2012年05月31日

「こころも育つ ホタルの飼い方と観察」(理学博士 大場信義著)が日本図書館選定図書になりました。

ホタル - 1.jpg


こんばんは。ハート出版の日高です。

そろそろ全国各地でホタル祭りなどが行われる頃だと思います。東京・池袋にあるわが社では、小川もなく・・・昔は近くに谷端川が流れていたようですが、今はすべて暗渠となり、緑道になっています。それはそれでいいのですが、あの幻想的なホタルのきらめきに酔いしれることは残念ながら無理。

ですが、この頃になるといじめをなくすために校長先生が書いた心温まるお話「とべないほたる」(小沢昭巳作)という童話や絵本が、書店から注文が入り、全国へ飛び立っていきます。昭和63年の創刊なので24年つづくロングセラーとなり、シリーズ187万部を超えています。

http://www.810.co.jp/book/ISBN4-938564-19-X.html
493856419X.jpg

http://www.810.co.jp/book/ISBN4-89295-286-9.html
4892952869.jpg

今年は、童話でありませんが、新刊の「こころも育つ ホタルの飼い方と観察」(理学博士 大場信義著)があらたに飛びはじめました。過去に出ていた「親子で楽しむホタルの飼い方と観察」「ホタルが先生 ぼくらの環境学校」という2冊をベースに新たな内容を加えてできあがったものです。世界に誇る「日本文化としてのホタルという新しい章が加わっています。

なにかと世知辛い世の中、ストレスもたまりがち、そんな日本に今必要なものは、緑があふれ動植物が一緒に暮らせる里山。ホタルが飛び交うところが本当の意味で人が住めるところということになります。

ホタルを学校などで飼育したり、観察したりすることは大切な自然環境を学び、未来をになう子どもたちの心を育てることにつながります。

http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-905-9.html
905.jpg


うれしいことに、この本が日本図書館協会より「選定図書」に選ばれたという通知が本日ありました。

posted by ラクーンドッグ at 16:55 | Comment(0) | ・著者−小沢昭巳さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。