2015年08月14日

日本人が誇れる歴史書誕生!──と「世界史から見た大東亜戦争」が夕刊フジ8/14に書評で紹介される。500年間も続いた白人による植民地支配は、なぜ終わったのか?




b509.jpg


終戦記念日の1日前のきょう、安倍首相による70年談話が発表される。


また同日発行の夕刊フジにて、弊社の新刊「世界史から見た大東亜戦争」(吉本貞昭著)が紹介された。


noa.jpg
いいなあ・・・わが家の猫はいつも夏休み・・・久しぶりの絵日記です。


先の大戦で日本軍の取った行動が本当に「侵略」なのかどうか?


TVや新聞報道では、相変わらず日本を悪者に仕立てるGHQ史観が蔓延している。


70年前、日本中の都市という都市を空襲で焼野原にされたばかりか、広島と長崎には原爆を落とされた。


これは人類史上に残る民間人の大虐殺である。しかし、


「それは日本が悪いことをしたから、メチャクチャにされても文句が言えない」


かなりの日本人が、こんな戦勝国の一方的な史観からまだ抜けきっていない。


かつてはその著作物を読んで敬服していたこともある知の巨人≠ナすら同様の発言をするから唖然としてしまう。


こういう考え方をしてしまうのも、戦争を近視眼的に短いスパンで捉えるからである。


15世紀から始まる西欧列強の世界侵略の歴史をひもとけば真実が分かる。


西欧各国はインド、中国大陸、東南アジアを競うように侵略、植民地化していった。そうした侵略の歴史を転換しようとしたのが、日本だった。


日清、日露の戦役を経て、大東亜戦争でアジア各民族の解放を目指し、立ち上がった。


この書は大好評を博し8刷も版を重ねた「世界が語る大東亜戦争と東京裁判」からはじまる吉本史観≠フ続編でもあり、集大成である。


戦中、また戦後も「第二次大東亜戦争」とも言うべきアジア各地の欧米からの独立を目指した戦いを詳述。中野陸軍学校の活動等も登場し興味深い。


この夏の必読の1冊である。


huzi.jpg
夕刊フジ8/14発行


posted by ラクーンドッグ at 17:45 | Comment(0) | ・著者−吉本貞昭さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。