2009年12月08日

ハート出版社長の絵日記74−坂本政道ご愛用ヘッドホン

{pwbhz.jpg 
昨日につづいてもう一つ、新製品≠当社のサイトで発売しております。


坂本政道氏が使っているヘッドホンです。

 

坂本政道愛用ヘッドホン(オーディオ・テクニカ製)は、ブログなどでも話題になり、ネット上とび交っていますが、
あるサイトの情報を坂本氏に送って確かめてみたところ、一部のサイトでは、型番などが違っているということが分かりました。
正しい型番などを確かめ、当社のサイトでも扱うことにしました。

 

特別、これで聴くと体外離脱しやすいとか、駄洒落が出やすいとかといった効果はなさそうです。
もし、どうしても坂本さんの使っているものを使いたいというかたはこの際いかがでしょうか?
ぼくも今晩からこれでヘミってみようと思います。

 
ヘミシンクをすることを短縮バージョンで「ヘミる」というそうで、大先輩がおしえてくれました。
 

出版社が書籍以外のものを売る時代になりましたねって?いやあ、いやあ、これも本、頭の本 ヘッドホンですから。
あっ、やっぱり駄洒落が感染りそうですね。使う前から、こりゃあたいへんだ。

 
あす、そのご本人にお会いします。
posted by ラクーンドッグ at 17:05 | Comment(0) | ・著者ー坂本政道さん

2009年12月07日

ハート出版社長絵日記7−みなさんのアイデアが商品になりました!!

n[g.jpg 
遅々たる歩みですが、読者の皆様方の期待に答え、商品を開発しております。


開発とは、ちょっと大げさかもしれませんが、9月ごろご意見を寄せていただいたエンブレンスさんのコメントが、後押しとなり、ひとつ実現しました。


ヘミシンクの初心者の向けに「初めてのヘミシンクBOX」というのを作りました。いちおう当社のサイト及びCDを扱っている書店40店舗ぐらいで購入できるようになりました。

 
中身は、坂本政道氏が初心者用に選んだヘミシンクCDが入っています。それと、使いやすい手頃なヘッドホン・イヤパッド付きが入っています。とにかく、早く始めたいが、なにからやっていいか分からない、という人に便利です。
 

ゲートウェイは難しいし、そこまでは・・・と躊躇している人がいたら、
もしややってみたいというひとがいたら、このBOXからオススメしたらいかがでしょうか?

 
posted by ラクーンドッグ at 21:13 | Comment(4) | ・著者ー坂本政道さん

2009年10月29日

ハート出版社長絵日記49−坂本政道新刊予定!

AZV@X[p[u.jpg

昨日、厚着をしてきた。帰りの電車で、やけにエアコンの風が気になった。
普段なら、ぜんぜん気にならないものを、
とすると、ぼくは病み上がり?!ということになる。


今日は暑いのか、寒いのか客観的にはどっちなんだ?周りを眺める。

女の人は冷えに敏感だから、だいたい厚着。毛糸っぽいものを着ている方もいる。一方、男もだいたい背広を着ているが、中には数日前の私と同じ半袖姿がいる。

自分に体に聴けばよいことだが、時に、人間ていうモノは時々分からなくなる。

素直でなくなるときが・・・そんな時、体の中の内なる声が警告するのかもしれない。

で、坂本政道氏の新しい本(「アセンションの鍵、スーパーラブ」仮題=年内刊行予定)から、氏に無断でちょこっと引用、

バシャールがいう。
「たとえば、男は泣いてはいけない、というのも一つの立派な信念です。こういう信念は、感情のエネルギーの流れを留まらせ、詰りを作るので、変えたほうがいいでしょう」

日本人としては美徳のようであるが、これからは変えた方がいいのかもしれない。
いまごろ、無理に薄着をするのも、年寄りの冷や水、間違った信念かもしれない。
鼻水が出るのは黄色信号を体が発しているわけだ。
素直にそのサインを読む、そういうことが大切かもしれない。

今度の本は、坂本氏の前著「分裂する未来」の当社刊、また「バシャールVS坂本政道」の他社刊に続く内容。
アセンション(次元上昇)は誰にでも何もしないで起こるものでなく、次元を上げるには、ネガ・ポジの統合が必要で、それにはネガティブな自分を受け入れていくことが肝腎と具体的な例をあげてわかりやすく説明。そのための信念を変え次元(振動数)を上げるための新しいエクササイズも図解入りで、いろいろな方法を紹介している。

失敗だらけ、イヤなことがいっぱいある自分にはうってつけのお話。
凄いとしかいいようがない知的生命体から得た言葉がいっぱい、勝手に抜き書きしていると誤解して理解されるといけないので、ここでおしまい。そのうち編集のほうから紹介文がでたら、案内します。
posted by ラクーンドッグ at 19:05 | Comment(0) | ・著者ー坂本政道さん