2013年04月02日

人生登山、そびえる個人史上最高峰≠めざして日々 イチ、ニー、イチ、ニー・・・99歳のオヤジの足腰鍛錬。きょうも続いているか?!?!



99歳 - 1.bmp


こんばんは。ハート出版の日高です。

先週、親父の誕生日でした。

80歳で史上最高のヒマラヤ登山をめざすスキーヤーの三浦雄一郎氏にはチョットw負けますが、何を思ったかテレビの通販で、草笛光子がやっている、あのマシンが欲しいという。

ケーキでは満足できなかったか?姉にさかんにそのマシンの説明をする。

「あの横に足を広げるヤツ・・・アレならオレにもできるんじゃないか?」というわけだ。

家にはペタルをこぐマシンもあるが、どうもホコリをかぶっているようでもあるし・・・長続きするのか???

と思いながら、「近くのホームセンターにあのマシン売っている」という姉に頼まれてお使いに。テレビ通販はレグマジックとかいったがこちらはスピン何とか・・・ちょっと違うが、ま、いいやと、さっそく買って届けた。

はじめは「オレにできるかな」と尻込み、照れくさいのでなかなかやらなかったが、「せっかく買ってきたのにもったいない」とやいのやいの後押しすると、ひょいと載ってやり始めた。


ガチャー、ガチャー、ガチャー・・・おーできるじゃにないか。

ま、前に倒し頭を壁にぶつけたり、ふらふらになって尻餅をいてケガにないことを祈るばかり。(というか毛がないからだいじょうぶか?)

タダイマ満99歳。百里を歩む者99里を半ばとする。といった金言があったかも。足腰強い父も、最近では外出をしぶりがち。目は黄斑変性、老人性難聴・・・だんだんハンディが増えてくる。どんどん下界が遠ざかっていく?!

その昔は、シナ大陸で6年間、大砲をあつかう担当だったそうだ。毎日行軍行軍で、座り込んで動けなくなっていると「馬賊が近くにいるぞ!」と上官が言うとみんな力を振りしぼり立ち上がり歩き始めたとか?

歳を重ねるというのも、山登りと同じか・・・。そこ山があるから・・・

いま行軍でなく人生登山、そびえる個人史上最高峰≠めざして日々 イチ、ニー、イチ、ニー足腰鍛錬。きょうもつづいているかな・・・。

大正3年、五黄の寅。シブトイゾ〜!!!

暴走ロージンではない。「ここはどこか?」と、ときどき姉にヘンナことをいう妄想ロージン?だが、親の背をみて、こちとら(団塊世代)もがんばらなくては・・・。


 

posted by ラクーンドッグ at 17:51 | Comment(0) | ・自分のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。