2014年04月05日

<営業からのお知らせ> ゆるりん坊主♂俣c妙玄さんの待望の第二弾「続ペットがあなたを選んだ理由」4/7発売です。




naekoneko - 1.jpg


先日から著者の妙玄さんと新刊が出たことで何回かやりとり、わが家の新参仔猫の写真を妙玄さんに送ったら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


い・・・いばってる!!


新参者・・・めちゃめちゃ・・・いばってる〜〜〜(笑)

妙玄


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という感想でした。


ねこちゃん - 1.jpg

ま、その通り。われら老夫婦は猫様のサーバントです。

わが家毎日のイベントは古参猫と新参仔猫のかけっこ、プロレス、家具倒し、瓶・小物のテーブル落とし・・・と、てーへんです。

なかでも、一番は猫のおしっこ、ウンチ、そして後始末、臭い処理です。

密封されたマンション。その廊下。臭いがこもりがち。両側に隣接するバスルーム、洗面所、トイレ、ガスレンジ・・・4カ所も換気扇があるのに。


でも猫のトイレがある肝腎の廊下にない。


なんとかこれらの換気扇を活用できないか?


工事屋さんにお頼みして廊下の天井に、新設できないか?


いまそんな悩みを抱えていますが・・・

フン闘努力のかいもなく・・・毎日、日が暮れています。

ところで、今日の本題は「続ペットがあなたを選んだ理由」のお知らせ。

本のテーマは、ぼくような家の若い猫のイタズラやフンといったレベルの低い悩みでなく、ペットロスをどう向かい合うかという深い悩みのカウンセリング。

でも、読み出したらときどき涙がぐしゃぐしゃになったり、笑いが止まらなくなったりする。

深刻な話なんですが。やくみつるさんのアシスタントもつとめていただけに、著者は根っからのマンガ好き。

ほんとうは、笑い転げるようなギャグをいっぱい載せたいようです。

でも、頁の都合で編集者にたくさん原稿をカットされたようです。

妙玄さん、きっとご不満があるようです。

「今度は絶対載せてね、これは次回のネタ」

とメールで書いてきていました。

が、これ、クソまじめな担当者は悩むだろうなあ、という強烈な○○まみれ・・・のエピソード。

でも、今回のお話はそれがなくても十分読み応えがあります。

第一弾も1年ちょっとで7刷。

その続編ですが、こちらはもっと凄く感動的な内容と早くも読んだ読者からの声。

妙玄ワールドをお楽しみに

4/7に全国発売ですが、アマゾンではすでに発売中になりました。

今度の「続編」
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-972-1.html

t01700250_0170025012880936516.jpg


第一弾↓
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-917-2.html
917.jpg

posted by ラクーンドッグ at 19:16 | Comment(0) | ・おすすめ犬猫のノンフィクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。