2014年06月02日

「永遠の0」人気で、全国の零戦関連施設は訪問客急増で盛り上がっているそうです。行ってみたいですね。 あ、それから「世界が語る零戦」読者プレゼントは今日締め切りですよ(笑)





si-sa- - 2.jpg
暑さで、 猫バテ・・・


いよいよ真夏日。


6月最初の出社日、会社に来ると東、南、西、三方に窓がある私の部屋の気温は36度。


冷房を効かしても30度ぐらい。今年も夏ばてしないで元気に乗り切りたいと思います。



さて、百田尚樹氏原作の映画「永遠の0」の動員数は700万人。


その影響もあり、特攻への思いが高まり、各地の記念施設のほうも訪問客が急増しているようです。


この夏にはDVDも発売される(7/23)とか。

産経の記事↓
「永遠の0」効果、知覧特攻平和会館の来館者増加 生きざまに関心、世界記憶遺産めざす
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140514/trd14051409590012-n1.htm

おかげさまで弊社の特攻関連本も人気が高いです。


あらためて、最近刊行の書籍の紹介と人気の高い関連動画Dを紹介しておきます。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-967-7.html
967.jpg


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-969-1.html
969.jpg










最近弊社に届いた読者感想の一部、紹介しておきます。


世界が語る零戦(京都府 男性 64歳)
大東亜戦争緒戦の勝利が零戦によってなされたことがよくわかった。
白人の植民地支配に苦しんでいた東南アジア原住民を勇気づけたのも零戦であったことがよくわかった。

世界が語る零戦〈山梨県 男性 91歳〉
小生、丸2年、大東亜戦争に従軍いたしました。耳が悪かったため搭乗員にはなれませんでした。大学生でしたが召集免除が解除になり、志願将校になり館山海軍航空隊に入隊、教官として内地に残り、現在があります。


日本とアジアの大東亜戦争、世界が語る神風特別攻撃隊(富山県 男性 85歳)
私も甲種飛行予科練習生だったので、すごくゆかいに読みました、有難う。筆者によろしく。

特攻−最後のインタビュー(岡山県 男性 63歳)
私事、伯父が海軍で、南の島に、国家に殉じています(24歳、パラオにて戦死)。その為、太平洋戦記の事には特に関心を持っております。
当時のお若い方々のお考えを、次世代に伝えて下さる貴重な御体験を大変有難うございますす。
今は何もかも便利すぎ、何でもある大変便利な平和な時代です。でも平和を築かれたのは、著書に登場する方々だと思います。



★★★締め切り今日までの
ツイッターで行っている読者プレゼント詳しくは↓
(笑)
https://twitter.com/810_hensyu/status/473273092848881664
※当選通知はDMなので、上記の編集部ツイッターのフォロワーになってください。



 

posted by ラクーンドッグ at 18:25 | Comment(0) | ・著者−吉本貞昭さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。