2014年08月13日

「ハート出版社長絵日記」満5周年になりました。懲りずにきょうから6年目をスタートしました。ツイッターも頑張りますが、たまにはのぞいてください(笑)



社長絵日記5周年1.jpg


先週ですかね、テレビをつけたら、たまたまBSフジのプライムニュースに、曾野綾子さんと渡部昇一さんがゲスト出演していました。


凄いお二人ですね。80歳を越えるお歳なのに、お二人ともバリバリの現役。しかも、ベストセラーにもなる本をどんどん書いておられる。


怪物シルバー≠ナすね(ファンの方に失礼な表現でごめんなさい)



またおっしゃることがすばらしい。


曾野綾子さんは「私の人生は足し算」―。


常に0からスタート。


だからいつもプラス。


不満に思うことがない。


過去ではなくいつも、今がしあわせと思って生きています、と。


渡部昇一さんは「私はありがたオジイサン」?!


「昔、私の知っている人でいつも、何でもありがたがるおじいさんがいてありがたおじいさん≠ニよんでいたが私もどうやら、そうなりました」


「原因から結果はなかなか予測できないが、結果から見ると、あのときのことが合って今日があると思える。私の今日があるのはあのときのおかげといつも感謝しています」とか。


・・・・と元気なお二人でした。


ぼくはまだ65歳、この人に比べると小便小僧。頑張らなくちゃあと思いました(笑)


ところで―。


今日から3日前の8月10日は810(ハート)の日。


このハートの日(弊社創立記念日)に


この絵日記ブログを始めてから満5年になりました。


最近は、ツイッターも忙しく、なかなかこのブログ更新おろそかになりがちでした。


なので、集計すると、きっと昨年より、訪問者、アクセス下がっているのではと思いましたが、ありがたいことに増えていました。


嬉しいかぎりです。


弊社にやってくる営業の方が、「是非、本にしましょう!」と持ち上げられますが、こんなバラバラなまとまりのない話、本になるわけありませんが年間アクセスが45万頁。


1冊200頁の本に換算すると2250冊。コレじゃ商売になりません。


当社の営業からはボツ!との判断になります。ハハハハ。


私もこの道何十年やっていますので何が売れるか売れないか多少わかります。


でもそういって、元気を付けていただけるのは嬉しいですね。


と言う話はさておいて、


ある会合で、講師のベストセラーを何冊も出している著者と名刺交換。


ぼくの名刺を見て、ああ、あなたが「社長の絵日記」書いていらっしゃるかたですか」といわれた。


「エーそうですが、時々、先生の文章を切り抜き引用させていただいています」というとニコニコ笑っておられました。


似顔絵があまりにも似ていたのか?


ヘー、ぼくの絵日記を大先生が読んでらっしゃる、そんなわけないが、ちらっとみて覚えていただいたのはうれしい発見でした。


5月は7回、6月は4回、7月は5回・・・と更新回数が減っていましたが、また、描き(書き)続けようと思います。


アクセス解析によると、1回以上訪れる方が毎月6000人ぐらいのいらっしゃるようです。もったいない。


懲りずに続けたいと思います。


時折、ほっと生きぬきに、とぼけた絵日記を見ていただけるよう、今後ともよろしくお願いいたします。



絵日記5年間の統計

絵日記統計.jpg






















posted by ラクーンドッグ at 19:59 | Comment(0) | ◆◆出版社の日常◆◆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。