2014年08月22日

日本政府も「近現代史」の新科目の設置を検討始める。中韓のプロパガンダ、そのお先棒を担ぐ一部マスコミの嘘に惑わされないために正しい歴史教育が必要だ。





kyoukasyo - 1.jpg



やっと政府も、次期学習指導要綱で、高校の新科目「近現代史」の導入を検討するようである。


みなさんも同じ経験があると思うが、高校や中学では、三学期になると短縮授業となった。したがって歴史の勉強は、明治時代当たりから端折ってしまう傾向があった。


ある意味、肝腎なことをほとんど教えてもらうことが出来ない。


原始時代や中世、近世も重要であるが、近現代史をおろそかにしてきたことが、今日の政治・外交の混迷を招いているといっても過言でない。


お隣の国々は、そこに重点をおいて教育、竹島や尖閣等々攻勢をかけてくる。これらの歴史戦争を勝ち抜くには、近現代史を正しく教えていくしかない。


NHKテレビのドラマやスペシャル、また●●新聞を読んでいると、



日本の軍国主義は驕慢になり中国を侵略、人民を虐殺、真珠湾を不意打ちし勝ち目のない対米戦争に突入した。


日本は「侵略国家」であり、「南京大虐殺」を起こしアジアの女性を従軍慰安婦として虐待した超悪玉の国家≠ニいうことになる。


知らず知らずのうちに子どもの教育に悪影響を与えていることは間違いない。


すこしでも疑問を持って本を読むなど調べれば、他国のプロパガンダであることが分かることだが、いまだにGHQや日教組の教育、戦後のマスコミに洗脳されたまま、その呪縛が解けていない。



弊社では、高校の歴史を教えてた経験もある吉本貞昭氏が書き下ろした「世界が語る大東亜戦争と東京裁判」が大変好評である。そして、同書をさらにわかりやすく噛み砕いたシリーズが現在好評である。



「日本とアジアの大東亜戦争」そして「教科書では絶対教えない東京裁判」である。



政府の新方針も、具体化し、学校の生徒が、近現代史の教科書を手にするまでまだまだ時間がある。



来年は終戦から70年。



ぜひ大変好評の「もっと日本が好きになる 親子で読む近現代史シリーズ」を1人でも多くの人に読んでもらいたいものである。



大東亜戦争は、アジアを凶暴な白人支配から解放する戦いだった
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-965-3.html
965a.jpg


戦勝国により日本を侵略国家にさせられた東京裁判
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-976-9.html
976.jpg



posted by ラクーンドッグ at 15:53 | Comment(0) | ・歴史のお勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。