2013年07月17日

熱中症は人間、動物だけでなく機械類にも影響しますね。コピー機、パソコン、携帯も・・・トホホ



リトルニャン - 1.jpg


きょうの東京曇りのち雨。すこしばかり暑さが和らいでいますが、まだまだつづきそうな猛暑は大変ですね。人間は熱中症に気をつけないといけないが、「動物も大変なのよ」と家内が言っています。でも、わが家の2匹の猫はいたって元気です。

うち一匹は、里親を捜していたのですが、家人はどうやら、あきらめたもよう。残された仔猫一匹について「小っさいのっ」とか「リトルニャン」とよびはじめました。(最近話題の本の影響じゃない?)

ところで猛暑のせいでおかしくなるのは人間、動物だけではないようです。会社でぼくが使用しているコピー機がいかれました。かと思えば、編集S君のパソコンも動かなくなり、システム担当が調べたところ、電源がアウト。

こちらのほうは電源交換1万円ぐらいの出費ですみますが、コピー機のほうはFAX、プリンター、スキャナーなど多機能の複合機なので修理に10倍の値段がかかるとか?営業さんは修理や保守契約の更新よりも新しい機械購入(百ウン十万円)を「今ならお安くしておきますよ」と熱心にすすめてきます。

みなさんも、こういうとき、あわてちゃいけませんよ。というのは、3連休中、どうせ使えないのでコンセントを抜いておきました。すると・・・。



連休明けの昨日会社に出てきて、ひょっとしたら 復活≠キるのでは、と思っていたら、ぼくの予感がドンピシャリ、動き出しました。先日修理マンが数時間取っ組み合ってお手上げ状態、ドラムの交換が必要といっていたんですが・・・アナログ的なやり方で機会はなおるんですね。

むかし、真空管で動いていたラジオをぶったたいてなおした漫画ようなノリですが・・・。

「放置しておけば○○は治る」これも最近はやりの本のタイトルですかね。


そしておまけに、ついに愛用していた携帯が動かなくなりました。暑さが一因ですが長く使いすぎでもありました。こちらもスマホをすすめられましたが、ぼくとしてはPCと同じ並びのキーボードにこだわっていましたので、保険を利用して以前使っていた携帯のキーボード付きの「後継機」に交換してもらいました。


SH-03Bというシャープの、いわゆるガラケーです。(ほんとうはキーボード付きのスマホが欲しいんですが)。


キーボード付きの携帯、文字の入力にがぜん威力を発揮しますよ。外でインターネットをやりたい場合は、(スマホとほとんど同じの)iPad等のタブレットほうが画面も大きいし便利だし・・・。


こちら携帯の方は暑さでついに寿命を迎えましたが、(最後まで使い切った感じ)おかげで心おきなく新しい(が使い慣れた)ものに更新出来ました。


熱いといろんなことがおこりますね。

posted by ラクーンドッグ at 19:27 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。