2014年05月26日

「今回の(セウォル号)事故も、つまるところ韓国社会の『外華内貧』文化のなせるワザ・・・(これ)を糺(ただ)すことこそが事故の再発を防ぐことになると知るべきだ」(間部洋一氏)




そら - 1.jpg


見た目が9割という本のタイトルもあった。


が、これは万事控えめで損をしている日本人を少し鼓舞する程度の話。


外見より中身が大切・・・というのが先祖代々、日本人家族の教え。


ところが、とある国には真逆の価値観があるようだ。


とあるといったがお隣の国のこと。


日曜日のテレビで韓国の行き過ぎた美容整形外科の繁盛ぶりレポートしていた。


整形に対し「外見がすべてよ」と。そのままだと周りが迷惑とまで平気でいうソウルの街の声。


あきれるばかり。


その国の価値観とは「外華内貧」文化だそうだ。


外華とは、読んで字の如く外面を花々しく飾ること。それに比して内側はまったくお構いなし。


過去にも、漢江にかかる大橋の桁の落下や高級デパートの崩壊で多数の死者を出した。


建築主は何処にもまけない一番のビルを建てようとするが、安全性をまったく配慮しない。


官僚や政治家にはお金を積んで住民の声は無視される。


沈没し多数の人命を失ったセウォル号でもまったく変わっていなかった。


外見で一番を目指し、安全性は無視。


韓国ウォッチャーの間部洋一氏(日韓経済研究センター)はいう。


「私は今回の事故も、つまるところ韓国社会の『外華内貧』文化のなせるワザではないかと考えている・・・


・・・『外華内貧文化』を糺(ただ)すことこそが事故の再発を防ぐことになると知るべきだ」(5/21 TEIKOKU NEWS)


事故ばかりでなく、支持率低下の朴政権、ひいては経済崩壊に直面する韓国を救う道になるのでは?


と思うのだが・・・



posted by ラクーンドッグ at 16:00 | Comment(1) | ・内外政治のお勉強

2014年05月16日

「日本を囲むアジアの情勢、厳しさを増し、状況10年経っても変わらなのでは」と、第35回安全保障・危機管理学会セミナーで防衛省陸幕防衛部長 住田和明氏(陸将補)語る





nekosuke - 1.jpg



朝、会社にやってくと、もう上着は着ておれない。窓を開けると涼しい風です。



一昨日の14日は、第35回安全保障・危機管理学会の総会・セミナーに顔を出してきました。


安倍首相が名誉会長で、拓殖大学総長の渡辺利夫氏が会長です。

学会の発足10周年ということで帰りに記念品、緊急避難時の防災袋をいただきました。

ナップサックで、不燃性。中に常備しておきたい品物のメニューもある。

当たり前ながら、中身までない。乾パンなど非常食、懐中電灯などはこれから自分で用意が必要だ(笑)




講演の一つ。


「防衛大綱」の編纂などにたずさわっている防衛省陸幕防衛部長 住田和明氏(陸将補)がわが国を取り巻く周辺情勢、防衛計画の概要、今後の課題について説明。


bousai _.JPG

なかなかそつのない語り口と、動画、スライドを使って、大変わかりやすかった。

一言でいうと、NATOを例に挙げるように現在の欧米各国同士の関係はとても安定しているが、ひるがえって、わが国を囲むアジアは厳しさが増す情勢。欧米も心配して見ていうる状況と説明。


いうまでもなく、ベトナム、フィリピンの領海を不法占拠する中国、そして核・ミサイル開発行う北朝鮮などをみれば火を見るよりも明らかであるが・・・。

会場の質問者からの質問に


「日本の周辺の厳しい状況は10年たっても変わらなく続いているのでは」



と答弁。

会場で上映された、住田陸将補も制作にかかわったという動画はこれです。


「強靭な陸上自衛隊の創造 -統合機動防衛力の実現に向けて-」


防衛省の広報チャンネル、国の予算を使って作ったもの、タマにはというかちょくちょく見ないといけないですね。


サウンドがきいて迫力ありました。


というわけでどうぞ−

https://www.youtube.com/watch?v=vJhjHqPTTaQ






posted by ラクーンドッグ at 16:47 | Comment(0) | ・内外政治のお勉強

2014年05月14日

「そばもん」に関するツイートのこんなまとめがありました。 なんか、どっかで見たことのあるアカウントが……… http://matome.naver.jp/odai/2140002708255751101




bobu  - 1.jpg
ボブ・サップじゃない、わが家の猫ボブ、


4

「そばもん」に関するツイートのこんなまとめがありました。


なんか、どっかで見たことのあるアカウントが………

http://matome.naver.jp/odai/2140002708255751101
sobamonn - 1.jpg
soba- 1.jpg

sobamonn3 - 1.jpg
sobamonn5 - 1.jpg
soba2 - 1.jpgsobamonn6 - 1.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140002708255751101
gajirooooさんのブログより引用




「美味しんぼ」は有名だが、実は読んだことがなかった。


弊社のマンガ好きが買ってきたので、初めて読みました。


いい絵なんですが・・・。


その点、糸井重里さんのツイートが言うとおり「そばもん」はすばらしい。


こちらの方は、このマンガが藤村和夫(有楽町「更科」四代目)の名誉監修となっている。


生前、藤村氏は、蕎麦についてのご意見番、たくさんの著書がある。


その監修でこのマンガが書かれている。


主人公の稜を通じて、漫画家の山本おさむ氏の人柄、そして藤村さんのことが忍ばれます。


複雑な風評被害について、マンガを通じて丁寧に丁寧にかみ砕いて語っていく。


蕎麦の作り方も同じ、蕎麦打ちの親父は絶対手抜きをしない、そんな藤村氏の語りが聞こえてきそうだし、また山本氏の優しさが伝わってきます。


ホント、福島県人だけでなく、心にしみる物語です。

弊社から出版した藤村さんの代表作1冊だけ紹介しておきます。
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-902-8.html
111b902.jpg

posted by ラクーンドッグ at 19:51 | Comment(0) | ・著者ー藤村和夫さん

2014年05月13日

「続 ペットがあなたを選んだ理由」が出て約一ヶ月、正編とともに購入されるかた多いようです。




noa - 1.jpg
わが家のノア




猫は一日中、寝てるんじゃなくて


瞑想しているそう・・・・・


極意を伝授して欲しい・・・・・




と、ゆるりん坊主のつぶやき―塩田妙玄さんのブログの冒頭にあります。

塩田さんの新刊「続 ペットがあなたを選んだ理由」が出てから約1ヶ月。


おかげさまで正編とともに評判がいいようです。

塩田さんのブログ↓
http://ameblo.jp/myogen/

わが家にも猫がウン匹。身につまされるような?楽しい話がいっぱいです。
なんで、わが家を選んだのかなあ・・・
 

妙玄さんの話に癒やされるファンが確実に増えています。

続ペットがあなたを選んだ理由(大阪府 女性 67歳)
再び泣きながら読みました。いろいろなメッセージを確かに受け取りました。
ペットを亡くして1年半、大丈夫、元気です。つらくても生きていけます。
塩田さんや愛さん、Mさんのような活動はとてもできませんが、動物保護施設への寄附だけはささやかながら続けていこうと思っています。

「しゃもんが私の中に蒔いてくれたたくさんの感動の種を涙で枯らしてなるもんか。これからの私の人生で、一粒残さず花咲かせたい」――こんなすてきな言葉を吐けるあなたがまぶしいです。心にとめて、少しでも同じ心に近づきたいと思います。ありがとうございました。
(続き)その節はうれしいお便りありがとうございました。遅まきながらお礼申し上げます。

ペットがあなたを選んだ理由、続ペットがあなたを選んだ理由(福岡県 女性 55歳)
3月11日に、わんこを天に返しました。Youtubeから妙玄さんのブログへと導かれ、御本へたどり着きました。
辛さゆえ身動きできませんでしたが、一文一文、一生懸命読みました。まだまだ体が思うように動いてくれませんが、きっと私にもこれから色んなご縁があると楽しみになりました。
灯りをともして下さってありがとうございました。


「続ペットがあなたを選んだ理由」(千葉県 女性 47歳)
クリスマスに猫を亡くし、ペットロスになりました。1作目を読んで少しずつ心が穏やかになりました。もっと読みたいと思ってた頃、この本が出ると知りました。
妙玄さんがしゃもんを送ったように、私もしたい。一日中泣き続けたらいけないと感じ、妙玄さんの言葉に救われました。
本当に感謝しております! 妙玄さん、お体大事に、このシリーズ続けて下さい。皆をお救い下さい。

ペットがあなたを選んだ理由(栃木県 女性 51歳)
私もペットを飼っています。身近に感じられ興味があったので、ちょうど新聞を見ていて目にとまり、本屋さんにて注文をして読みました。

 


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-917-2.html
917.jpg


http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-972-1.html
t01700250_0170025012880936516.jpg



posted by ラクーンドッグ at 15:01 | Comment(0) | ・おすすめ犬猫のノンフィクション

日本人が戦後、失われた自信と誇りを取り戻すために、まずやらなければならないことは、 自らの手で日本民族の精神を基礎とする自主憲法を制定し、真の主権を回復することである・・・「知られざる日本国憲法の正体」の紹介動画が出来ました。必見です!







吉本貞昭氏のマッカーサー研究第2弾「知られざる日本国憲法の正体−マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか」は好評です。
早速、読者からこんな感想がありました。

知られざる日本国憲法の正体(東京都 男性)
1、著者は数多くの資料に当たっている。
2、きわめて平易な文章でスラスラ読める。
3、日本国憲法がMade in USAであることは容易に理解出来る。
そして、制定後のアメリカ自身が、この憲法を作ってしまった後悔の念も分かった。

ぜひ、書店で手に取り、お確かめください。


「知られざる日本国憲法の正体」(吉本貞昭著)
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-973-8.html
973.jpg

ニコニコ動画はこちらです↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23539916



posted by ラクーンドッグ at 14:32 | Comment(0) | ・著者−吉本貞昭さん