戻った」これでこの問題はおしまい。ノド元過ぎれば熱さを忘れる。日本には事なかれ主義がはびこっている。中国は反省して刃をひっこめたのではなく、これ以上続けると衣の下の鎧が見えすぎる、外向的にマイナスとなる等別の判断が合ったわけである。
 
営業マンが言うように、水面下で中国側の遣り方は変わっていない。なのに、日本政府は「強盗行為」をやった中国をかばい「衝突ビデオ」を公開しない。ノーベル平和賞受賞の劉氏の釈放要求、ODAの廃止、自衛隊の常駐などなど、やるべきことをやらないと・・・取り返しの付かない状態になる。
 
ラー油で熱くなったせいか、店を出ると外の空気が涼しげだった。「日本の景気はどうなるんですかね」と聞かれるので、先日商工会のセミナーで政府系の金融機関の講演者が「現下の世界情勢で良くなる気配がない。
政府には余裕がない」そんなもんにたよらず「自力」でいきぬいていくしかない、といってたよ、と伝える。そう言えばこの講演者も「中国2050年の国家戦略によると日本は東海省と日本自治区に分けられる」という話をし、日本には国家戦略がないといっていたのを思い出した。小沢・外交・経済での無策ぶり・・・
 
営業マンはこういった「ところでぼく、タバコやめたんですよ。もう10日ですが、何とかなっている。タバコが400円じゃあね・・・」
 
健康のため歓迎であるが、日本を支えているサラリーマンも大変だ。ちょっと複雑。
 
posted by ラクーンドッグ at 18:52 | Comment(0) | ・著者ー富永夢駆さん

2009年12月02日

ハート出版社長絵日記71−ムンクさんにあやかりたし

A.jpg 
 
 
 
昨日のつづき

ムンクさんの新刊のカバー。
編集担当者に天使の掲示は降りなかったようだが、熟考の末、
エイヤーッ!とばかり、
「船と客船の見える半分開いた扉に駆け込む男」
のイラストが選ばれた。めでたし!

 
著者ご本人もお気に入りとか。ゲラを読むかぎり、ムンクさんの文章の雰囲気に合ってるようだ。
ぼくの方は毎夜ヘミシンクを睡眠学習≠ノ活用しているが、ムンクさんのような凄い体験はちぃっともできない。


江戸時代にいったり、宇宙人にあったりとか、ムンクさんお得意のセクシーボディのガイドもでてこない。

 

しかし、ムンクさんの体験はウソでないことは分かります。
一つ一つ表現がリアル、おもしろいですね。


ぜひ自分でもできるようなりたいもの。

自宅学習のはげみになりますね。
 
今夜も have  fun といきましょう
posted by ラクーンドッグ at 18:31 | Comment(0) | ・著者ー富永夢駆さん

2009年12月01日

ハート出版社長絵日記70−新カリスマ ブロガー誕生!?

KChH.jpg 

さわさわと落ち葉をかみしめながら、わが家の裏山を老犬と散歩。木々の紅葉がいちだんとまばゆく感じる朝だった。きょうから師走。タイムズフライ! 1年はまことに早い。

 

あす2日、これまで何回か紹介してきた坂本政道氏の「アセンションの鍵スーパーラブ」がいよいよ取次に搬入、店頭に並び始める。当社のホームページに前書きや目次をアップした(購入可能です)。

 

そうおもっていると、編集部ではもう12月を飛び越え、来年初荷の本のことでいそがしい。

デザイナーから装丁案が5案あがってきた。

どれにしようか?みんなの人気投票が割れた。担当者が3つの案をテーブルにならべ頭をかかえている。

ものはムンクさんこと、とみなが夢駆氏の「体外離脱するサラリーマン」だ。

 

カバーのイラストは「青空を飛んでいる男」と「開いた扉から外にでようとしている男」もう一つは「開いている扉の絵」の三つ。

ムンクさん一押しのデザイナー。さすがに面白い表現だが、ちょっと文では伝えられなくて残念。

そうだ、本日の絵日記に描けばいいのか、でも、あまりへたくそすぎて、デザイナーのしゅんりょうさんに申し訳ない。

 

けっきょく結論は担当者に一任。するとまじめな顔をして「一晩寝かせてきます」と。

どうするかというと、ヘミシンクCDを聴いてあちらのガイドにたずねてみるそうな。

いつのまにか、そんな技ができるとは?(笑)

そうなると、まるの日さんやムンクさんに続いて、つぎつぎにサラリーマンが超能力を得て、売れっ子の物書きや人気ブローガーになるかも。こりゃあすごいなあ・。

 

そんなのんきなことを考えていると、もういい時間だ。師走はいろいろいとホントに忙しいのだ。

posted by ラクーンドッグ at 19:12 | Comment(0) | ・著者ー富永夢駆さん