2013年10月31日

先日のチョー体験≠フ結果出ました。




シロ - 1.jpg


先週、体験したチョー体験(大腸検査=19日)の結果を気にしている方がいましたので、ひとことご報告。

29日切除したポリープの検査結果を聞いてきました。結果は、おかげさまでシロ(良性腫瘍)ということでした。

成長したポリープは、ガン化することもあるようですが、「ポリープが出来ないようにするにはどんな食事を取ればいいんですか?」と聞くと、「いまは食事が欧米化していますからね。でも、それをなおすのは無理ですよ」という正直というか、あっさりした答えでした。

ネットで調べると、赤肉(牛肉、豚肉など)や加工肉(ハムやソーセージなど)をできるだけさけて、魚や鳥の肉がいいそうです。

ぼくは日頃からサンマやさば等の大衆魚が大好きなので、これは問題なくやれそうです。

あ、それから腸の検査、思わぬ副作用でなく副効果≠ェありました。下剤で大腸をリセット?大掃除したせいで、とても快調≠ノなりました。


ぼくもそろそろ社長を卒業して一丁上がりの会長≠ナすかね?(笑)

ビロウ(尾籠)な話で恐縮ですが、便通が極めてスムーズ、これは検査(早期発見)と掃除(オ−バーホール)の一石二鳥。時々やった方がいいのかも。

今回のきっかけは、健康診断で便に潜血反応があったので、しぶしぶ病院の門をたたいたわけですが、みなさんこれはオススメですよ。


posted by ラクーンドッグ at 18:17 | Comment(0) | ・健康のおはなし

2013年10月30日

アメリカで翻訳が決まった「永遠の0」の百田尚樹氏が「特攻−空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」(ハート出版刊)を絶賛!




百田.png




百田尚樹氏の「永遠の0」の翻訳が決まったそうですが、ジャーナリストの西村幸祐氏が「特攻−空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」(ハート出版刊)の話をツイッターで持ち出したら、「あれは素晴らしい本」と絶賛いただきました。

同書の著者は、11月就任が決まっている駐日大使キャロライン・ケネディのいとこ。マクスウェル・テーラー・ケネディ。当社で2010年発売以来7刷しているロングセラー。

その紹介動画は、なんと80万回以上再生されている名作≠ナす。

一方、百田尚樹(作家)さんは、この本が発売されたときも、ネット書店のe-honで


「最近10年間に出た戦争ノンフィクションの傑作」として


「米側から見た特攻の壮絶なドラマ。特攻隊員に対する尊敬と哀れみが胸を打つ」


と 推薦していていただいております。
 
 

百田尚樹氏が絶賛した「特攻−空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」
http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-651-5.html
651.jpg


80万回再生された人気の「特攻−空母バンカーヒルと二人のカミカゼ」紹介動画



2013年10月25日

政府が領土問題で動画で反撃開始!♪せんかくも たけしまも にほんこく・あたりまえたいそう !! です。








日本の外務省は、隣国からいつも言われっぱなし。日本の正当な言い分を言い返してほしい・・・よく耳にします。

やっと日本政府が重い腰を上げ、安倍政権になってようやく反撃を開始したようです。
領土問題についての動画を、10言語に翻訳し、世界中に流すことが決まりました。まず日本語版が公開され話題を呼んでいます。

竹島 政府広報動画↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=TXg-NGVKuWI


尖閣 政府広報動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=t78GO7efdYM&feature=player_detailpage#t=0



竹島・尖閣、動画広報強化へ 年内にも10言語版、専用サイトも 新聞記事↓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131024/plc13102415450009-n1.htm


ついで弊社の領土問題書籍の紹介ガイドもありますのでご覧ください。


竹島

どうして韓国人は大人げない主張をするの?


http://www.youtube.com/watch?v=SyHQArqC4_o
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21942926




////


 
尖閣
どうして中国は日本の店や車を壊すの?


http://www.youtube.com/watch?v=noVlIQznE8k
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21924740








http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-922-6.html
b922.jpg


posted by ラクーンドッグ at 15:28 | Comment(0) | ・著者−武内胡桃さん

2013年10月23日

膝上の星・・・これはな、なんのサインか?



taizyou - 1.jpg
これは何かのサインか?

昨日につづき体の話題。

日曜日、親父の家に行って、庭の梅の木を切った。そのとき、何かの虫に食われたのか?その日の夕方、足の太ももに異変。

ジーパンを脱いでみると、数カ所、虫に食われたようにほんのり赤く腫れている。

虫なら普通、首筋あたりが赤くはれることはよくある。ハゼの木にまけるみたいな。でも腫れは服の下。すると下から虫でも潜り込んだか・・・???

ま、様子を見よう。でも日ごとにその赤い☆がだんだん熟れて赤みを帯びてくる。さわるとちょっぴりイタイ。
 

最近、話題のマダニだとこわいなあ・・・。それから何日かたってようやく、会社近くの皮膚科を訪ねる。

すると、老先生、「いつからですか」と聞く。

「いやあ、いつでしたかね、3日前ぐらいですかね?」

といい加減に返事をすると、普段優しい顔した先生が、「あいまいはダメ、はっきり思い出して」としつこく発症した日をただす。


「うーん、たしか4日前です」というと、


「うーん、ぎりぎりだね」とおっしゃる。

診断名は即決。帯状疱疹だった。


(うーむ、これが聞いたことがあるヘルペスか・・・感心している場合ではないが)

後からネットで知ったが、3日なら治りやすく、それを越すと治りにくいそうだ。4日なのでオーバーだが、先生慰めか、ぎりぎりといってくれた。



7日分の抗ウイルス剤と塗り薬をもらう。


「この薬は高いので1週間分だけですよと、文句は厚労省にいってね」


と処方箋を書いてくれた。


子供の頃になった水疱瘡。治っても神経に潜伏しており、年を取って免疫力がさがったときなどに顔を出すそうな。

人には伝染らないが、放っておくと結構治りにくく大変だそうだ。


ぼくの場合は軽いようで、たいしてかゆくもいたくもないが、放っておくとあとで神経痛になると脅された。

(日頃、家内に「無神経」と言われるが、ぼくにも神経があったのか・・・とまたまた感心している場合ではないようだ)


左太もも内側の膝上から螺旋状におしりの上というか腰のところまで。ぷつぷつ小豆色(あずきいろ)。

 
でも先生の見立て、処方箋が良かったのか、投薬後5日、だんだんうすくなってきているような気がします。


つぶつぶ赤星の位置が夜空の星座のような感じ。何かのサイン???


チョット考えてみた。


タイジョウ田井城??・・・昔住んでいた地名だ?ム、ム、ムw???


タイジョウホウシン・・・退場方針。あそうか、もうそろそろ歳だからな。


老兵は死なず消え去るのみ、早くその準備をせよという、何かの思し召しかも。


どうです、この解釈?!!

 

(社長w、ひまです。仕事しなさい!)ははっ!



posted by ラクーンドッグ at 18:42 | Comment(0) | ・健康のおはなし

2013年10月22日

チョー℃沍ウな体験をしました。



tyo-2.jpg


もうたくさんだよーというほど、透明の液体水を飲んで、もうろうとしていた。


はっと気がつくと、トンネルのようなものが視界に入ってきた。


ずうっと奥まで続く洞窟は生き物のように揺れ動いている。


「目の前の白いものがみえますか」


背後から声がする。


下方から何か押されるような圧迫感が伝わってくる。


ハイ!と返事をすると、


「では取り除きましょう。日を改めて外来でもいいのですが、どうされますか?」


二度とこんな目に会うのはゴメン!「じゃあ、おね、おねがいしまーす」


というわけで、小さな真珠のようなポリープを切除してもらいました。


これは異次元探訪でなく、今週の土曜日行った大腸検査でした。


先日行った健康診断で潜血反応が陽性だったのでしぶしぶ病院の門をくぐりました。


食を断ち、ガブガブ下剤を飲んでの初体験でした。


捕物帖のサスマタみたいなもので、オモチみたいにチョン切って、ポリープを取るのは痛くも痒くもありませんでしたが、その日は一日、水かポカリスエットだけ、つぎの日は日曜日なのでよかったが、重湯ばかり。


その次の日から普通食ok。でも、10日間はアルコール、遠出は避けてくださいということで、月曜日から普通に働いています。


いやあ、歳を取るといろいろありますね。腸℃沍ウな体験でした。オシマイ!

続きを読む
posted by ラクーンドッグ at 15:45 | Comment(0) | ・健康のおはなし