2011年02月18日

「ヘミシンク探求大全」の著者タイさんが当社にやってきた。ヘミシンク仲間が集うサークルを池袋で毎月開催予定。



夕方、ひょっこり「ヘミシンク探求大全」の著者、タイさんこと今井泰一郎さんがやって来ました。

目があった瞬間に「痩せられましたね」「ふっくらとされましたねえ」とお互い思わず言葉が出てしまいました。(どっちが誰の言葉かはご想像にお任せします)

なんでも、「集まれヘミシンク仲間たち!!TST−C1サークル2011」というイベントを開くそうです。セミナーではなく、サークル的な会合のようです。
ヘミシンクをやっている仲間が増えていますが、実践していく上でいろいろな悩みがでてきたり、壁にぶつかったりします。ビギナーからトレーナーまで、いろいろなレベルの方の参加をいただき、アドバイスを受けたり、手軽なヘミシンクワークを強いたり、体験をシェアーしたり交流を深めようというものです。


毎月1回ひらかれ、先着35名。金曜日6時半から8時45分です。で、どこで?というと、ふぇーっ、なんと東京・池袋駅東口前。池袋といえば最近電気街で有名ですが、あのヤマダ電機の隣のアットビジネスセンター別館406号。駅の目の前、いい場所ですね。わが社からも近いです(といっても地下鉄ひと駅ぐらい離れていますが)


で、第1回目は3/11(金)以降毎月行われます。


料金はたったの2000円。タイさん、太っ腹ですねえ。終始ニコニコ大きな声を聞いてると、癒され、元気になりますねえ。


詳しくは・・・
http://www.angella.info/tst-c1-circle.html



ヘミシンク探求大全
未来の自分を創造する変性意識トレーニング法

続きを読む
posted by ラクーンドッグ at 22:11 | Comment(0) | ・著者ー今井泰一郎さん

2010年08月06日

ハート出版社長絵日記204−「ヘミシンク探求大全」在庫情報

TO`g1.jpg 
 
とべないホタルなど、感動的な話の好きな当社ですが、当社編集部が最近企画している童話が小型探査衛星はやぶさ。編集長がいたく感動しドキュメンタル童話にします。
 
その案内を、本日書店にFAX送信しました。その際、写真を使うと、FAXでは真っ黒になってしまいます。そんなわけで、営業の若いスタッフにおだてられ、イラストを書いてしまいました。これが今日の絵です。

 

いい手応えのようです。(ボクのイラストがよかったか)社長がチラシのイラストも書く、家内工業のわが社です。でも、イトカワ惑星ってかわいいですね。ぼくにはハートに見えます。いとかわいい〜!、なんちゃって
 
※   ※   ※
 
今井泰一郎さんの「ヘミシンク探求大全」↓ただいま増刷・品切れ中でご迷惑をおかけしていますが、きょうの朝会で、社員の誰かが、在庫のある書店をブログでお知らせしたら、というアイデアを出しました。

 

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-660-7.html
 
いいアイデアだ?と思いましたが、ところで誰が書くの?会社でブログを書いているのは一番ヒマな社長じゃないか!ということですかね。まったく!そんなわけで、紀伊国屋書店さんの在庫情報を紹介します。パブラインの商品指定リアルタイム情報です。


タイムラグなどで売り切れになることもあります。その場合はご容赦下さい。

 
※数字のないところは在庫ゼロです。
 
※但し新宿本店さんの場合、10日日曜日の午前中10冊入荷予定です。
 

2010年8月6日19時17分更新現在。
「ヘミシンク探求大全」紀伊国屋書店在庫

 

店舗 在庫数量(冊)
合計 116
新宿本店    ※10日10冊入荷予定
梅田本店 14
新宿南店 
福岡本店 3
札幌本店 9
広島店 4
横浜店 1
渋谷店 3
玉川高島屋店 3
新潟店 2
さいたま新都心店 3
前橋店 1
流山おおたかの森店 3
ららぽーと横浜店 
横浜みなとみらい店 1
ららぽーと豊洲店 1
国分寺店 
仙台店 1
長崎店 2
久留米店 5
熊本光の森店 3
熊本はません店 1
鹿児島店 
大分店 
佐賀店 4
ゆめタウン博多店 1
名古屋名鉄店 3
名古屋空港店 2
富山店 2
ゆめタウン広島店 9
丸亀店 1
徳島店 1
本町店 1
京橋店 4
神戸店 5
川西店 4
泉北店 3
堺北花田店 1
高槻店 2
西神店 1
宇都宮店 2
浦和パルコ店 2
北千住マルイ店 2
川越店 4
弘前店 2
 
 
Copyright (C) 2010 Kinokuniya Company, 

 


※  ※  ※

昨夜は当社飲み会で、ちょっとビールを飲み過ぎました。というわけで、ノーヘボシンク・・・変性意識の探求ができませんでした。トホホ
posted by ラクーンドッグ at 20:26 | Comment(3) | ・著者ー今井泰一郎さん

2010年08月03日

ハート出版社長絵日記202−「ヘミシンク探求大全」早くも増刷!

?Hn}`H.jpg
 
タイさんの新刊「ヘミシンク探求大全」↓がほしい!と、あちこちの書店から問い合わせありますが、早くも在庫切れ。このブログなどでも「書店にない」「アマゾンでも品切れ」とやさしく「どうなっているの?」オシカリをうけましたが、書店に並び始めてから12日目、早くも増刷になりました。来週末(訂正→再来週末)には出荷可能となります。長らくご迷惑をおかけしました。あいすみません。

 http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-660-7.html


この本が」売れている理由は?ヘミシンクを遣っている人が「なかなか体験が得られない」と途中で挫折しないよう、いろいろ分からないことをアドバイスしてあげようという本です。480頁にわたりエクササイズCDの使い方をゲートウエイからゴーイングホームまで主要なCDを懇切丁寧に解説しています。
 
と、人ごとのように言っていますが、ぼくも、なかなか体験がスムーズに行かない、この本を読まなくっちゃいけない、その1人ですが・・・。
 
そんなわけで、本日朝方のヘボシンク。ゲートウエイ、ウエーブX(エクスプロアリング)の2枚目のCD、「直感の探求」と「フォーカス15入門」 、ま、例によって一気に聴いてしまいました。どちらかは、ちょっと記憶がなくなっているのもあります。
 
その前段階の「フォーカス12のフリーフロー」「直感の発見」をマスターしたわけではありませんが、ま、この辺でいいだろうと適当な判断で、背伸びしたようなもので、次の段階に勝手に進みました。
 
覚えているのは、何かスキーかスケボーのようなものを自分が持っていました。どちらも全く不得意分野ですが、訓練を受けたような雰囲気。ボーリングも・・・。なんですかねえ。
 
次に、図のようなデザインがちょこっと浮かびました。全く分かりません、何ですかね。それからもう一つシーンは白いでっかいトラックが前向きに止まっていました。その横に自分だが、人だか立っていました。
 
何にも解明できていません。あいかわらずのヘボシンクでした。

ヘミシンク探窮大全増刷出荷可能日8/20頃
posted by ラクーンドッグ at 17:39 | Comment(9) | ・著者ー今井泰一郎さん

2010年07月27日

ハート出版社長絵日記197−ヘミシンク大全売れてます

Gw^?2.jpg
 
 
先週連休の休み、住んでいる所沢から、入間を越えて飯能市の郊外・山間部まで車でちょっと、ひとっ走り(40分くらい)してきました。お目当ては焼き物です。といっても今川焼きじゃなく、飯能焼きという焼き物です。


買ったものは何の変哲もない湯飲みですが、値段にして3000円。ろくろのあとが残っていて、うわぐすりも無造作にかかっいる感じがよくて、土気の臭いがしそうなシロモノ。


だが、手に馴染みやすく、お茶が一段とうまい感じがします。100均でも湯飲みが売っている時代ですが・・・いいものはいいという感じがします。


※   ※   ※


アツイので、売れているのはエアコン! アツイ(厚い)けど、売れているのいるのは今井泰一郎さんの「ヘミシンク探求大全」↓。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-660-7.html


紀伊国屋さんなどヘミシンクCDがおいてある大型書店中心に、好調の動きをしています。まるの日さんをはじめへミラーさん(ヘミシンクをやっている人)たちのブログ間でも、話題になっており、評判がいいようです。


頁数(480p)多く、値段もちょっと高めですが、口コミで広がっているのでしょうか?タイさんが書いた大全なので、泰然自若、もっとゆっくり売れると思ったんですが・・・。

 
posted by ラクーンドッグ at 20:33 | Comment(12) | ・著者ー今井泰一郎さん

2010年07月16日

ハート出版社長絵日記191−「ヘミシンク大全」出ます!

R.jpg 
 久しぶり、タイさんこと今井泰一郎さんが来社。理由は、こんどタイさんが書き下ろした「ヘミシンク探求大全−未来の自分を創造する変性意識トレーニング法」がきょう見本ができあがり、その受け取りに立ち寄られた。
 

1年ぶり、ちょっとふっくら、
「やあ、あれ〜筋肉もりもりですね」というと、「いやあ、ちょっとダイエットしなくっちゃあ」と。でも、今度出る480頁の「大全」とよく似てなかなかの圧巻(厚巻?熱漢?)だ。

 
タイさんの本だから大全?来週末頃から書店に並らぶ予定。この一冊でヘミシンクについてかなりのことが、わかりやすく解説されている。初心者、家庭学習派だけでなく、より深く全体を知りたい人にも役立ちそう。当社のサイトで購入できるようアップされたとき、また紹介します。
 
ところでタイさんといえば、同じ阿蘇に住んでいるヘミラー、まるの日さん。彼の書き下ろした「誰でもヘミシンク」は、コツコツ売れてロングセラーになっている。現在、品切れ状態。こんど6刷目が22日にできあがる。まるの日カフェ・イン静岡には間に合いそうだ。
 
広告会社の人が、「この本、新聞社の人が読みたいそうなので、わけてもらえませんか?」という。この本とは、まるの日さんの最新刊「あの世の会いたい人に会える本」。最近、身近なかたがお亡くなりになったようだ。そんなかたに是非読んでもらいたい本である。
 
増刷といえば、品切れになっていた「捨て犬フラワーの奇跡−余命一週間のダルメシアン」も増刷になった。著者の樋浦知子さんを招いて、お話を聞きたいというグループがあちこちに出たきたからだ。
 
このお話は、余命幾ばくもない全身ウミだらけ、ガリガリにやせ細った捨て犬を、引き取り、9年以上も面倒をみた練馬の一主婦の物語。昨年の「第11回わんマン賞グランプリ受賞作品。
posted by ラクーンドッグ at 20:12 | Comment(0) | ・著者ー今井泰一郎さん