2014年05月16日

「日本を囲むアジアの情勢、厳しさを増し、状況10年経っても変わらなのでは」と、第35回安全保障・危機管理学会セミナーで防衛省陸幕防衛部長 住田和明氏(陸将補)語る





nekosuke - 1.jpg



朝、会社にやってくと、もう上着は着ておれない。窓を開けると涼しい風です。



一昨日の14日は、第35回安全保障・危機管理学会の総会・セミナーに顔を出してきました。


安倍首相が名誉会長で、拓殖大学総長の渡辺利夫氏が会長です。

学会の発足10周年ということで帰りに記念品、緊急避難時の防災袋をいただきました。

ナップサックで、不燃性。中に常備しておきたい品物のメニューもある。

当たり前ながら、中身までない。乾パンなど非常食、懐中電灯などはこれから自分で用意が必要だ(笑)




講演の一つ。


「防衛大綱」の編纂などにたずさわっている防衛省陸幕防衛部長 住田和明氏(陸将補)がわが国を取り巻く周辺情勢、防衛計画の概要、今後の課題について説明。


bousai _.JPG

なかなかそつのない語り口と、動画、スライドを使って、大変わかりやすかった。

一言でいうと、NATOを例に挙げるように現在の欧米各国同士の関係はとても安定しているが、ひるがえって、わが国を囲むアジアは厳しさが増す情勢。欧米も心配して見ていうる状況と説明。


いうまでもなく、ベトナム、フィリピンの領海を不法占拠する中国、そして核・ミサイル開発行う北朝鮮などをみれば火を見るよりも明らかであるが・・・。

会場の質問者からの質問に


「日本の周辺の厳しい状況は10年たっても変わらなく続いているのでは」



と答弁。

会場で上映された、住田陸将補も制作にかかわったという動画はこれです。


「強靭な陸上自衛隊の創造 -統合機動防衛力の実現に向けて-」


防衛省の広報チャンネル、国の予算を使って作ったもの、タマにはというかちょくちょく見ないといけないですね。


サウンドがきいて迫力ありました。


というわけでどうぞ−

https://www.youtube.com/watch?v=vJhjHqPTTaQ






posted by ラクーンドッグ at 16:47 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。