2014年07月28日

異色の日本近現代史「大東亜戦争と高村光太郎」発売になりました。



doutei - 1.jpg


「僕の前に道はない


僕の後ろに道は出来る


ああ、自然よ


父よ


僕を一人立ちさせた広大な父よ


僕から目を離さないで守る事をせよ


常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ


この遠い道程のため


この遠い道程のため」



この詩はどこかで覚えたことのある詩ではないでしょうか?


ぼくの場合は、教科書ではないかと思います。


高村光太郎というと


この他、


「智恵子は東京に空が無いという


『あどけない話』


智恵子は東京に空が無いという


ほんとの空が見たいという・・・」


という詩も浮かんでくる。


その高村光太郎が、戦前・戦中にはたくさん国民を鼓舞する詩を作っている。


その一つに


「十二月八日」というのがある。


..............................


記憶せよ、十二月八日。

この日世界の歴史あらたまる。

アングロ・サクソンの主権、

この日東亜の陸と海とに否定さる。

否定するものは彼等のジャパン、

眇(びょう)たる東海の国にして

また神の国たる日本なり。

そを治(しら)しめしたまふ明津御神(あきつみかみ)なり。

世界の富を壟断するもの、

強豪米英一族の力、

われらの国に於て否定さる。

われらの否定は義による。

東亜を東亜にかへせといふのみ。

彼等の搾取に隣邦ことごとく痩せたり。

われらまさに其の爪牙(そうが)を摧(くだ)かんとす。

われら自ら力を養ひてひとたび起つ、

老若男女みな兵なり。

大敵非をさとるに至るまでわれらは戦ふ。

世界の歴史を両断する。

十二月八日を記憶せよ。

.................................


難しい漢字もあり、ちょっと抵抗があるかもしれないが、2.3回読んで意味をかみしてみるとなかなか躍動するようなリズムがあり心にずしんと残る様なものがある。


まぶたが熱くなる。


詩などまったく解しないぼくのようなものでも。


光太郎はGHQの言論統制で「侵略戦争の推進者」として断罪された。


しかし、この詩には道程と同様に、光太郎だけでなく当時の日本人たちの純粋な心を表現した詩ではないかと思う。


戦後の教育を受けたものはかんたんに理解できないかもしれないが、当時は誰しもこのような高揚する気分が合ったのだと思う。


大東亜戦争がまちがいなくアジア解放の戦いだった。


高村光太郎研究家が光太郎と日本の名誉を回復するために書いた異色の近現代史です。


ご興味ある方はぜひどうぞ。





posted by ラクーンドッグ at 19:06 | Comment(0) | ◆◆おすすめの本◆◆

2014年07月25日

「あの世はある!」発売4ヶ月目、4度目の増刷になりました。高齢化社会、あの世にたいして関心が高まっているようです。



daria_.jpg



IMG_0945.JPG



先週、「あの世はある!」の著者・坂本政道氏を東京・神楽坂にあるアクアヴィジョン・アカデミーの事務所を訪問。


次回の作品などについてうち合わせをしました。


ところで、「あの世はある!」またまた増刷4刷り目。


発売が消費税の上がった4/1。


最初は「坂本さんの本にしては出足が・・・」という書店の首をかしげる声でしたが、増税による値上げに負けず、しだいに「尻上がり売れ出し
ました」と取次や書店の声。


発売から4ヶ月、ロングセラーになりそうなのでうれしいです。


読者層は少しお歳を召された方が多いようです。


読者カードにこんな声がありました。


「加齢とともに、余命を考え、同時に死後のことを想像する。そんなとき、新聞広告で本書のことを知り、発注しました。


ヘミシンクのことを意外に思いながら読みました。


仏教的な浄土思想でなく、おもしろい発想であの世≠研究したいと思いました」


「人は死なない」など矢作直樹氏の著作も話題になっています。


東大大学院の医学部教授。


しかも、集中治療室を担当する生死の境に向き合ってきた著者が語るわけですから興味を引きます。


「終活」という言葉も話題になっていますが、「死」は高齢者の最大の関心事。


ま、でも縁起でもない、出来るだけ避けて考えないという生き方もあるようですが、坂本政道氏はもともと、この問題の本家本元?!


弊社で最初に出した著書も「死後体験」シリーズ1〜4を数え、20万部のベストセラーになりました。


あの世はある!が行った人には分かるが、返って来られなければればハナシが聴けない。


臨死体験をするには瀕死の状態にならなければ体験できない。


しょせん、普通の人には体験は無理なので、お坊さんや体験者の話を聞くしかない・・・とあきらめるのは早いようです。


坂本氏のこの本を読んで、ヘミシンクを使えば、誰でも、安全な状態で体験することを試すことができます。


自分で体験し、いろいろ考察しないと、いつまでもお話の鳥羽口のところでとどまるだけです。


坂本さんの次回作は、たしかにあの世はある―


では、そちらの世界はどうなっているのか?


さらに明確にするために、あの世についてのさまざまな疑問に坂本氏がお応えする本になるようです。


みなさんも質問ありませんか?


坂本さん、ひょっとしたら次の本で答えてくれるかも知れませんよ。


打ち合わせに同席した芝根秀和氏が「質問に対する坂本さんの解答はいつも秀逸」


ならば、質問を集めて坂本氏が答えていくという形にしようことになりました。


打てば響くMr.ベストアンサー。あとはいい質問次第ということになりますね。


出版社の責任も大きい、こりゃ大変だ。


編集さん。夏休みを取っている場合ですか〜。


ハイ、しっかり休んでリフレッシュしていい質問をしましょう(笑)






posted by ラクーンドッグ at 14:48 | Comment(0) | ・著者ー坂本政道さん

2014年07月23日

この夏休み、子供達が日本人として自信と誇りを取り戻す、格好の本が出来ました!! もっと日本が好きになる「親子で読む近現代史シリーズ」の第2弾「教科書は絶対教えない東京裁判−日本はこうして侵略させられた」が先週末発売になりました。



saibann - 1.jpg


吉本貞昭著の新刊「教科書が絶対教えない東京裁判」が先週末発売になりました。


アマゾンでは発売前(予約受付段階)から新着リリース部門で2位。


発売後は、紀伊國屋書店ウェブ東京裁判部門で第1位と話題を呼んでいます。


現在、アマゾンでもじわりじわり上昇中です。


先の大戦の本当の目的は、500年続いた白人たちによるアジアの植民地を終わらせるためでした。


日本は、アメリカに経済封鎖など数え切れないほどの挑発を受け、やむを得なく立ち上がったわけですが、戦後は、米国GHQの洗脳工作により、「アジアを侵略した悪い国」に仕立て上げられてしまいました。


そして、勝者が敗者を裁く、今から考えるとまったく「茶番」としかいえないような不公平な裁判でそれらのことが決定づけられました。


しかし、少しでもこの裁判に興味を持ってひもとけば分かることですが、なかなかこれからの日本を背負う若者にも読んでもらえるような本がありませんでした。


そんななか「世界が語る大東亜戦争と東京裁判」を読んだ多くの読者から「ぜひこの事実をもっと多くの若い人たちに知らせて欲しい」との要望が相次ぎ、この「親子で読む近現代史シリーズ」がはじまりました。


今回は昨年刊行され大好評の「日本とアジアの大東亜戦争」に続く第2弾。


是非この夏休み、一家で読み話し合っていただきたい本です。


いま、日本で起きている教育、防衛、歴史認識などさまざまな問題のルーツがここにあることがわかるはずです。


小学生でも読めるように難しい漢字にふりがな、解説付きです。
976.jpg


当書籍の紹介動画も出来ましたのでご覧ください。




posted by ラクーンドッグ at 16:37 | Comment(0) | ・著者−吉本貞昭さん

2014年07月18日

「ひっそりとスピリチュアルしています」本日新刊販売。総合で30位から50位。アマゾン超心理学ジャンル1位、超常現象ジャンル1位です。



ku-tyann - 2.jpg
近所の人たちにかわいがられている外ネコのくうちゃん。ひさびさ会社の近くにひっそりとあらわれた。

hissoribesuto.png


タイトルは、「ひっそり・・・」であるが、発売前から「激しい」{うれしい}異変が。


予約受付を始めるため、アマゾンに載せるとみるみる順位が上昇。


ウエブ魚拓で取った順位が書籍総合8位。



本日発売日だが、アマゾンの順位は総合30〜40位台で推移。サブカルや超心理学や超常現象等の部門ではダントツ1位。


どんな本なのか−


著者は、介護のお仕事をしている女性であるが、祖母が霊媒だったという憑依体質の家系に生まれたため幼少のころから幽霊になやまされっぱなしだった。


しかし、いろいろ試行錯誤、修行や人生体験を積み重ねる中で、神仏の言葉が分かるようになってきた。


神仏はコワイ存在でなく、とても身近でありがたい存在。


何かにはまって高いお金を取られることなく、神社やお寺の神様や仏様を理解することで人生をハッピーなものにしていく。


そのコツをこっそり、でなくひっそり・・・と


そんなつもりで、誰でもわかりやすくスピリチュアルなお話をブログで語りかけ始めたところ、ブログランキングで常に上位になった。


一ファンだった当社のベテラン編集スタッフが声をかけ書籍化を進めたのがこの本。


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-979-0.html
979.jpg


著者の昨日のサイトより。


「最初に・・・

いよいよ明日が、本の発売日となりました。

緊張してドキドキです。

ハート出版の編集のかたから連絡をもらったのですが、予約段階でAmazonの総合売上げ第8位になったとかで、もう本当に驚きました。

予約で売れたということは、私のブログの読者の方が購入して下さった、ということで・・・

ありがたいことだと感謝しています。

皆様のおかげです。

発売予定していた初版の部数を上回ったので慌てて増刷しました、すごい反響です、との連絡もいただき、もう本当に皆様にはお礼の言葉もございません。

ありがとうございます。

これからも頑張って、見えない世界のことを書いていきたいと思っていますので、今後とも、どうかよろしくお願い致します」

続きは↓

http://ameblo.jp/holypurewhite/



posted by ラクーンドッグ at 17:39 | Comment(0) | ・おすすめ精神世界

2014年07月17日

元気で礼儀正しい若者の姿を見ると何かうれしい。 【靖国神社みたままつり】 あとはまかせて、オジサンたちは消え去るのみ… 著名人〈懸け雪洞ギャラリー〉あれこれ


mitamamaturi - 1.jpg

ootyuma - 1.jpg

IMG_0815.JPG


昨夜、みたままつりの後夜祭。


靖国神社境内は提灯の花盛り。


なんと30000個もあるらしい。


若者が多いと聞いていたが、たしかに大学生や高校生らしい姿が目につく。


そういった若者が、伝統的なマナーで手際よく、手水場で口をすすぎ、また神妙な顔をして柏手を打ってお詣りしている姿をみると、オジサンたち(団塊男子)は何か嬉しくなるよ。


昭和22年にお盆行事として始まったそうで、毎年人出は30万人だそうだ。


初詣や終戦記念日の厳粛なフンイキとがらりとかわって、若者たちの祭典といった感じ。


黄色いかけ声のほうに目を向けると、真っ赤なハッピー姿、女子大生(近くにある大妻女子大)が担いでいる。


著名人の揮毫した懸け雪洞(ぼんぼり)の絵や書=写真@をしばし鑑賞したあと、遊就館の書籍コーナーで弊社の書籍=写真Aを確認。


参道は出店と人でぎっしり、こりゃあ通り抜けるのも大変、いつもの九段駅から帰るのをやめて、市ヶ谷駅の方に抜けることにした。 


そして、社員が待望(と自分だけが思っている)のギャグ土産(笑)=写真Bを買って、後は元気な今の若者に任せて団塊男子≠ヘ、はやばや帰路についた次第。



写真@懸け雪洞ギャラリー

IMG_0777.JPG

asahi 1.jpg

sukaruno - 1.jpg

syouiti - 1.jpg

tamogami - 1.jpg

karasuma- 2.jpg

makoto - 1.jpg


著名人と言えば、当然ほとんどがいい年齢のおかたばかり、そんななか若者クンたちの雪洞もあった。




永谷園のコマーシャルなどでみる表情は、順風満帆の明るいイメージしか浮かばないが、あの遠藤くん(関)の言葉。


きのうまで1勝3敗。人気者も、人知れず悩みながら、がんっばっているんだ。イョ−ッ!国民が待望する将来の和製横綱。


enndou - 1.jpg


それからもう1人。エジプト出身の大砂嵐。

こちらも初の大関、横綱陣と総当たりする苦戦必至の今場所。ラマダンともぶつかり、腹ぺこで奮闘しなければならない。

二つの難敵に≠゙かう彼のの言葉は。しかし…

「自分の難敵は自分自身」さすがにいいことを言うなあ。


oosunaarasi - 1.jpg


写真A
遊就館ミュージアムショップの書籍コーナーにはたくさんの愛国的著者の本がならぶ。


渡部昇一、田母神俊男、櫻井よしこ・・・のビッグネーム。


なかなかの激選区


そんななか、弊社の「世界が語る神風特別攻撃隊」(吉本貞昭著)が2年前の発売以来、レジすぐ横にずーっと平積されている。


その理由、売れているから.


kamikazehonn - 1.jpg
kamikaze911.jpg



写真B
毎回、安倍さんをもじった「饅頭」を買おうといつもの店によると、過去に買ったものばかり。
「アベノミクス饅頭」も「ねじれ解消餅」も買ったしなあ…
「第三の矢はないの?」というと、
店の人が、コレも「美味しいよ!」
というので


「Ar so!」


・・・というわけで今回はこれを買った!(笑)

aso - 3.jpg






posted by ラクーンドッグ at 17:50 | Comment(0) | ・映画・TV・劇場・博物館