2014年03月14日

韓国の経済は今ひどいことになっているが、韓国を助けるという正しいことをするとダーク・サイド(暗黒面)に落ちるそうである




bunntann- 1.jpg
土佐文旦をいただいた。味も抜群だが、見た目もいいし香りもいい。下手ではあるが描き残しておくことに・・・。






韓国ウォッチャーの間部洋一氏が記事のタイトルで「自己評価を下げる韓国民」と言っている。


帝国データバンク発行の「日刊帝国ニュース」(3/13)の記事だ。何のことか?と読んでみると、韓国人はもともと「外華内貧」で知られる国柄。外へは思い切り見栄をはるが、その実は火の車という意味。だから自らを「下層」とは認めたくない。


しかし昨年12月の調査で自分の地位が「下層」という人が46.7%に達したという。


かつては自分が下層と回答する人は20%位だったが、しだいに増加、今のようになった。タイトルの意味はそういうことだった。


以上は隣国の経済側面だ。


一方、韓国に長い滞在経験のある筑波大教授の古田博司氏は正論4月号でこういっている。


中国と朝鮮半島で繰り返される歴史パターンを考察してきた結論として、いま韓国は暗黒の「東洋的専制」に引き戻されつつあるとし、記事のタイトルで「韓国に関わると日本はダーク・サイドに落ちる」と興味深い警告をしている。


氏は韓国には「教えず、助けず、関わらず」の否韓三原則を貫けという。


最近、平和維持活動に参加中の韓国軍はタマが不足と日本に銃弾を日本に借りに来た。


日本は人道的からすぐに貸してあげた。


そのあと韓国は要請しなかったと覆し、しまいには靖国問題まで持ち出し日本を批判した。


韓国はここまで堕落していると古田氏は言う。


日本は韓国を助けてはいけない。助けようとすると溝の向こう側、悪の支配するダーク・サイド(暗黒面)に引きずり込まれる。映画「スタ−ウォ−ズ」のダース・ベイダーは正しいことをしようとして悪に引き込まれたそれと同じだという。


日清・日露・併合・・・過去の歴史、さらに今日の慰安婦問題・・・正しいものがダーク・サイドに落ちる。腑に落ちる言葉である。



posted by ラクーンドッグ at 18:14 | Comment(2) | ・内外政治のお勉強
この記事へのコメント
社長さん、こんばんは。
韓国に関わるとダークサイドに落ちる、まさしくその通りで、これ以上の上手い言い回しは無いように思います。

私は、今とても不安に思っている事があります。

韓国の経済破綻は、するかしないかではなく、もはや何時するか、その時期は何時か、と言う所だけだと思います。

その韓国の経済破綻が本当になった時に、また日本に泣きついてくるのではないか、そして、マスコミや、政治家、左翼連中などが、それこそ最後の力を振り絞れとばかりに一斉に韓国が可哀想だから助けてやれと騒ぎ出し、世論もそれに迎合し、政府もそれに屈せざるを得なくなる・・・。

そこまで行かなくても、国民と関係ない所で、政治家や官僚等の中に居る悪党どもに、韓国を援助しろと、圧力をかけられ、援助せざるを得なくなる状態にもってこられる。

・・と、予想できる最悪の事態を書いてみましたが、まさか、この通りには行かないだろうとは思いますが、非常に不安です。

朝鮮人だけは絶対に関わってはいけません。

私は、10年以上前の話ですが、そうとは知らずに関わってしまい、大変な目に遭わされ、未だに思いだすと感情的になり、キーッと我を見失いそうなくらいに怒りに振り回されるような感じになり、大変不快になります。

このような人達に関わった事で、太平洋戦争に突入してしまい、罪のない善良な日本人が多数殺され、一生消えない心の傷を負わされ、財産を奪われ、気を狂わされ、苦しい思いを未だに引きずっている、そのような人達がたくさんいるのです。

私は、韓国、朝鮮人の真実を暴いて世に知らしめようとする人達を、本当に勇気ある方達だと尊敬します。

私には、大事な人達や自分自身を傷つけられた怒りや、やってやりたい思いがあっても、そんな事が出来る気力も財産も、力も何もありません。

そばにいる大事な人達を、かけがえのない人達を、愛し、守り、毎日を大切に生きていくだけです。

社長さんも、この国を真面目に取り戻そうと大変な思いをして、暮らしている勇気ある人達、私は、あなた方がいてくれて本当に良かったと思っています。

ありがとう。
Posted by コスモス at 2014年03月14日 22:15
コスモスさん。

貴重な内容のコメントありがとうございます。

歴史は繰り返す、といいますが、繰り返して欲しくないですね。

一人では微々たることしかできませんが、なんとか歴史を悪い方向に逆戻りさせないようがんばりたいですね。
Posted by at 2014年03月17日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。