2014年09月29日

本職は介護士さんですが、人に話せない、聴けない不思議なことを綴った「ひっそりとスピリチュアルしています」、ひっそり?と売れてわずか2ヶ月で5刷りになりました。



hissorinohana - 1.jpg


「ひっそりとスピリチュアルしています」おかげさまでわずか2ヶ月の間に5回も増刷してしまいました。


ひっそり・・・と著者の桜井識子さんが書き始めたブログですが、すごい数の読者をカクトク。


アメブロのスピリチュアル部門で常にトップクラス。


そこへ、弊社スタッフが書籍にしませんか?と声をかけてお願いしたわけですが、ファンは大喜び、弊社にも書籍化を待っていました!という読者カードがたくさん返ってきています。


しかし、著者にはいいことばかりはではないようです。中には非難中傷もあるようです。


(ご迷惑をかけて申し訳ないですね)


「もうブログやめようかと、心ない言葉で著者が落ち込んでいるとき、桜井さんは、宇宙飛行士の野口さんの言葉に励まされたとブログに書いています。


それは「原点回帰」という言葉だったようです。



書き始めたばかりの時、ある読者からの「半信半疑」という反応に、私のいうことを半分でも信じてくれたと櫻井さんは喜んだそうです。


目に見えないことだけに、いろいろ言う方がいるのもしょうがないこと・・・。


今では「私のブログを読んでくれる人が1人でもいれば、書き続けたい」とためになるブログを書きつづけています。


力になってくれるのは、神仏ばかりでなくテレビで有名人のコメントの場合もあるんですね。これも神仏の計らいということになるのでしょう。


人間謙虚さが大切なんですね。この本のサブタイトルじゃはありませんが、「えっ、意外、神仏はこんな人が好き」なんですね。



桜井識子さんのブログ↓
http://ameblo.jp/holypurewhite/entry-11904702500.html




というわけで、弊社に来た読書カードを一部、紹介します。








ひっそりとスピリチュアルしています(青森県 女性 63歳)
文章のあちこちに押し付けではない謙虚さを感じ、好感が持てました。
神社参拝の作法など、助かります。
p181…詳細は書けませんが…とあり、いろいろな例を知りたい私は、残念でした。
心・魂の永遠、心の持ち様、大変勉強になりました。ありがとうございます。
識子さんの勇気・パワー、すごいですね。


ひっそりとスピリチュアルしています(福井県 女性 50歳)
桜井様、私も気(波動?)がわかったりするのですが、なかなかこの年なので人には言えず…。
この本を見て納得することが多く(鹿とか、狛犬とか、いろいろ)とても参考になりました!
私は、生まれてから見えないものに助けられて感謝しています。
白山信仰の祖の泰澄さんの生家の近くなので、機会がありましたら是非お立ち寄り下さいね。


ひっそりとスピリチュアルしています(山口県 女性 39歳)
この本を読んで神社仏閣にとても興味を持ちました。
何度も読み返しています。家族や友人ににも是非読んでもらいたいと思っています。


ひっそりとスピリチュアルしています(静岡県 女性 64歳)
内容が豊富で読み応えがありました。神社、神仏の事がより解った気がします。
スピリチュアル大好き人として、大変読みやすく、おもしろい本でした。


ひっそりとスピリチュアルしています(愛知県 女性 44歳)
新聞の広告を見てすぐ読みたいという気持ちに、すぐ買って読んでしまいました。
京都に行く用事があって、伏見稲荷の話が本に書いてあったので、これは「行け」という意味だと思い、行きました。山にちゃんと登りました。
この本に出会えてとてもうれしいです。ありがとうございました。


ひっそりとスピリチュアルしています(島根県 女性)
海外で生活をしている為、本の購入は難しいかなぁと思っていましたが、急に帰国することになり、汽車の待合い時間に購入しました。
ブログも拝見していますが、本になるとスッキリと読みやすく、有難く感じています。これからも応援しています。いつもありがとう。



ひっそりとスピリチュアルしています(京都府 女性)
(私の)スマホでは、ブログにメッセージを送れず、応援のポチッもどうしてもできないので……。Amazonで本をみつけ、ブログを少しずつ読み、本も購入しました。
DVの家庭で貧しく育ちましたので、元夫さんのお話は泣けました。また、結婚14年悩んでいたことが、実は恵まれていることに気付き、スピリチュアルを極めると決断できました。
ありがとうございます。関西に住んでおられるようなので、山で会えますように……。


ひっそりとスピリチュアルしています
本の内容が自分の考えと似ているので買いました。宗教団体には所属していません。仕事も肉体労働ですが、お気に入りの神社で良い匂いがしたり、携帯で光体写真――エメラルド色、紫色、金色の強い光――が撮れるようになりました。
さらに神界と縁を深めるにはどうしたらいいでしょうか。神社の光体や神界とつながる方法、神界の様子を図解で、ブログで教えてほしいです。
本は大変おもしろかったです。ありがとうございます。


ひっそりとスピリチュアルしています(埼玉県 女性 55歳)
識子さん、ありがとうございます。
家が仏教徒ですので、幼い頃から他宗教である神社に手を合わせられず…。識子さんのブログで教えていただいたので、去年の夏より神社参拝を始め、先週は伊勢神宮、飛瀧神社にもお参りさせていただき、日々、波動を上げられる行動をする事、まっすぐに生きていく事を約束してまいりました。
ほにゃららな私がいきなりハードル上げてしまって、もう大変。ありがとうございました

ひっそりとスピリチュアルしています
とても興味深い内容で楽しく読みました。ぜひ続編をお願いします。


ひっそりとスピリチュアルしています(広島県 女性 41歳)
興味深い内容で一気に読みました。これから特に勉強になった事柄をノートに書き出し、実践していこうと思います。
これからも識子さんから色々教えていただきたいです。続編を希望します。


ひっそりとスピリチュアルしています(広島県 女性 41歳)
興味深い内容で一気に読みました。これから特に勉強になった事柄をノートに書き出し、実践していこうと思います。
これからも識子さんから色々教えていただきたいです。続編を希望します。


ひっそりとスピリチュアルしています(鳥取県 女性 55歳)
ブログをいつも楽しみにしており、書籍が出版されて嬉しく思います。


ひっそりとスピリチュアルしています(東京都 女性 58歳)
とてもおもしろく、興味深いです。今までこんな内容を教えてくれた人もいないし、ありがたいです。これからもブログを続けていただき、また本にして下さい。お仕事のお話もおもしろいですね。


ひっそりとスピリチュアルしています(山形県 女性 55歳)
日々の生活に追われ、仕事にも感謝する気持ちを忘れつつあり、自分のおごりの気持ちに自分であきれる事もあるなかで、少しずつでも清らかな想いを持って生きられるようにと、このような書籍を読むのが常です。
私に霊感はありませんが、以前に読んだ本により実践して「本当に」願いをかなえていただきました(神様に)。神様は本当にいらっしゃいますね(日々のお礼も忘れずしています)。とても心地よく読ませていただきました。


ひっそりとスピリチュアルしています(大阪府 女性 60歳)
桜井識子様、書籍化おめでとうございます。正直で素直な文章で綴られたブログを楽しみに拝見していました。
私は津和野の太鼓谷稲荷神社に御縁を頂いています。拝殿ではいつも涙があふれます。魂の浄化だったのですね。助けて頂いたお礼に地元の日本酒と鳥居を十基、奉納しました。
神様に可愛がってもらってると実感した今は、とても楽に生きて行くことができます。
色々な事を教えて下さってありがとうございました。感謝です。


ひっそりとスピリチュアルしています(岡山県 女性 37歳)
いつもブログを拝見しています。誠実なお人柄を文面から感じています。
以前「許せるまで許さなくて良い」という内容のブログに励まされました。
本当にありがとうございました。次回作を楽しみにしています。また、ブログの更新も楽しみにしています。


ひっそりとスピリチュアルしています
識子さんのファンで、毎日のようにブログを拝見している者です。本を手にとってから、繰り返し読んでいます。
気づきがあったり、同じ所で何度も涙を流したりと、出版されて、心から感謝しています。ありがとうございました。


ひっそりとスピリチュアルしています(東京都 女性 44歳)
ブログ拝見しています。
四国八十八ヵ所巡礼をしていたとき、あるお寺のお坊さんに「代参をしている者は自分のお参りはできないのだ」と言われました。それまでは自分のお参りのついでにその人の分もお参りする、というような気楽な気持ちでいました。
今では「私の分もお参りしてきて」と言われると、ゾッとしてしまいます。
代参に対する識子さんのお考えをきかせていただけたら幸いです。


ひっそりとスピリチュアルしています(北海道 女性 64歳)
識子様、残暑お見舞い申し上げます。御著書、もう3回も読みました。読むたびに新しい発見(?)があり、そのつど感動しております。
娘は転職したばかりで毎日大変そうですが、識子さんもガンバっていると思うと、自分もがんばれると言って、今日も出かけて行きました。感謝!


ひっそりとスピリチュアルしています(東京都 女性 53歳)
識子さんのブログのファンです。霊体質の人が幽霊を見ない方向で生きて行くことを実践されている所が、実は新しい生き方なんです。
アマゾンの書評など気にしてはいけません。できればエケコ人形などのゆかいな写真が欲しかったです。あの辺が識子さんの持ち味かと……。
幽霊なんか視るもんじゃないです(視えない人は視たいかも知れないけど)


ひっそりとスピリチュアルしています(和歌山県 女性 44歳)
毎日ブログ拝見させて頂いています。本は母にも読んでもらいたいと思ったからです。
神仏の事、教わるという機会もないので、色々教えて頂けるのは嬉しいです。
ブログを読んで蔵岩(槇尾山)へ、私も一人で行く!と決め、登山してきました。無事行かせてもらいました。ありがとうございました。
これからも頑張って下さい。お身体大切になさって下さいね。



ひっそりとスピリチュアルしています(福島県 女性 41歳)
いつも識子さんのブログを見て、私って人間できてないなあと感じ、色々な意味で勇気をもらっています。
ソウルメイトに「何もないまま、人生がすれ違ったりしない様、ちゃんと準備されている」と、おっしゃっていて、すごく大げさでしょうが、救われました。
お仕事がお忙しい中ですが、私も器の大きい人になりたいと感じています。ありがとうございます。感謝です。


ひっそりとスピリチュアルしています(福島県 女性 41歳)
いつも識子さんのブログを見て、私って人間できてないなあと感じ、色々な意味で勇気をもらっています。
ソウルメイトに「何もないまま、人生がすれ違ったりしない様、ちゃんと準備されている」と、おっしゃっていて、すごく大げさでしょうが、救われました。
お仕事がお忙しい中ですが、私も器の大きい人になりたいと感じています。ありがとうございます。感謝です。


ひっそりとスピリチュアルしています(大阪府 女性 44歳)
識子さんのブログをずっと拝見させて頂いてます。自分も神社やお寺へ行き、ご朱印を頂いたり、色々見て回り、識子さんが言われてるように感じられるよう努力しています。また次回も楽しみにしています。よろしくお願い致します。



(大阪府 男性 54歳)
識子さんは神さまの波動を持っている神さまと同じ位の方です。失礼のないように。


ひっそりとスピリチュアルしています(愛知県 女性 28歳)
本の出版おめでとうございます!!!!
ブログを日々拝読させて頂いてて、書籍化されると読んだ時は本当に嬉しかったです。
色々な事に気づかせて、教えてくださる識子さんにはとても感謝してます。また、書籍にして下さったハート出版さん本当にありがとうございます。
これからも、ひそかに応援しています!


ひっそりとスピリチュアルしています(埼玉県 女性 48歳)
たまたまネットで大好きな神社を検索していたら著者のブログにめぐり合い、この本を知りました。
ブログを読ませて頂いて、私と似ている(勝手に思ったのでのです、すみません)所があり、共感がわいて購入した次第です。
この気持ちをお伝えしたく書かせて頂きました。本当にこの本に出逢えて良かったです。ありがとうございます。感謝。


ひっそりとスピリチュアルしています(女性)
私は識子様のブログも楽しみにしている物です。本もとても良かったです。
識子さんのブログは私の生活の糧にもなっています。
神仏や守護霊様の事など知らないことばかりでしたが、見えない世界があるということは確信しているのですが、私にはそういう力がないので、これからも色々教えて頂きたいと思っています。次回の本も楽しみにしています。


ひっそりとスピリチュアルしています(神奈川県 女性 74歳)
娘から送られてきました。半信半疑で読み始めましたが、読むうちに勉強になりました。


ひっそりとスピリチュアルしています〈東京都 女性 43歳〉
ブログを読ませて頂いてるので、本はすぐに予約しました。
内容もとても分かりやすく、おもしろかったです。一気に読んでしまいました。
次にまた本が出る事を楽しみにしています。私にはとても勉強になりました。
これからもブログ応援しています。お忙しいでしょうが、がんばってください。



posted by ラクーンドッグ at 16:48 | Comment(4) | ・おすすめ精神世界

2014年09月26日

不登校、引きこもり、暴力・・・泥沼から蘇生するための手引き書替え来ました。「いい子を悩ます強迫性・パーソナリティー『障害』全対応版Q&A」(9月新刊) 急増する若者の難解な「心の病」に、この道30年のベテラン・カウンセラー富田富士也氏が答えます。 紹介動画も出来ました。



顔写真004.jpg




子ども家庭教育フォーラム代表 富田富士也氏




富田富士也といえば、引きこもり、強迫性障害、パーソナリティー障害・・・などに取り組んで30年のベテランカウンセラー。


弊社からもたくさんの本を出していますが、それらの集大成べき書籍が出来、今書店で販売中です。


実例をたくさんあげ、あらゆるケースについてQ&Aで対応しています。


最近、若者が引き起こす不可解な事件が多発しています。急増する「心の病」にどう向き合うか。


医者でも対応出来ない「患者」と向き合ってきた著者ならの答えがあります。


書名は「いい子を悩ます強迫性・パーソナリティー『障害』全対応版Q&A」


本の内容を紹介する著者インタビューも出来ましたので紹介します。ぜひご覧ください。



http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-977-6.html
977.jpg


強迫性1
動画タイトル 強迫的な社会で希薄な人間関係の子供達が強迫性パーソナリティ障害に
動画内の質問 この本を作った理由は何ですか?
https://www.youtube.com/watch?v=aqskWRZlQLU


強迫性2
動画タイトル 子供の心がわからない、子育てが不安だという親御さんへ
動画内の質問 子供達に親はどう接すればよいでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=ny4R0dEyC48


強迫性3
動画タイトル 先生や親に聞きにくい、自信のない子供達の悩みを取り上げたQ&A
動画内の質問  この本の特徴について教えてください
https://www.youtube.com/watch?v=rOsbESfQaYk


強迫性 4
動画タイトル 人に素直に甘えることができない今の子供達の生きづらさ
動画内の質問 この本はどういう人が読むとよいでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=-1067ukP7sE


強迫性 5
動画タイトル 『いい子を悩ます強迫性・パーソナリティ「障害」全対応版Q&A』Q&Aの読み解き方
動画内の質問 この本のQ&Aはどのように読み解けばよいでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=p8KvKc2jGW0


posted by ラクーンドッグ at 18:31 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2014年09月18日

敬老の日――天からから与えられた寿命は、ぼけてなくても誰にも「ワカラン」の巻



keirou - 1.jpg


敬老の日――。


(この日記9/15に書きました)


報道によると4人に1人が65歳以上。


8人に1人が75歳以上だそうだ。


僕も65歳、ひょっとしたら敬老される側かと、住んでいるマンションの掲示板を見ると、敬老会の案内があった。


目をこらして見ると、対象者は75歳以上。まだ10歳も早い。


がっかりしたわけではないが、時代を考えると当然のこと(笑)



老兵はなかなか消えない・・・



会社のほうは、後継者にまかせて、とも思うのだが、僕だけでなく世の中どうもそのようになっていないようだ。


帝国データバンクによると、毎年会社を継承する年齢も伸びている。


70、75歳でも社長を続けている会社が増えている傾向にある。


背景には、景気の低迷や少子化が原因にあるという。


ただ、同データによると、経営者が70歳を過ぎると会社の業績もかんばしくないと数字が示している。


老兵は消え去るのみと行きたいところだがなかなか簡単にいかない。


弊社が属する業界は、「景気天気予報」によると、7段階の中で最悪の「雷雨状態」。出版社だけでなく、居酒屋とか電力会社なども含まれる。


一方、「快晴」状態にあるのは自動車製造業界。


最近、九州から従兄弟の家族がやってきた。


長年あっていない高齢の親父(従兄弟から見ると叔父)の顔が見たいと・・・。


食事を囲みながら聞いてみる。


従兄弟は快晴状態の、しかもトップクラス自動車のディーラーの店長さん。


好景気でいいねというと、


「そら製造会社の話じゃが、販売会社はそのおこぼれにあずからないとよ」


という。


円安の影響で確かに輸出は伸びたが、それは製造会社の話。


販売会社は別会社。


製造会社から車を買って売る。


ところが売られる側は相変わらず財布のヒモがかたい。


少子化傾向にくわえ、バブル崩壊後に育った今の若者は、節約になれており、高額な車は欲しくない。



恐るべし、ぼけても知恵がある?



話がそれた。敬老の話なので親父の話に。


親父は今年の3月に百歳の誕生日を迎えた。なにか急速にボケが進んだように感じる。


物をよくなくす。


毎日同居している姉は宝物探し≠ノ付き合わされる。


従兄弟が訪ねてくる一週間前には補聴器をなくした。


毎日探すが出てこない。


親戚がわざわざ九州から訪ねてくる。


補聴器なしでは対応できない。


「耳がほしい」という親父を連れて、補聴器センターに新しいもの買いに行くことになった。


出来上がるのは一週間先だが、その間代わりのものを貸してくれる。


あたらしい物は耳にすっぽり収まるタイプ。


そういえば耳掛け式は具合がわるいと日ごろ文句を言っていた。


でも、本当にぼけているのか?と思いたくなることがある。


たしかにぼけていて、要介護2にでもある。


しかし、従兄弟が帰ったあと、家じゅうくまなくさがしでてこなかった、なくなったはずの補聴器がちゃんと、いつももの引き出しにはいっていた。


姉が見つけた。


姉は落ち込んだ。ン十万円も買い物。


「どこから出てきたの?」


と聞いても「ワカラン」という。


都合の悪いことは知らんふりする?


ま、こうしてぼけた老人でも、目的を達成、欲しっかった耳穴式の補聴器をゲットした。


おそるべし作戦ではないか。


大正3年五黄の寅はしぶとい、ただぼけてはいない。



百歳長寿の秘訣、姉の一言




その親父を連れて前日(14日)はクリニックに。


お尻につけるクリームを投薬してもらうために診察に。


医師からいろいろ聞かれるので、「かゆいとか痛いとか」しっかり答えるようにと親父に言い含めておいたが、診察は簡単、ズボンとパンツを下げてお尻を診察。


ああ「だいぶよくなっていますね。


いつもの薬を出しておきます」


問診はなく、ニコニコしながら日が日だけに敬意を表して


「ところで私が聞きたいですが、どうすれば百歳まで生きるんですか?」と。


一転、患者から主役$e父はなにか言いたそうだが慣れいないので答えられない。


日頃からお忙しい気の短い先生に僕が通訳


何も長生きの秘訣になるような答えはできなかったが、頭のいい先生は自分で納得して、


「そうか、ふつうに美味しい物を食べ、酒もほどほど飲んで、生活すれば長生きできるんですね」


とかってに解釈、笑っていた。


たしかに、ハタでみていても、何も参考になるような秘訣はない。


病院から帰ってそのことをいうと、


「自分勝手に生きている、それがいいんじゃない」とは姉の一言。


なるほど、そういうことかもしれない。



運がいいのかもしれない



戦争には3回も召集された。


南京に、満州に、広大な中支の野山を転戦、そしてさいごは本土決戦に備えて、鹿児島の知覧周辺で防御体制を構築している時に終戦。


支那から南の島に配属された将兵は大変な目に会い、多くは生きて帰れなった。


戦後は九州かで紳士服の仕立て屋を営み、大阪でも仕立業、三人の子供を育てるが、妻(僕の母親)が57際の時に先立たれる。


114歳まで生きれば母の2倍生きたことになるが、その数字は現役世界最高齢115歳に近い。


同じ埼玉県在住の男性だ。チャレンジするのか??そいて、短命だった母のカタキを取るか??


天からから与えられた寿命は、ぼけてなくても誰にも「ワカラン」


teikoku3 - 1.jpg

teikoku - 1.jpg

いずれも日刊帝国データバンクNewSより


posted by ラクーンドッグ at 18:21 | Comment(0) | ◆◆わが家の日常◆◆

2014年09月09日

来年、「平成27年はこうなる!」気が早いが来年の暦「九星開運暦」が発売になりました。浅野八郎氏によると、「日本が世界に向け強力に主張する」年だそうです。


1hituzi - 2.jpg


今年もカレンダーはあと3分の1に、早いもんですね。


年度版の暦を出している出版社は、先月あたりから来年度の本を出荷しています。


毎年、気の早いお話ですが、来年はどんな年になるのか?


できたてホヤホヤの「平成二十七年度 九星開運暦」には、「平成27年はこうなる」と、こんなことが書いてあります。


2015年はヨーロッパ式のカバラ占いによると、運命数「8」で


「繁栄」と「主張」を意味するそうです。


この原稿を執筆した日本占術協会の会長も、浅野八郎氏。そういえば「8」だが、そのことには何も書かれていない。


も一つ言えば、この暦を25年も発行している弊社もハート、数字でもじると810。やっぱり「8」


何か意味があるのか?


単なるダジャレで何もなさそうなので次へ進む(笑)


浅野氏によると


「大きく成長して夢が実現するチャンスが多い年」だそうで「何か自分らしさを求められる年」でもあるようだ。


何かよさげな感じがする年のような気がします。


でも、次の表現「大胆な変化を求める強引な行動を取る人や、リーダーが現れやすい年ともいえる」という懸念も。


「国際政治」では、「軍事的なクーデターが起こりやすい年」「ごり押しや武力で相手をねじ伏せる」ということが起こるかもといっています。


過去の8の年はヒットラー総督就任1934年)スターリンの大粛清(1934年)エジプトのクーデター(1952年)韓国の軍事クーデター
(1961年)ソ連のアフガン侵攻(1979年)があったという。



日本流の「十二支」では、「未」(ひつじ)年。「木がぐんぐん生長して、成長の限界に達したという意味」だそうだ。


「全体に勢いがあり、ピークの発展を遂げる年」「とくに日本にとって、成長しやすい年」だが、海外からのバッシングもあるそうだ。良くも悪くも「日本が世界に向かって強く主張する年」だという。


当たるも八卦当たらぬも八卦というが、浅野八郎氏のこの頁はよく当たることで評判。注意を怠ることなく、国も個人も、「繁栄」「成長」、また自分らしさを求めて「主張」したいものですね。
978.jpg



執筆した日本占術協会↓
http://www.uranai-japan.com/


posted by ラクーンドッグ at 15:03 | Comment(0) | ・おすすめ九星開運暦